Windhan Energy - ブロックチェーンベースの再生可能エネルギークラウドファンディングおよび取引プラットフォーム

WindhanはERC20標準ベースのGreen Energyプラットフォームで、ブロックチェーンテクノロジを使用して、よりメリットの高い次世代の再生可能エネルギー資産を作成します。 これは、エネルギー資産の資金調達および立ち上げを可能にする、グローバルで分散型のネットワークを通じて、エネルギー開発者、投資家、および消費者を組み合わせるためのプラットフォームです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
WHN
開始日時
2019-02-24
終了日時
2019-04-17
最低目標
1,402,231 ETH
最高目標
2,060,490 ETH
初回価格
1.0910 USD
トークン供給数
190,000,000
公式サイトへ Owner of Windhan Energy?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, LTC, DASH
供給率76%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • PRE -SALE - 35%
  • TOKEN SALE PERIOD : WEEK 1 - 20%
  • TOKEN SALE PERIOD : WEEK 2 - 15%
  • TOKEN SALE PERIOD : WEEK 3 - 8%
  • TOKEN SALE PERIOD : WEEK 4 - 4%

概要

Windhanは、ブロックチェーンベースのERC20グリーンエネルギークラウドファンディングおよび取引プラットフォームであり、ブロックチェーンテクノロジを使用して、よりメリットの高い次世代の再生可能エネルギー資産を作成します。    グリーンエネルギーの生産者と消費者を結びつけ、企業、サプライヤー、その他の仲介業者に過払いすることなく再生可能エネルギーを売買することを可能にします。エネルギー資産の資金調達および立ち上げを可能にする、グローバルで分散型のネットワークを通じて、エネルギー開発者、投資家、および消費者を組み合わせるためのプラットフォームです。    Windhanは、適用法によって課される制限に準拠しながら、実行可能、再生可能エネルギープロジェクトをプラットフォームにリストすることを許可します。プラットフォームには、開発者が多数の人々から小さな投資を募ることによって資金を調達するのを支援するためのすべてのツールが装備されています。顧客だけでなく投資家も開発者とつながる仲介者として機能します。この包括的なアプローチは、大規模な金融機関の必要性を軽減し、それによって資金調達プロセスを促進します。    プラットフォームに資金が供給されると、資産担保トークンが各投資家の貢献を表すために細分化されます。 「プロジェクト」から生み出される収益は、エネルギークレジット(プロジェクトトークンと呼ばれる)の形で投資家に分配されます。投資家は、公益事業会社や場所に関係なく、Windhanのアプリケーションを使用してWHNトークンで電力料金を支払うことができます。    Windhanは、エネルギートークン化を利用して、現在存在しているエネルギーエコシステムを標準化し、単純化し、世界規模でオープンにしています。エネルギーのトークン化は流動性を確保し、資本へのアクセスを拡大します。さらに、再生可能エネルギーのライブ取引へのアクセスを世界中の人々に提供します。

チーム すべてを見る

Richard Reinert
Richard Reinert
CEO Windhan Energy
Richard Matthews
Richard Matthews
Head of Financial and Energy Trade
Richard Seaman
Richard Seaman
Head of Legal Compliance and Payment
Matiss Paegle
Matiss Paegle
Head of Business Development
Pushpendra Singh
Pushpendra Singh
Sr. Blockchain Developer and IT Consultant
Linda Bluma
Linda Bluma
Head of PR and communications

人気STO/ICO記事

  • バイナンス、Libraの類似プロジェクトVenusを発表

    世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが「Libra」に類似した独自の地域版仮想通貨「Venus」を19日発表した。バイナンスはVenusプロジェクトを始める背景として「金融市場は金融ヘゲモニー(覇権)が長い時間ほしいままにしてきた」と述べ、「市場を先取りした機関が独占的な利益を得てきた」と指摘した。そしてバイナンスは全世界の国々や地域で規制当局と積極的にコミュニケーションをとり、システムを構築して来たことや様々な国でブロックチェーンプラットフォームを運営し、プラットフォームの暗号資産BNBの経験などについても説明した。バイナンス側は「ステーブルコインを安全に発行・運営できるパブリックブロックチ
  • CoincheckがIEOを事業を検討・・決済型のICOのみが対象

    累積188万人のユーザーを保有している国内最大級の仮想通貨取引所CoincheckがIEO事業を検討することを22日、公式ホームページを通じ発表した。IEOの対象となるプロジェクトはこれまで資金調達を行っていなかったプロジェクトで資金決済に関する法律の適用対象となるユーティリティ・トークンを用いた資金調達ICOのみに制限される。金融商品取引法の適用対象となるセキュリティ・トークンを活用した資金調達(収益分配型ICO/STO)は対象にならない。IEOとはInitial Exchange Offeringの略で、暗号資産を取引所を通じ公開(Initial)、販売・提供(Offering)し、資金調
  • BitMEXのBTC/USDペアー名称変更について

    いつもコイン相場をご利用いただき、誠にありがとうございます。最近、コイン相場アプリ内でBitMEXのチャートが表示されないというお問合せがたくさん届いています。既存のBitMEX取引所にあるBTC/USDペアーはアップデート後、XBT/USDに変更されましたのでBTC/USDペアーを登録していたユーザー様は「XBT/USD」ペアーを再度登録をお願いいたします。また、以下のスクリーンショットを見ると分かりますが、現在XBT/USDの表示にUSDが重複されている状況です。この部分は、正しく修正して参りますのでひとまずXBTUSD/USDでご利用をお願いいたします。もともと、アプリ内でBitMEX取