Gooreo - 分権化されたキャリアプラットフォーム

Gooreoは、新卒者が専門分野に適した仕事を容易に見つけるのを支援するために開発されたユニークなプラットフォームであり、企業の所有者に優秀な学生や若い卒業生が組織内で一時的または恒久的に働く機会を提供します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
OREO
開始日時
2018-11-18
終了日時
2019-02-01
最高目標
25,000 ETH
初回価格
0.0100 USD
トークン供給数
500,000,000
公式サイトへ Owner of Gooreo?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    Gooreoは、新卒者が専門分野に適した仕事を容易に見つけるのを支援するために開発されたユニークなプラットフォームであり、企業の所有者に優秀な学生や若い卒業生が組織内で一時的または恒久的に働く機会を提供します。

    Gooreoは、学部生や新卒者の求人プロセスを簡素化するプラットフォームを構築し、生計を大幅に改善します。法人組織はまた、特定の役割に必要とされる適切な人材を確保して長期的に利益を最大化するために、高コストの募集サービスの最小化または完全撲滅が行われていることから、当社のプラットフォームから大きく利益を得ています。    また、OREOコインと呼ばれるトークンを導入します。このトークンは、プラットフォームのユーザーが雇用関連の取引を実行するために使用します。この点でブロックチェーンテクノロジを使用することで、求職者が共有するデータや記録が最大限に安全に保存され、雇用組織はブロックチェーンテクノロジーの改ざん防止のために妥協する必要がありません。    私たちは、非効率を排除し、セキュリティを強化し、既存の採用業界でのユーザーエクスペリエンスを大幅に向上させることにより、卒業生とその雇用主にとってより良いシステムを構築しました。

    チーム すべてを見る

    Bassel Enver
    Bassel Enver
    CEO
    Ahmad Alahmad
    Ahmad Alahmad
    CFO
    Mahmoud Alahmad
    Mahmoud Alahmad
    Marketing Manager
    Halid Ja Public
    Halid Ja Public
    Relation Manager
    Abdolla Abbass
    Abdolla Abbass
    Operation Manager
    Ali Alwawi
    Ali Alwawi
    Blockchain developer

    人気STO/ICO記事

    • みずほ銀行のスマホ決済「Jコイン」、テスト用システムに不正アクセス発覚・・BTC要求か

      日本経済新聞の報道によると、みずほ銀行は9月4日、決済・送金サービス「J-Coin Pay」(Jコイン)の加盟店管理に関わるテスト用システムに不正アクセスがあったと発表した。27日に加盟店データが不正アクセスしたものにより、削除され代わりに仮想通貨のビットコイン(BTC)を要求する文言が残されていたとのこと。みずほ銀行は、加盟店の情報が流出した可能性があるが、ユーザー情報などに影響はないと説明した。<ins></ins> Jコインの加盟店である法人(7,930 件)、および法人代表者、窓口連絡担当者等の個人(10,539 件)の情報、ならびに J コインに参画いただいている一部金融機関名(32
    • 一目で丸わかり!仮想通貨取引所ランキング |手数料徹底比較

      ★★★★★ 日本円入金 : 無料 ★★★★★ 日本円出金 : 無料 ★★★★☆ 取引所 : Maker:-0.01%、Taker:0.05% ★★★★☆ 販売所(スプレッド) : 低め ★★★☆☆ レバレッジ(ロング) : 0.04%/日 ★★★☆☆ レバレッジ(ショート) : 0.04%/日★★★★★ 送金(btc) : 無料 ★★★★★ 送金(主要アルト) : 無料 ★★★★★ 日本円入金 : 無料 ★★★★★ 日本円出金 : 無料    ーーーーー 取引所 : ー ★★★★☆ 販売所(スプレッド) : 低め ★★★☆☆ レバレッジ(ロング) : 0.04%/日
    • LINE、LINKの新しいホワイトペーパーを公開

      coindeskの報道によるとLINEは4日、ブロックチェーンプロジェクト「リンク(LINK)」の具体的なトークンエコノミーの方向を説明した新しいホワイトペーパーを公開した。ホワイトペーパーで注目すべきところはトークン発行に関する内容で、LINKトークンの発行数量は3年間最大1億枚に制限される。その後からは全体のネットワークの成長スピードに合わせてトークンが発行される予定だ。発行されたトークンはLINKチェーンネットワークに参加するdAppに配分されることになる。配分作業はLINKチェーンのトークン配分システムである「ルーカス(Lucas)」によって行われる。各dAppに配分されるトークンの数