株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

更新:

近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。

UNICORNは株式投資型クラウドファンディングを行なうサービスのひとつです。

融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。

そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。

ユニコーン

株式投資型クラウドファンディングとは?

株式投資型クラウドファンディングでは、運営会社が投資家から資金を集めて、資金を調達したい未上場の会社の株式を取得します。その会社の株主になることで株主優待の権利を受けたり、将来的にIPO(新規公開株)やM&A(企業買収)が行なわれてリターンを獲得した場合に、投資家に分配されることになります。

株式投資型クラウドファンディングのメリットとデメリット

株式投資型クラウドファンディングのメリットとデメリットを見ていきましょう。

まず主なメリットを4つ説明します。

【メリット① 未上場の会社の株式を買うことができる】

上場会社の株式は証券会社を通じて株式市場で買うことができますが、未上場の会社の株式は株式市場で買うことができず、手に入れる機会はなかなかありません。しかし、株式投資型クラウドファンディングを利用すれば、少額でも買うことができます。

【メリット② 大きな利益を獲得できるチャンスがある】

未上場の会社は調達した資金をもとに事業を展開します。会社が成長・拡大し、将来的に株式上場が実現した場合に、株価の値上がり次第では大きな利益を得ることができます。

【メリット③ 株主優待を受けることができる】

未上場の会社では、上場会社と同様に、株主優待を提供している会社があります。今後成長が期待できる会社の中から、自分の好みの株主優待を提供している会社に投資をすることで、魅力的な特典をゲットすることができます。

【メリット④ エンジェル税制の優遇を受けることができる】

エンジェル税制とは、ベンチャー企業への投資を促進するために、ベンチャー企業へ投資をした投資家が税制上の優遇措置を受けることができる制度です。ほとんどの投資金額が課税対象額から控除されるなど税金の面で有利になります。ただし、税制の適用のためには所定の条件があります。

次に、主なデメリットを4つ説明します。

【デメリット① 大きな損失を受ける恐れがある】

これが最も大きなデメリットと言えます。資金を調達した会社が将来株式を上場できる保証はありません。株式上場を目指していたにもかかわらず、業績の低迷などで実現ができなかったり、最悪の場合は倒産することもあり得ます。その結果、投資したお金を回収することができず、投資家が大きな損失を受ける恐れがあります。

【デメリット② 換金性や流動性が大変低い】

上場会社の株式は証券会社を通じて株式市場で売ることができます。しかし、株式投資型クラウドファンディングを通じて取得した未上場の会社の株式は自由に売ることができません。売ることができるのは、その会社がIPOやM&Aを行なった場合のみです。また、売ろうとしても、その株式に譲渡制限があるために、株主総会の承認が必要など所定の手続きが必要になる場合もあるので注意が必要です。

【デメリット③ 実績がない】

日本証券業協会の報告によれば、2019年までに株式投資型クラウドファンディングで募集され成立した案件は約80件となっています。その中で株式上場を実現した会社は現時点ではありません。実際に資金調達した会社が今後どのような結果をだすのかということについては全く予測ができない状況です。

【デメリット④ 案件に関する情報が質・量ともに物足りない】

案件に関して法律に基く情報開示は義務付けられていません。融資型や不動産投資型の案件に関する情報と比べると、質・量ともに物足りなさを感じます。また、財務情報については、監査法人などの監査を受けていない場合があるため信用度が高いとは言えません。

UNICORNとは?

ユニコーン

UNICORNは、FUNDINNO、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。

関連記事 : ZUUが株式投資型クラウドファンディングのUnicornを子会社化

UNICORNの特徴

UNICORNの主な特徴を3つ説明します。

【特徴① IPOを目指す会社に少額で投資できる】

UNICORNでは5万円から投資をすることができます。融資型や不動産投資型では1万円から投資ができることに比べると高いですが、株式投資型の中では最も少額です。他のサービスでは10万円からとなっているため、UNICORNのほうが投資がしやすいです。

【特徴② 株主優待を受けることができる】

UNICORNを利用した場合、投資をした会社から1年に最低1回は必ず株主優待を受けることができます。

【特徴③ 企業情報が定期的に開示される】

投資をした会社に対して3ケ月に1回情報提供を義務付けているので、会社の状況を定期的に把握することができます。また、会社が株主との交流の場を設けることもあるので、会社に直接話を聞くこともできます。

運営会社の特徴

運営会社の主な特徴を2つ紹介します。

【特徴① IPOに精通している】

これまで数多くの会社の株式上場業務を経験してきた投資銀行や証券会社の出身者が在籍しており、IPOに精通しています。

【特徴② プロ集団が案件を厳選】

IPOのプロが厳格に審査したうえで案件を提供しています。特に、社会の課題の解決を目指す会社や最先端技術で社会を豊かにする会社の発掘に力を入れています。

まとめ

ユニコーン

クラウドファンディングは、一般的に、ミドルリスク・ミドルリターンの投資商品と言われています。

融資型や不動産投資型では、想定利回りに基いて安定したリターンを得ることが多いです。

しかし、株式投資型では、得られるリターンの大小の予測ができず、場合によっては大きな損失を受ける恐れがあります。したがって、株式投資型クラウドファンディングは、ハイリスク・ハイリターンの投資商品と言えます。

自分が投資をする会社が将来にわたってリターンを生み出すことができる会社かどうかを見極める目利き力が大きなポイントになります。

シェア
COINJINJA編集部(@coinjinja)です。主に仮想通貨、ブロックチェーン関連のニュースをたびたび配信していきます。立ち位置は仮想通貨界隈の大衆紙、毎日正確な情報を適切に配信するというスタンスではありませんのでご注意下さい。