Pieta - ブロックチェーン上の太陽光発電暗号マイニングのエコシステム

Pietaは、暗号通貨マイニングのコストを最小限に抑え、よりアクセスしやすく、環境に優しいことを目指した世界初のブロックチェーンプロジェクトです。 ブロックチェーンマイニングでのエネルギー消費を削減する新しいX20アルゴリズムを使用して行われます。これにより、マイニング機器の冷却が維持されます。 これにより、マイニング設備の寿命が延び、マイナーの利益が増えます。 低エネルギー(炭素)排出も環境に良い影響を与えます。 さらに、Pietaは、コストをさらに削減し、環境を保護するために、暗号マイニングプロセスで再生可能な太陽エネルギーの使用を奨励することも約束しています。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
PIETA/PITC
開始日時
2019-07-12
終了日時
2019-11-13
最低目標
6,000,000 USD
最高目標
25,000,000 USD
初回価格
0.2500 USD
トークン供給数
9,900,000
公式サイトへ Owner of Pieta?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

あらゆる規模の企業向けに、ブロックチェーンを活用した再生可能かつ効率的なエネルギーソリューションの採用を促進します。 同時に、Pietaは、個人の技術的および経済的能力に関係なく、マイニングをすべての人にとって有益で魅力的なものにすることを構想しています。

  • グリーンエネルギー源の迅速な採用を確保します。
  • 太陽エネルギーを効率的な事業運営のための重要なエネルギー源にします。
  • 意識向上プログラムを推進して、スマートで持続可能かつ包括的なエネルギーシステムの現在および将来の利点について教育します。

チーム すべてを見る

Rawi Alsayed
Rawi Alsayed
Founder
Mahmoud Ramadan
Mahmoud Ramadan
CEO
Shehzad Khan
Shehzad Khan
CTO
Muhammad Kashif Fazal Wadood
Muhammad Kashif Fazal Wadood
PMO
Islam Khairy
Islam Khairy
Senior UI/UX Designer
Azedine Alexander
Azedine Alexander
Networks Administration & IT Security

人気STO/ICO記事

  • Liquid取引所のメリットをすべて解説!銘柄、手数料などについて

    ✅ 【便利】流動性が高いため、注文が通りやすい!Liquidは世界中の注文を一つのオーダーブックに集約させて流動性が乏しい通貨ペアーも注文が通りやすいです。✅ 【信頼】運営資金が豊富で何かあっても安心2017年11月にICO(資金調達)を行い、112億円の調達に成功。その後にも莫大な資金調達に成功し、2019年4月3日には「ユニコーン企業」になったと公表されています。日本のスタートアップ企業では、"メリカリ"に次く2社目の「ユニコーン企業」で、とてもしっかりしている企業です。✅ 【安心】国内最高レベルのセキュリティー体制顧客資産をオンラインから切り離したコールドウォレットで100%管理しており
  • 一目で丸わかり!仮想通貨取引所ランキング |手数料徹底比較

    ★★★★★ 日本円入金 : 無料 ★★★★★ 日本円出金 : 無料 ★★★★☆ 取引所 : Maker:-0.01%、Taker:0.05% ★★★★☆ 販売所(スプレッド) : 低め ★★★☆☆ レバレッジ(ロング) : 0.04%/日 ★★★☆☆ レバレッジ(ショート) : 0.04%/日★★★★★ 送金(btc) : 無料 ★★★★★ 送金(主要アルト) : 無料 ★★★★★ 日本円入金 : 無料 ★★★★★ 日本円出金 : 無料    ーーーーー 取引所 : ー ★★★★☆ 販売所(スプレッド) : 低め ★★★☆☆ レバレッジ(ロング) : 0.04%/日
  • バイナンス、Libraの類似プロジェクトVenusを発表

    世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが「Libra」に類似した独自の地域版仮想通貨「Venus」を19日発表した。バイナンスはVenusプロジェクトを始める背景として「金融市場は金融ヘゲモニー(覇権)が長い時間ほしいままにしてきた」と述べ、「市場を先取りした機関が独占的な利益を得てきた」と指摘した。そしてバイナンスは全世界の国々や地域で規制当局と積極的にコミュニケーションをとり、システムを構築して来たことや様々な国でブロックチェーンプラットフォームを運営し、プラットフォームの暗号資産BNBの経験などについても説明した。バイナンス側は「ステーブルコインを安全に発行・運営できるパブリックブロックチ