Bidao - バイナンスチェーン上の分散型金融と信頼必要ないステーブルコイン

BiDao Cryptocurrency(BID)は、完全に分散されたプルーフオブステークブロックチェーンを使用し、追加の担保付きのバリュートークンを使用します。これは、たとえばビットコイン、バイナンスコイン、またはイーサリアムとは大きく異なり、価値が100%安定しています。 決済レイヤーとして、BiDaoシステムはバイナンスチェーンを利用します。 これは、バイナンスチェーンで実行されているすべての暗号資産と自由にやり取りできることも意味します。 将来的には、BiDaoは、Ethereum、Tezos、EOSなどの他のブロックチェーンとも統合されます。 このようにして、BiDaoは、分散金融(Defi)アプリケーションのワンストップショップになります。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
Bidao Token / BID
開始日時
2019-09-06
終了日時
2020-11-30
初回価格
0.0100 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Bidao?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームBinance
タイプBEP-2
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

BiDaoとは何ですか?

BiDaoは、信頼必要ないステーブルコインを作成する新しいブロックチェーンシステムと、信頼必要ない設定でレバレッジ取引を可能にする新しい分散型金融ツールです。さらに、BiDaoはDeFiアプリケーションのワンストップショップです。

問題

現時点では、ブロックチェーンにとらわれず、さまざまな暗号資産を担保として使用できる、信頼必要ないステーブルコインはありません。同様のシステムはMakerDAOのみですが、MakerDAOはEthereumブロックチェーンに完全に依存しているため、他の暗号資産と摩擦なく対話することはできません。分散型金融(Defi)市場は日々成長しており、ユーザーは新しい分散型金融の世界で使用できる新しいツールを探しています。

ソリューション

BiDaoは、Defi専用の新しいブロックチェーンシステムを構築しています。当初、BiDaoはバイナンスチェーンと完全に統合され、BNBは担保として使用されます。将来的には、他のブロックチェーンもBiDaoエコシステムに統合されます。私たちの目標は、Defiアプリケーション用のブロックチェーンに依存しないエコシステムを作成することです。

チーム

Bastian Aigner
Bastian Aigner
CEO
Brian Condenanza
Brian Condenanza
CTO
Caroline Kurpiers
Caroline Kurpiers
CMO
Xiaolong Zhang
Xiaolong Zhang
COO

人気STO/ICO記事

  • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

    近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO
  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本