Gooreo - 分権化されたキャリアプラットフォーム

Gooreoは、新卒者が専門分野に適した仕事を容易に見つけるのを支援するために開発されたユニークなプラットフォームであり、企業の所有者に優秀な学生や若い卒業生が組織内で一時的または恒久的に働く機会を提供します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
OREO
開始日時
2018-11-18
終了日時
2019-02-01
最高目標
25,000 ETH
初回価格
0.0100 USD
トークン供給数
500,000,000
公式サイトへ Owner of Gooreo?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    Gooreoは、新卒者が専門分野に適した仕事を容易に見つけるのを支援するために開発されたユニークなプラットフォームであり、企業の所有者に優秀な学生や若い卒業生が組織内で一時的または恒久的に働く機会を提供します。

    Gooreoは、学部生や新卒者の求人プロセスを簡素化するプラットフォームを構築し、生計を大幅に改善します。法人組織はまた、特定の役割に必要とされる適切な人材を確保して長期的に利益を最大化するために、高コストの募集サービスの最小化または完全撲滅が行われていることから、当社のプラットフォームから大きく利益を得ています。    また、OREOコインと呼ばれるトークンを導入します。このトークンは、プラットフォームのユーザーが雇用関連の取引を実行するために使用します。この点でブロックチェーンテクノロジを使用することで、求職者が共有するデータや記録が最大限に安全に保存され、雇用組織はブロックチェーンテクノロジーの改ざん防止のために妥協する必要がありません。    私たちは、非効率を排除し、セキュリティを強化し、既存の採用業界でのユーザーエクスペリエンスを大幅に向上させることにより、卒業生とその雇用主にとってより良いシステムを構築しました。

    チーム すべてを見る

    Bassel Enver
    Bassel Enver
    CEO
    Ahmad Alahmad
    Ahmad Alahmad
    CFO
    Mahmoud Alahmad
    Mahmoud Alahmad
    Marketing Manager
    Halid Ja Public
    Halid Ja Public
    Relation Manager
    Abdolla Abbass
    Abdolla Abbass
    Operation Manager
    Ali Alwawi
    Ali Alwawi
    Blockchain developer

    人気STO/ICO記事

    • コイン相場アプリで仮想通貨をウォッチリストに追加する方法3つ

      コイン相場ユーザーの皆様、コイン相場のウォッチリストから仮想通貨を追加する方法が3つもあるということをご存知ですか?気になる仮想通貨をどういった方法で追加するかはユーザー様次第ですが、状況によって効率よく追加する方法を考え、追加を簡単にお試しください。コイン追加・削除(編集)の画面で編集していたけど、追加したい仮想通貨がある場合は以下のような手順で簡単に追加できます。<ins></ins>ウォッチリストを見ていた際に、追加したい仮想通貨がある場合は以下の手順が効率がいいですのでお試しください。<ins></ins>銘柄の名前を覚えていないが確かにあの取引所にあったな見たらすぐ思い出せると思った
    • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

      暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7
    • 【8/3】世界ニュースまとめ - ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか、マネーグラム、決済システムxRapidを使い利益アップを狙う、ステーブルコインの用途は取引から決済に拡大されていく

      2日のコインテレグラフの報道によると、ビットポイント・ジャパンの小田社長が口頭でハッキング被害を受けた台湾のユーザーに賠償すると約束したという報道に対し、ビットポイント・ジャパン側は「賠償の約束は事実ではなく、海外交換所の流出詳細についてはまだ、調査中である」と否定していることが分かった。先日、ビットポイント台湾の郭雅寧(グオ・ヤーニン)CEOは小田社長がジャパン側のハッキング被害で発生した台湾のユーザーの被害に対して賠償することを口頭で約束したと明らかにしていた。7月12日、ビットポイン・ジャパンは約30億円のハッキング被害を受け、同じシステムを台湾側も被害が発生したと思われる。台湾側は、