SunContract - 分散型エネルギー市場プラットフォーム

エネルギー産業を崩壊させる分散型エネルギーマーケット

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SNC
開始日時
2017-06-28
終了日時
2017-08-01
調達金額
$2,000,000
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of SunContract?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

SunContractはブロクチェーン技術による新しいビジネスモデルでエネルギー業界を大きく変えます。ブロックチェーンはそのすべての取引がpeer-to-peerで可視化されて以来、信頼性のあるテクノロジーインフラとして中間人の役割を引き受けています。SunContractのビジョンは、ブロックチェーンとスマートコントラクトに基づいた再生可能エネルギーとpeer-to-peerでのエネルギー交換によるグローバルで必要十分な自給エネルギーコミュニティーをサポートすることです。そのようなエコシステムを構築することでSunContractはより自立したエネルギー産業に貢献したいと考えています。

SunContractが掲げるもの

  • エネルギー交換のためのデジタルに交換可能なトークンを作ります。
  • 世界の状況を改善するための個人的な貢献を可能にする。
  • エネルギーの十分な自給を賄うためのサポート
  • 地域の再生可能資源のポテンシャルを生かす
  • ブロックチェーン技術を最大限に生かす
  • スマートコントラクトに基づいたプールを通して、生産者と消費者の取引を可視化する。
  • 中間人の役割を減らす、もしくは完全になくすことでコストを削減する。
  • 仮想通貨ネットワークを強固なものにする。
  • 人々をワールドワイドに、ボーダレスにつなげる。
  • 地球温暖化削減のための大切な一歩を踏み出す。

SunContractプロジェクトは太陽エネルギーによる経済圏を創造することを目標としています。私たちのチームはブロックチェーンの技術をエネルギー分野、サービス、経済成長、環境、社会福祉にどのように統合していくかについての素晴らしいアイデアがあります。私たちが調達する資金は、これらの分野の未来において様々なイノベーションをもたらすでしょう。顧客はより低価格で、クリーンなエネルギーを得ることができ、生産者はSunContractによってより利益を得る。関わる人すべてにメリットをもたらす可能性を秘めています。

チーム すべてを見る

Jonathan Galea
Jonathan Galea
Blockchain Legal Advice
Milan Gabor
Milan Gabor
Information Security
Tomaz Lajovic
Tomaz Lajovic
Energy Legal Advice
Dr Jesus Nieto Martin
Dr Jesus Nieto Martin
Energy Market Advice
Leo Lu
Leo Lu
Solar Market Advice
Tomislav Mucic
Tomislav Mucic
Blockchain Consultant

人気STO/ICO記事

  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )