Whisky Token - 資産に裏付けられた暗号革命

WHISKEY TOKEN(WHY)は、ハイエンドウイスキーとブロックチェーンテクノロジの組み合わせにより、仮想通貨市場において混乱を招く新たな可能性を表しています。 私たちの使命は、仮想通貨の無限の可能性と真のウィスキー価値の安全性を組み合わせることです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
WHY
開始日時
2018-10-01
終了日時
2018-11-30
最低目標
2,000,000 EUR
最高目標
25,000,000 EUR
初回価格
1.0340 USD
トークン供給数
25,250,660
公式サイトへ Owner of Whisky Token?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率89,86%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

私たちの使命は、ウィスキートーキン(WHYKEY TOKEN(WHY))のすべての所有者が、金融投資の機会にかかわらず、ハイエンドウイスキーポートフォリオの対象となる一方、高収量暗号市場に参加することです。したがって、WHYの所有者は、限られた下振れリスクを伴う暗号市場の高い収益から利益を得ることができるはずです。 WHYTOKEN GmbHは、WHISKEY TOKEN、アセットバックメカニズム、ハイエンドウィスキーポートフォリオを通じた基盤を提供しています。

WHYは、暗号技術と実際の資産価値を組み合わせています。ポートフォリオの質は、WHYTOKEN GmbHのドイツで最も高いセキュリティ基準によって一貫して保証されています。

2019年にはハイエンドウィスキーポートフォリオを構築し、WHYを特定の証券取引所に上場させることに焦点が当てられています。このために、私たちは戦略的パートナーと絶えず対話しており、コスト効率の高いビジネスモデルを可能にしています。

WHYTOKEN GmbHは、WHISKEY TOKEN(WHY)の価値を持続的に高めることを目指しています。私たちは、WHYがこの目標を達成し、所有者の期待を超えると確信しています。

チーム すべてを見る

Ian Scarffe
Ian Scarffe
ICO Advisor
Nikolay Shkilev
Nikolay Shkilev
ICO Advisor
Vladimir Nikitin
Vladimir Nikitin
ICO Advisor
Timo Trippler
Timo Trippler
Investor relations
Rouven Wiegard
Rouven Wiegard
Blockchain
Moritz Stumpf
Moritz Stumpf
Blockchain

人気STO/ICO記事

  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常
  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[