Whisky Token - 資産に裏付けられた暗号革命

WHISKEY TOKEN(WHY)は、ハイエンドウイスキーとブロックチェーンテクノロジの組み合わせにより、仮想通貨市場において混乱を招く新たな可能性を表しています。 私たちの使命は、仮想通貨の無限の可能性と真のウィスキー価値の安全性を組み合わせることです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
WHY
開始日時
2018-10-01
終了日時
2018-11-30
最低目標
2,000,000 EUR
最高目標
25,000,000 EUR
初回価格
1.0340 USD
トークン供給数
25,250,660
公式サイトへ Owner of Whisky Token?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率89,86%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

私たちの使命は、ウィスキートーキン(WHYKEY TOKEN(WHY))のすべての所有者が、金融投資の機会にかかわらず、ハイエンドウイスキーポートフォリオの対象となる一方、高収量暗号市場に参加することです。したがって、WHYの所有者は、限られた下振れリスクを伴う暗号市場の高い収益から利益を得ることができるはずです。 WHYTOKEN GmbHは、WHISKEY TOKEN、アセットバックメカニズム、ハイエンドウィスキーポートフォリオを通じた基盤を提供しています。

WHYは、暗号技術と実際の資産価値を組み合わせています。ポートフォリオの質は、WHYTOKEN GmbHのドイツで最も高いセキュリティ基準によって一貫して保証されています。

2019年にはハイエンドウィスキーポートフォリオを構築し、WHYを特定の証券取引所に上場させることに焦点が当てられています。このために、私たちは戦略的パートナーと絶えず対話しており、コスト効率の高いビジネスモデルを可能にしています。

WHYTOKEN GmbHは、WHISKEY TOKEN(WHY)の価値を持続的に高めることを目指しています。私たちは、WHYがこの目標を達成し、所有者の期待を超えると確信しています。

チーム すべてを見る

Ian Scarffe
Ian Scarffe
ICO Advisor
Nikolay Shkilev
Nikolay Shkilev
ICO Advisor
Vladimir Nikitin
Vladimir Nikitin
ICO Advisor
Timo Trippler
Timo Trippler
Investor relations
Rouven Wiegard
Rouven Wiegard
Blockchain
Moritz Stumpf
Moritz Stumpf
Blockchain

人気STO/ICO記事

  • ドナルド・トランプ、仮想通貨は信頼できない

    米、大統領ドナルド・トランプは12日(現地時間)ツイッターを通じ、「私はビットコインや他の仮想通貨の支持者ではない。お金でもなく、その価値はとても不安定だ。規制されていない暗号資産は麻薬取引やその他違法行為を促進するような性質がある」と発言した。<ins></ins>また、「FacebookのLibraという“デジタル通貨”についても信頼性は無い。Facebookやほかの企業が新しい銀行になりたいのであれば、他の銀行のように、国内外の既存の銀行規制に従わなければならない。」と加えた。<ins></ins>最後に、「アメリカは唯一無二の通貨を持っている。それは他より強力で信用があり頼る事が出来る
  • ビットポイント、ハッキングで資金流出

    日本経済新聞は本日(7月12日)の午後13時10分ごろ、仮想通貨取引所のビットポインがハッキングで資金が不正流出したと報道した。不正流出された金額は明らかにされていないが数十億円と推定されている。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止となっていた。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。<ins></ins>参照元:・・・・・・
  • 仮想通貨取引所、DeCurretが34億円の資金調達

    仮想通貨取引所、DeCurret(ディーカレット)は11日34億円の資金調達を行ったと発表した。資金調達の背景は仮想通貨からデジタル通貨へサービスの範囲を拡大、デジタル通貨の世界を実現するにあたり、より多くの企業とのパートナーシップが必要と考え、実施したそうだ。Decuuret社は出資企業らと協業を通じ、デジタル通貨を活用した事業展開を加速するとともに、「取引と決済の融合」の実現を目的としていることを明らかにした。参照元:<ins></ins>1. KDDI株式会社2. コナミホールディングス株式会社3. 住友生命保険相互会社4. 大同生命保険株式会社5. 明治安田生命保険相互会社6. 中部