Bidao - バイナンスチェーン上の分散型金融と信頼必要ないステーブルコイン

BiDao Cryptocurrency(BID)は、完全に分散されたプルーフオブステークブロックチェーンを使用し、追加の担保付きのバリュートークンを使用します。これは、たとえばビットコイン、バイナンスコイン、またはイーサリアムとは大きく異なり、価値が100%安定しています。 決済レイヤーとして、BiDaoシステムはバイナンスチェーンを利用します。 これは、バイナンスチェーンで実行されているすべての暗号資産と自由にやり取りできることも意味します。 将来的には、BiDaoは、Ethereum、Tezos、EOSなどの他のブロックチェーンとも統合されます。 このようにして、BiDaoは、分散金融(Defi)アプリケーションのワンストップショップになります。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
Bidao Token / BID
開始日時
2019-09-06
終了日時
2020-11-30
初回価格
0.0100 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Bidao?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームBinance
タイプBEP-2
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

BiDaoとは何ですか?

BiDaoは、信頼必要ないステーブルコインを作成する新しいブロックチェーンシステムと、信頼必要ない設定でレバレッジ取引を可能にする新しい分散型金融ツールです。さらに、BiDaoはDeFiアプリケーションのワンストップショップです。

問題

現時点では、ブロックチェーンにとらわれず、さまざまな暗号資産を担保として使用できる、信頼必要ないステーブルコインはありません。同様のシステムはMakerDAOのみですが、MakerDAOはEthereumブロックチェーンに完全に依存しているため、他の暗号資産と摩擦なく対話することはできません。分散型金融(Defi)市場は日々成長しており、ユーザーは新しい分散型金融の世界で使用できる新しいツールを探しています。

ソリューション

BiDaoは、Defi専用の新しいブロックチェーンシステムを構築しています。当初、BiDaoはバイナンスチェーンと完全に統合され、BNBは担保として使用されます。将来的には、他のブロックチェーンもBiDaoエコシステムに統合されます。私たちの目標は、Defiアプリケーション用のブロックチェーンに依存しないエコシステムを作成することです。

チーム

Bastian Aigner
Bastian Aigner
CEO
Brian Condenanza
Brian Condenanza
CTO
Caroline Kurpiers
Caroline Kurpiers
CMO
Xiaolong Zhang
Xiaolong Zhang
COO

人気STO/ICO記事

  • 2019年のブロックチェーン特許申請・・中国67%・米国16%·日本5%·ドイツ4%·韓国2%

    中国メディアIPRdailyは最近2019年、上半期の世界ブロックチェーン関連の「特許申請企業ランキング100」を発表した。2019年は2018年の特許申請数をはるかに上回っている。報道によると、特許申請の数が一番多かった企業は中国企業の「アリババ」で合わせて322件を申請していた。次は中国の保険会社「平安」が274件(2位)、その次はアンティグア・バーブーダ(カリブ海東部に位置する島国)のブロックチェーン企業「nChain」が241件(3位)だった。※資料: マスターカード 79件(10位) マイクロソフト 35件(22位)一方で日本企業は NEC 18件(46位) SONY
  • 仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴まとめ!メリット・口コミ

    ✅【便利】初心者でも使いやすい初心者でも簡単に取引できる販売所形式を採用しており、銘柄を選択し数量を入れるだけで売買が成立します。販売所の手数料は無料となっているが、スプレッドで見えない手数料がとられるため、頻繁に取引をする投資家は注意が必要!✅【信頼】信頼性の高いバックグラウンド三菱UFJやみずほフィナンシャルグループなどメガバンクを含む名だたる大企業が株主になっており、運営企業の信頼性が高いです。また、三井住友海上と連携し、国内初となるビットコイン事業者向けサイバー保険を開発するなどユーザーが安心できるサービス展開をしています。✅【お得】ビットコインをタダで入手できるbitFlyer経由で
  • 2020年、北朝鮮でブロックチェーンカンファランスが開かれる予定・・参加費は約40万円・日本人参加不可

    今年の4月に北朝鮮の首都である平壌(ピョンヤン)で開かれたブロックチェーンカンファランスが来年の2月に再度、開催されることになった。平壌のカンファランスはスペインの非政府組織(NGO) 団体の朝鮮親善協会(FKA)の設立者アレハンドロ「Alejandro Cao de Benos」とブロックチェーン諮問会社トークンキー(Token Key)が主催する。既に、広報のためのホームページも作成されたことが確認できた。()10日、平壌ブロックチェーンカンファランス主催者のアレハンドロ設立者は韓国メディアとのインタビューで「先日、開かれたカンファランスは包括的なコンテンツで構成されたが来年、開かれるカ