Greeneum - エコで行こう、GREENトークンをゲット

Greeneumは分散型P2Pブロックチェーンベースの市場プラットフォームであり、再生可能エネルギーエコシステムの交換価値と二酸化炭素排出量の削減が奨励される方法を一新しました。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
GREEN
開始日時
2019-02-13
終了日時
2019-05-21
トークン供給数
250,000,000
公式サイトへ Owner of Greeneum?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

GREENEUMは、太陽光、風力、水力、火力などの再生可能で持続可能なエネルギーであるGREENの生産、流通、消費を促進するために、世界で最も先進的なネットワークを構築しています。

GREENEUM Networkは、サプライチェーン全体で効率的で環境に優しい行動を独自に測定、検証、および奨励して、現在および将来の世代に利益をもたらします。

GREENEUMグローバルエネルギーネットワーク(GREENEUM)は、ターゲットを絞った人工知能(AI)、ブロックチェーンテクノロジ、IoT、およびスマートコントラクトを活用するように設計されています。私たちのビジョンは、リアルタイムのピアツーピア(P2P)エネルギーおよびデータ取引のためのスマートな収益化を可能にする分散型で持続可能なエネルギー市場を創造し成長させることです。

世界の貿易市場は正確でリアルタイムのデータから恩恵を受ける一方で、公益事業会社、電力会社、そしてユーザーは同様にリアルタイムのエネルギー追跡を得ることができます。 GREENEUMをターゲットとしたAIと機械学習技術の統合により、世界のエネルギー市場における次世代のスマートな洞察、および予測が可能になります。エネルギーエコシステムの利害関係者は、運用効率を高め、数百万ドルを節約し、世界の再生可能エネルギー市場にプラスの影響をもたらすことができます。

GREENEUMは、この地球上で持続可能な人間の共存の本質についてのアイデアに挑戦し、物理的、デジタル、および金融の世界を融合している新技術の範囲によって特徴付けられます。

チーム すべてを見る

Rodrigo Rapoport
Rodrigo Rapoport
Director of Projects
Bradley Hook
Bradley Hook
Advisor
Phillip Inberg
Phillip Inberg
Mike Green
Mike Green
Theodosis Mourouzis
Theodosis Mourouzis
Jonathan Fianu
Jonathan Fianu

人気STO/ICO記事

  • CoincheckがIEOを事業を検討・・決済型のICOのみが対象

    累積188万人のユーザーを保有している国内最大級の仮想通貨取引所CoincheckがIEO事業を検討することを22日、公式ホームページを通じ発表した。IEOの対象となるプロジェクトはこれまで資金調達を行っていなかったプロジェクトで資金決済に関する法律の適用対象となるユーティリティ・トークンを用いた資金調達ICOのみに制限される。金融商品取引法の適用対象となるセキュリティ・トークンを活用した資金調達(収益分配型ICO/STO)は対象にならない。IEOとはInitial Exchange Offeringの略で、暗号資産を取引所を通じ公開(Initial)、販売・提供(Offering)し、資金調
  • bitbank(ビットバンク)のおすすめ理由を解説!セキュリティーが堅牢で銘柄が豊富なbitbankで口座を開いてみよう

    ✅ 【お得】取引すればするほどおトク!メイカー取引はマイナス手数料新しい価格を指値で頻繁に取引を行うトレーダーには最適の取引所!なんと、メイカー取引の手数料が-0.02%で取引をすればするほどおトク!※メイカー(Maker)とは、板にない価格を作ることをいいます。✅ 【安心】セキュリティーが堅牢暗号資産取引所の分析企業CERによると、ビットバンクのセキュリティー体制は日本一、物理的な方法からの盗難や内部犯行の対策として秘密鍵が一つではなく、複数に分割された「マルチシグ」で管理✅ 【便利】アプリが使いやすく、UIが洗練されている24時間休まない仮想通貨市場では必ずスマホでの対応が必要な場合が多い
  • MACD(マックディー)とその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。MACDはチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。MACDは「Moving Average Convergence & Divergence」の略1979年にGerald Appelによって開発された指標です。日本語で表現しますと「移動平均線の収束&拡散」でさらに分かりやすく説明しますと「」という意味です。複数の移動平均線は離れたら(Divergence)