EzyStayz - 仮想通貨を利用するグローバルホリデーレンタルプラットフォーム

Ezystayzは、既存のホテルおよび不動産レンタルプラットフォームであり、最高の消費者およびホストの価格と、市場で最も低い料金を提供します。 Ezystaysは、ブロックチェーンテクノロジーを活用して、21世紀に向けた予約とレンタルのプロセスに革命を起こし、仮想通貨支払いと法定通貨支払いのギャップを埋めることを目指しています。 Ezystayzプラットフォームは安全で、ホスピタリティおよびブロックチェーン業界向けのユーザーフレンドリーなP2Pプラットフォームです。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
EzyStayz Token
開始日時
2019-12-01
終了日時
2020-03-29
最低目標
2,500,000 USD
最高目標
8,100,000 USD
初回価格
0.0100 USD
トークン供給数
1,792,000,000
公式サイトへ Owner of EzyStayz?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨USD, ETH, BTC
供給率64%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

EzyStayzは、世界中のユニークな宿泊施設を一覧表示、発見、予約できる信頼できるコミュニティマーケットプレイスです。私たちの目的は、仮想通貨保有者が世界中の短期および長期のバケーションレンタルの機会に直接アクセスできるようにすることです。

当社は、規制の重荷なしに、世界中の34,000の都市と190か国でレンタル物件をレンタルまたはリストするためのシームレスで迅速かつ低コストの方法を提供する完全に機能するプラットフォームを運営しています。 EzyStayzに関連するネイティブ暗号通貨の開発と立ち上げにより、暗号セクターからの分散借入の層が導入され、エンドカスタマーと不動産所有者が手数料なしでプラットフォーム上で互いにやり取りできるようになります。

EzyStayzは、ExpediaやAirBnbなどの既存の集中型プラットフォーム、オンライン旅行代理店(OTA)、およびグローバルな暗号コミュニティの間のミーティングポイントとして想定されています。トークンの公開販売により、EzyStayz 2.0の開発をさらに進めることができます。プラットフォームを短期および長期のバケーションレンタル向けの次世代の透明的なシステムとして位置付けます。従来のホリデーレンタルプラットフォームを変革し、すべてのホテル、不動産所有者、およびその顧客に付加価値を提供することにより、当社のプラットフォーム上で消費者および企業に前例のない価値をもたらします。成熟、成長市場におけるホスピタリティ宿泊施設の既存および完全に開発された集中型モデルにそれらを適用しながら、ブロックチェーンの原則:公平性、アクセシビリティ、透明性、信頼を通じて達成します。

チーム すべてを見る

Sebastian Ashar
Sebastian Ashar
CTO
Sofia Sörberg
Sofia Sörberg
Marketing Communication Manager
Hristo Piyankov
Hristo Piyankov
Tokenomics Expert
Manish Saini
Manish Saini
Simplifying The Unthinkable With State Of Art Tech
Rahul Sharma
Rahul Sharma
Designer
Business Development Manager

人気STO/ICO記事

  • LINE、LINKの新しいホワイトペーパーを公開

    coindeskの報道によるとLINEは4日、ブロックチェーンプロジェクト「リンク(LINK)」の具体的なトークンエコノミーの方向を説明した新しいホワイトペーパーを公開した。ホワイトペーパーで注目すべきところはトークン発行に関する内容で、LINKトークンの発行数量は3年間最大1億枚に制限される。その後からは全体のネットワークの成長スピードに合わせてトークンが発行される予定だ。発行されたトークンはLINKチェーンネットワークに参加するdAppに配分されるこことになる。配分作業はLINKチェーンのトークン配分システムである「ルーカス(Lucas)」によって行われる。各dAppに配分されるトークンの
  • MACD(マックディー)とその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。MACDはチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。MACDは「Moving Average Convergence & Divergence」の略1979年にGerald Appelによって開発された指標です。日本語で表現しますと「移動平均線の収束&拡散」でさらに分かりやすく説明しますと「」という意味です。複数の移動平均線は離れたら(Divergence)
  • bitbank(ビットバンク)のおすすめ理由を解説!セキュリティーが堅牢で銘柄が豊富なbitbankで口座を開いてみよう

    ✅ 【お得】取引すればするほどおトク!メイカー取引はマイナス手数料新しい価格を指値で頻繁に取引を行うトレーダーには最適の取引所!なんと、メイカー取引の手数料が-0.02%で取引をすればするほどおトク!※メイカー(Maker)とは、板にない価格を作ることをいいます。✅ 【安心】セキュリティーが堅牢暗号資産取引所の分析企業CERによると、ビットバンクのセキュリティー体制は日本一、物理的な方法からの盗難や内部犯行の対策として秘密鍵が一つではなく、複数に分割された「マルチシグ」で管理✅ 【便利】アプリが使いやすく、UIが洗練されている24時間休まない仮想通貨市場では必ずスマホでの対応が必要な場合が多い