Whisky Token - 資産に裏付けられた暗号革命

WHISKEY TOKEN(WHY)は、ハイエンドウイスキーとブロックチェーンテクノロジの組み合わせにより、仮想通貨市場において混乱を招く新たな可能性を表しています。 私たちの使命は、仮想通貨の無限の可能性と真のウィスキー価値の安全性を組み合わせることです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
WHY
開始日時
2018-10-01
終了日時
2018-11-30
最低目標
2,000,000 EUR
最高目標
25,000,000 EUR
初回価格
1.0340 USD
トークン供給数
25,250,660
公式サイトへ Owner of Whisky Token?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率89,86%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

私たちの使命は、ウィスキートーキン(WHYKEY TOKEN(WHY))のすべての所有者が、金融投資の機会にかかわらず、ハイエンドウイスキーポートフォリオの対象となる一方、高収量暗号市場に参加することです。したがって、WHYの所有者は、限られた下振れリスクを伴う暗号市場の高い収益から利益を得ることができるはずです。 WHYTOKEN GmbHは、WHISKEY TOKEN、アセットバックメカニズム、ハイエンドウィスキーポートフォリオを通じた基盤を提供しています。

WHYは、暗号技術と実際の資産価値を組み合わせています。ポートフォリオの質は、WHYTOKEN GmbHのドイツで最も高いセキュリティ基準によって一貫して保証されています。

2019年にはハイエンドウィスキーポートフォリオを構築し、WHYを特定の証券取引所に上場させることに焦点が当てられています。このために、私たちは戦略的パートナーと絶えず対話しており、コスト効率の高いビジネスモデルを可能にしています。

WHYTOKEN GmbHは、WHISKEY TOKEN(WHY)の価値を持続的に高めることを目指しています。私たちは、WHYがこの目標を達成し、所有者の期待を超えると確信しています。

チーム すべてを見る

Ian Scarffe
Ian Scarffe
ICO Advisor
Nikolay Shkilev
Nikolay Shkilev
ICO Advisor
Vladimir Nikitin
Vladimir Nikitin
ICO Advisor
Timo Trippler
Timo Trippler
Investor relations
Rouven Wiegard
Rouven Wiegard
Blockchain
Moritz Stumpf
Moritz Stumpf
Blockchain

人気STO/ICO記事

  • ボリンジャーバンドとその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。ボリンジャーバンド(BOLL)はチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。米国の金融アナリストで投資研究家のジョン・ボリンジャーが考案したことから、この名が付いています。1983年に考案され2011年に商標権が取得されました。ボリンジャーバンドは株価が移動平均線を中心に一定の範囲(標準偏差)の中で動くという前提で開発されました。ボリンジャーバンドは合わせて3つ
  • 【DMM Bitcoinとは】キャンペーン中に口座開設して1000円GETしよう!

    「ビットコイン」を含め、7種類もの仮想通貨取引が可能!14通貨ペアのレバレッジ取引が可能です!取引に必要な機能が集約されているのは勿論、レイアウトもオリジナル仕様にカスタムすることができます。何より、チャート機能の充実がトレーダー上級者に選ばれる所以でしょう。仮想通貨取引所では珍しい両建てでの取引が可能。レバレッジ取引では取扱いアルトコインの空売りが可能なことに加え、8つの注文方式を提供しています。[[DMMビットコインはアルトコインのレバレッジ取引に対応しています。ビットコインを含めた7種類の通貨(ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、ETC)に対応していますのは大きな魅力と言える
  • CoincheckがIEOを事業を検討・・決済型のICOのみが対象

    累積188万人のユーザーを保有している国内最大級の仮想通貨取引所CoincheckがIEO事業を検討することを22日、公式ホームページを通じ発表した。IEOの対象となるプロジェクトはこれまで資金調達を行っていなかったプロジェクトで資金決済に関する法律の適用対象となるユーティリティ・トークンを用いた資金調達ICOのみに制限される。金融商品取引法の適用対象となるセキュリティ・トークンを活用した資金調達(収益分配型ICO/STO)は対象にならない。IEOとはInitial Exchange Offeringの略で、暗号資産を取引所を通じ公開(Initial)、販売・提供(Offering)し、資金調