Verv - ライブエネルギー&データ取引プロトコル

VLUXはVervの取引名で運営されているGreen Runningの子会社です。 VLUXは、Vervが開発した再生可能エネルギー取引プラットフォームでエネルギーを取引できるようにするVLUX(VLX)トークンを作成するために、Initial Token Offering(ITO)を開始しています。 Vervのピアツーピア(P2P)エネルギー取引プラットフォームは、低コストの低炭素エネルギーへのアクセスを改善することを目的としています。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
VLUX
開始日時
2018-04-04
終了日時
2018-05-28
最高目標
35,000,000 USD
初回価格
1 VLUX = 0.5 GBP
公式サイトへ Owner of Verv?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

VLUX by Verv - ライブエネルギー取引プロトコル

Vervは現状に挑戦し、デジタル経済にエネルギーをもたらす時が来たと考えています。    ディープラーニングの人工知能と破壊的なブロックチェーン技術を組み合わせることで、消費者の手に力を入れ、手頃な価格のグリーンエネルギーへのアクセスを向上させるP2P(Peer-to-Peer)エネルギー取引プラットフォームを開発しました。   

どうやって?

私たちのAIベースのスマートハブVervは、家庭の電力消費の包括的かつリアルタイムの概要を得ることができ、P2Pフレームワークの基礎を形成します。Vervスマートハブで使用される特殊AIは、トレーディングプロセスにインテリジェンスの独自の層を追加します。家庭のエネルギー需給を予測する能力を備えているので、事前に最適な時期に取引を行うことができ、コストを削減し、グリーンエネルギー消費の優先順位を決めることができます。    現在政府が支援しているP2Pプロジェクトが2件あり、英国のブロックチェーンで最初にピアツーピア取引を行ったばかりで、エネルギーをデジタル化するための次のステップに進むことを楽しみにしています。

チーム すべてを見る

Ewald Hesse
Ewald Hesse
Head of Grid Singularity
James Roy Poulter
James Roy Poulter
CEO at Blockchain Reserve
James Cameron
James Cameron
Chairman at Verv
Francis Griffiths
Francis Griffiths
Non-executive director at Verv
Peter Davies
Peter Davies
CEO & Founder
Maria McKavanagh
Maria McKavanagh
COO

人気ICO記事

  • 韓国版でもAirDorpQが実現!「コイン相場」開発週報 Vol.23

    paypayの衝撃ヤバいっすね。私もビッグカメラ行きます!!さて先週はアプリの改良を続けました。ニュース機能はよりソート精度を上げているのでアップデートをお楽しみください。複数の詳細画面をウォッチリストに戻ることなく見れるようになります。操作が1つ減るだけですがこの小さな違いが大きな違いです!!仮想通貨の人気が日本より熱い韓国ユーザーからの要望に応えました。現在2週間ほどかけて韓国で複数のブロックチェーン企業を訪問しています。有意義な話がたくさんできました。詳細は乞うご期待!
  • アンケートのご案内【謝礼贈呈】先着100名限定

    ※満員御礼につき企画を締め切りました。某国内企業様よりアンケートモニターのご案内です。仮想通貨投資の経験がある方が対象になります。興味がある方は本メール末尾のリンクよりアンケートにご参加ください。40問程度の仮想通貨投資関連の質問となります。ご回答いただく所要時間は10分程度です。アンケートに全問回答いただいた先着100名様には謝礼として500円相当のETHを贈呈させていただきます。先着順ですので、お早目のご回答をお願いいたします。下記の画像のように、先にコピーしてからアンケートに参加しましょう。アンケートのご回答から10営業日以内に送金させていただきます。 () ※満員御礼につき企画を締
  • HIVEHack 〜君ならブロックチェーンで世界をどう変える?〜

    イベントURL 今、急速に成長しているブロックチェーン市場…ブロックチェーンが既存のビジネスやボランティア、様々な枠組みに与える影響はとても大きい。最近になってようやくブロックチェーンが話題となり具体的なユースケースなどが考え始められてきた。しかし、ユースケースを考えるだけではなく、実際にコードベースで動くプロダクトはまだまだ出て来ていない。そこで、地理的にも日本の中心に位置するここ大阪に様々な豪華なゲストとともに日本中のブロックチェーンエンジニアを集結させ今までにない規模のハッカソンを開催する。日本のブロックチェーン業界を技術的に牽引しているリーダー達をゲストにお迎えしてブロックチェーンと