Bidao - バイナンスチェーン上の分散型金融と信頼必要ないステーブルコイン

BiDao Cryptocurrency(BID)は、完全に分散されたプルーフオブステークブロックチェーンを使用し、追加の担保付きのバリュートークンを使用します。これは、たとえばビットコイン、バイナンスコイン、またはイーサリアムとは大きく異なり、価値が100%安定しています。 決済レイヤーとして、BiDaoシステムはバイナンスチェーンを利用します。 これは、バイナンスチェーンで実行されているすべての暗号資産と自由にやり取りできることも意味します。 将来的には、BiDaoは、Ethereum、Tezos、EOSなどの他のブロックチェーンとも統合されます。 このようにして、BiDaoは、分散金融(Defi)アプリケーションのワンストップショップになります。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
Bidao Token / BID
開始日時
2019-09-06
終了日時
2020-11-30
初回価格
0.0100 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Bidao?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームBinance
タイプBEP-2
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

BiDaoとは何ですか?

BiDaoは、信頼必要ないステーブルコインを作成する新しいブロックチェーンシステムと、信頼必要ない設定でレバレッジ取引を可能にする新しい分散型金融ツールです。さらに、BiDaoはDeFiアプリケーションのワンストップショップです。

問題

現時点では、ブロックチェーンにとらわれず、さまざまな暗号資産を担保として使用できる、信頼必要ないステーブルコインはありません。同様のシステムはMakerDAOのみですが、MakerDAOはEthereumブロックチェーンに完全に依存しているため、他の暗号資産と摩擦なく対話することはできません。分散型金融(Defi)市場は日々成長しており、ユーザーは新しい分散型金融の世界で使用できる新しいツールを探しています。

ソリューション

BiDaoは、Defi専用の新しいブロックチェーンシステムを構築しています。当初、BiDaoはバイナンスチェーンと完全に統合され、BNBは担保として使用されます。将来的には、他のブロックチェーンもBiDaoエコシステムに統合されます。私たちの目標は、Defiアプリケーション用のブロックチェーンに依存しないエコシステムを作成することです。

チーム

Bastian Aigner
Bastian Aigner
CEO
Brian Condenanza
Brian Condenanza
CTO
Caroline Kurpiers
Caroline Kurpiers
CMO
Xiaolong Zhang
Xiaolong Zhang
COO

人気STO/ICO記事

  • 【API連携】BitMEX/ビットメックスの取引や資産管理を効率化

    【API連携】BitMEX/ビットメックスの取引や資産管理を効率化の取引や資産管理を効率化する方法をご存知でしょうか?が公開している公式APIを活用すれば、コイン相場アプリに連携し取引が可能になります。通常、APIはプログラミングの知見がない方にとって、活用ハードルが高いですが、コイン相場では簡単にAPIが連携でき、ポートフォリオ管理や取引を効率化することができます。ここでは世界最大級の先物取引所であるのAPI取得方法とへのAPI連携方法をご紹介させていただきます。BitMEXはBTC(ビットコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)、ETH (イーサリアム)、LTC (ライトコイン)
  • 【ビットコインを無料で貰おう】楽天カード期間限定キャンペーン開催中!

    ビットコイン欲しい!でも、、、原資が・・・という方に朗報です!無料でビットコインを稼げるお小遣いサイトで、を新規発行すると、ビットコインがゲットすることができます。しかも、今なら期間限定のを実施中です!コインポインを経由して、楽天カード新規発行をするだけで、をゲットすることができるんです!さらに!楽天カード自体も、ご新規様限定のポイント還元キャンペーンをおこなっています!楽天カードをまだお持ちでない方、楽天カードが欲しかった!という方は、この機会に、ビットコインとポイントをWドリしませんか?楽天カードを発行するとをGETすることができます。期間:〜〆12/22(日)23時条件:新
  • Coincheck(コインチェック)レバレッジ取引サービス終了へ

    マネックスグループの子会社である仮想通貨取引所「コインチェック」が本日の13時に公式ホームページをを通じ、2020年3月13日(金)12:00を持って、レバレッジ取引のサービスを終了すると発表した。レバレッジ取引でポジションを持っているユーザーは期日までにレバレッジアカウントにおける日本円残高を取引アカウントへお振替えしておく必要がある。取引終了日:2020年3月13日(金)12:00取引アカウントへの残高振替期限:2020年3月末現在、レバレッジ取引の新規注文を停止しております。レバレッジ取引の取引履歴については、引き続き閲覧可能です。予定は予告なく変更となる場合がございます。取引終了日(予