• ヤフーグループ出資の仮想通貨取引所TAOTAOとは?メリット・特徴

    しました。事業展開にスピード感のあるBinanceとの提携で、日本市場をリードしていく可能性が高くなりました。✅【お得】手数料がすべて無料取引手数料、円の入出金手数料・仮想通貨の入出金手数料を始め、2019年8月28日(水)からは手数料がすべて無料になるキャンペーンが開催され、レバレッジ取引を取り扱う取引所では必ず発生する建玉管理料まで無料!✅【お得】スプレッドが業界最小レベル買値と売値に出来る差額をスプレッドといいます。スプレッドは見えない手数料とも言われており、スプレッドが狭ければ狭いほど損をしない取引ができます。TAOTAOはスプレッドが業界最小レベルなので他販売所よりお得です。✅【安
  • TaoTaoがBinanceとの提携交渉の開始を正式発表

    昨日、リークされていたYahoo!JapanとBinanceの提携に関する報道があったが、グループ傘下にある暗号資産取引所・TaoTao社から提携交渉を開始したと正式に発表があった。今回公表されたのは、日本市場における戦略的提携に向けて交渉を開始することに合意した事までで、具体的な内容は明かされていない。参考:
  • バイナンス、日本居住者の取引機能を制限予定

    世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが16日、ホームページを通じ後日、日本居住のユーザーを対象に取引機能を制限する予定と発表した。詳細の内容はまだ、決まっておらず追って連絡するとのこと。バイナンスは過去に日本語でサービス提供をしていたが2018年3月、金融庁から無許可営業を行ったとしてを受けたことがある。(2018年に改正資金決済法が施行され、仮想通貨交換業者登録が必要になったため)その後、日本語でのサービスは中止し、営業をしてきた。一部のメディアは今年の春に施行が予定されている資金決済法及び金商法改正の影響が今回の取引機能の制限に繋がったと予測している。<ins></ins>比較記事を読
  • 韓国、仮想通貨Youtuberの襲撃被害・・有料サロンが原因か

    仮想通貨コミュニティ「」を運営してきた韓国の仮想通貨インフルエンサー「ファンさん」が10日、ソウル市に位置する自宅マンションのエレベーターで仮想通貨投資家と思われる2人の男性から襲撃され、後頭部などが出血する被害を受けた。被疑者2人は、エレベーターでファンさんの手に手錠をかけ凶器で後頭部などを打撃し、1人はオーストラリアに逃走、もう一人は昨日(13日)逮捕された。韓国警察は犯人2人は犯行の前、防犯カメラに予めスプレー噴射するなど事前に犯行を計画していたと発表している。ファンさんは現在、命に別条はないと知られているが精神的に大きなショックを受け、警護を依頼し治療を受けている。韓国の仮想通貨Yo
  • 【ビットコインを無料で貰おう】楽天カード期間限定キャンペーン開催中!

    )条件:新規会員もれなく条件:カード利用もれなくこの機会に、をWドリしましょう!(詳細は登録ページにてご確認下さい)・ 
  • イランがミサイルを撃った後、BTCが上昇した理由は?

    イランが「コッズ部隊」のソレイマニ司令官殺害への報復としてイラクにある米空軍基地をミサイルで攻撃したことで、国際情勢が不安定になっています。高まる緊張感の中で「原油」、「金」、「BTC」の価格が大きく上昇しました。イランがミサイルを撃った後、ビットコイン(BTC)の価格が上昇した理由は何でしょうか?伝統的に国家間の武力衝突や貿易戦争のような地政学的リスクが勃発すると、お金を持っている資産家たちは財産を守るために「金」などを避難先として選んできました。今回も米国、イランの戦争リスクが高まった後「金」の価格は上昇し2013年以降、高値を更新しています。「金」の価格が上昇することは理解できるが誰も価
  • ファンディーノ(FUNDINNO)について

    日本クラウドキャピタルが運営する株式投資型クラウドファンディングのプラットフォーム。日本で初めて、第一種少額電子募集取扱業者として金融庁に登録承認された。「取引量日本No.1」という表記があるが、実際に、(2020年1月時点)という実績があり、が公表している統計数値と照合すると、市場シェアの90%前後を占め、名実共に実績No.1、ほぼ市場を独占しているサービスになる。「クラウドファンディング」という名称になっているが、実際には株式投資であり、CampfireやMakuake、Kickstarterといったいわゆるクラファンとは法的も全く別物である。一般的に非上場株・未公開株と言われる店頭有価
  • 株式投資型クラウドファンディングとは?

    株式投資型クラウドファンディングは、金融商品取引法の改正に伴って2015年5月から始まった新しい株式投資の手段です。実際には、2016年10月に初めて専用ライセンスが金融庁が発行され、が成立しているので、3年弱の運用期間になる比較的新たらしい金融商品になります。※いわゆる有価証券の取扱になるので、第一種金融商品取引業のライセンスが必要になります。これまで、ベンチャーキャピタルや一部のエンジェル投資家しか購入出来なかった未公開株をインターネット上で広く購入出来るようになる仕組みです。購入金額も数十万円からとなり、個人でも購入しやすい仕組みとなっています。非上場企業の株式ですので、該当企業が上場
  • 仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴まとめ!メリット・口コミ

    [✅【最短】クイック本人確認で最短で即日取引が可能仮想通貨取引をする為には、KYC(本人確認)が必ず必要です。多くの他取引所では「はがき受取で本人確認」を行うため、取引までは約1週間ほどの時間がかかります。しかし、bitFlyerではスマホで本人確認手続きが完結するので最短で、即日取引が可能です。(はがき受取も可)✅【便利】初心者でも使いやすいシンプルな画面で、初心者でも簡単に操作できる販売所形式を採用しており、銘柄を選択し数量を入れるだけで売買が成立します。販売所の手数料は無料となっているが、スプレッドで見えない手数料がとられるため、頻繁に取引をする投資家は注意が必要!✅【信頼】信頼性の高い
  • 政府の規制に打ち勝つには?分散型国家を造ろう!

    ブロックチェーン技術は、世界中で多くの人々によって政府認可の中央集権に対する著しい打撃と見られています。ですが、私たちの現在の生活の変える無限の潜在力を持つ故に、政府はそれを脅威と認識しています。各国政府は、仮想通貨を従来の貨幣制度への挑戦と見ているのです。仲介業者を排除することができる仮想通貨は、政府の権力を揺るがしかねない存在となりえます。代表的な例が、インドです。インドの中央銀行であるインド準備銀行は、仮想通貨につながる全ての口座へのするよう全銀行に指示しました。これにより、多数のプロジェクトおよび仮想通貨交換所が閉鎖に至りました。中国は資金調達手段としてのし、また仮想通貨の厳しい規