Verv - ライブエネルギー&データ取引プロトコル

VLUXはVervの取引名で運営されているGreen Runningの子会社です。 VLUXは、Vervが開発した再生可能エネルギー取引プラットフォームでエネルギーを取引できるようにするVLUX(VLX)トークンを作成するために、Initial Token Offering(ITO)を開始しています。 Vervのピアツーピア(P2P)エネルギー取引プラットフォームは、低コストの低炭素エネルギーへのアクセスを改善することを目的としています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
VLUX
開始日時
2018-04-04
終了日時
2018-05-28
最高目標
35,000,000 USD
初回価格
1 VLUX = 0.5 GBP
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Verv?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

VLUX by Verv - ライブエネルギー取引プロトコル

Vervは現状に挑戦し、デジタル経済にエネルギーをもたらす時が来たと考えています。    ディープラーニングの人工知能と破壊的なブロックチェーン技術を組み合わせることで、消費者の手に力を入れ、手頃な価格のグリーンエネルギーへのアクセスを向上させるP2P(Peer-to-Peer)エネルギー取引プラットフォームを開発しました。   

どうやって?

私たちのAIベースのスマートハブVervは、家庭の電力消費の包括的かつリアルタイムの概要を得ることができ、P2Pフレームワークの基礎を形成します。Vervスマートハブで使用される特殊AIは、トレーディングプロセスにインテリジェンスの独自の層を追加します。家庭のエネルギー需給を予測する能力を備えているので、事前に最適な時期に取引を行うことができ、コストを削減し、グリーンエネルギー消費の優先順位を決めることができます。    現在政府が支援しているP2Pプロジェクトが2件あり、英国のブロックチェーンで最初にピアツーピア取引を行ったばかりで、エネルギーをデジタル化するための次のステップに進むことを楽しみにしています。

チーム すべてを見る

Ewald Hesse
Ewald Hesse
Head of Grid Singularity
James Roy Poulter
James Roy Poulter
CEO at Blockchain Reserve
James Cameron
James Cameron
Chairman at Verv
Francis Griffiths
Francis Griffiths
Non-executive director at Verv
Peter Davies
Peter Davies
CEO & Founder
Maria McKavanagh
Maria McKavanagh
COO

人気STO/ICO記事

  • 【仮想通貨FXに最適】GMOコインのおすすめ理由を一挙解説!

     ビットレ君は、GMOコインが提供している仮想通貨レバレッジ取引のためのスマホアプリです。当アプリでは10種類のテクニカル指標を利用することができます。 リップルやイーサリアムなどのレバレッジを効かせた取引が可能。アルトコインを空売りすることができる数少ない取引所です。 親会社であるGMOインターネットワークから金融ビジネスノウハウや情報セキュリティ対策の施策をそのまま引き継いだGMOコイン。国際基準の情報セキュリティが適用されていると思われます。
  • 【簡単】あなたにぴったりの仮想通貨取引所を診断!取引所診断ツールをコイン相場がリリース

    早速試してみたい方はから仮想通貨取引所は、特にここ最近増えて来ました。どの取引所を使えばいいのか、手数料を比較するのも数が多すぎて大変ですよね。面倒だから、今使っている取引所ばっかり使っている人も多いと思いますが、条件等も変わっている中で、本当に自分の投資スタイルに合っているのか自信がありますか?Googleで検索して、色んな記事を読んで比較してもどこが自分にあっているのか、どこがいいのか、さっぱり分からない。。取引所関連の記事はいっぱいあるけれど、アフィリエイト報酬が高い順で並んでいるだけという事も多いですよね。判断に困る、比較するのが手間だという方々のために国内最大の仮想通貨アプリ、コイ
  • CoincheckがIEOを事業を検討・・決済型のICOのみが対象

    累積188万人のユーザーを保有している国内最大級の仮想通貨取引所CoincheckがIEO事業を検討することを22日、公式ホームページを通じ発表した。IEOの対象となるプロジェクトはこれまで資金調達を行っていなかったプロジェクトで資金決済に関する法律の適用対象となるユーティリティ・トークンを用いた資金調達ICOのみに制限される。金融商品取引法の適用対象となるセキュリティ・トークンを活用した資金調達(収益分配型ICO/STO)は対象にならない。IEOとはInitial Exchange Offeringの略で、暗号資産を取引所を通じ公開(Initial)、販売・提供(Offering)し、資金調