AvailCom - キーレスアクセスの賃貸物件

AvailComは、アパートや車のいずれであろうと、物件の検索とリースを高速化し、多くのクライアントの中間的な行動を排除するプラットフォームです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
AVL
開始日時
2018-08-15
終了日時
2019-02-15
最低目標
3,000,000 USD
最高目標
25,000,000 USD
初回価格
1 AVL = 0.03 USD
トークン供給数
1,166,000,000
公式サイトへ Owner of AvailCom?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, BCH, LTC, DASH
供給率53%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-ICO stage 1 - 0.015
  • Pre-ICO stage 2 - 0.0195

概要

AvailComはアパートや車であろうとも、鍵のないすべての物件の検索とリースを迅速化し、多くのクライアントの中間的な行動を排除するプラットフォームです。キーレスアクセスの助けを借りて、賃貸市場の売上高は年間2000億ドルに達するが、物件を借りる方法は依然として古いにとどまっています。賃貸人は不動産の質について確信を持たず、敷金払い戻しの問題を恐れています。所有者は不動産の安全性とタイムリーな支払いを心配しています。

AvailComプラットフォームは、新しく作成されたエコ環境のおかげで、官僚的な遅れなく、誰でも自由に交渉し、所有者から財産を借りることができます。オーナーは彼の財産を保護することに自信を持つようになります。

AvailComを使用する不動産の賃貸

AvailComアプリでは、事前に宿泊施設を予約するか、その場で賃貸することができます。    AvailComアプリでは、スマホで好きな車を開いて、市内の駐車場に駐車することができます。

オーナーと会う必要はなく、スマホを使用してAvailComを通じて住宅にアクセスすることができます。    AvailComプラットフォームの助けを借りて、いつでも借り期間を終わらせることができます。

技術情報

受け取ったすべての資金は、AvailComのマーケティングとその生態系ののために使用されます。 AVLトークンはプロジェクトの基本コンポーネントであり、資産所有者がサービスエコシステムに参加するために使用されます。トークンの助けを借りて、手数料なしでプラットフォームにある物件を借りられる、追加の有料サービスが利用できます。 AVLトークンは、フィードバックを書くための手数料として支払われます。

チーム すべてを見る

Bogdan Rosu
Bogdan Rosu
Advisor
Tudorache Alexandru
Tudorache Alexandru
Advisor
Laura Zaharia
Laura Zaharia
Advisor
Harshit Talavia
Harshit Talavia
Advisor Network Marketing
Saiteja Kuruva
Saiteja Kuruva
Advisor
Deepanshu Bhatt
Deepanshu Bhatt
Advisor

人気STO/ICO記事

  • ドナルド・トランプ、仮想通貨は信頼できない

    米、大統領ドナルド・トランプは12日(現地時間)ツイッターを通じ、「私はビットコインや他の仮想通貨の支持者ではない。お金でもなく、その価値はとても不安定だ。規制されていない暗号資産は麻薬取引やその他違法行為を促進するような性質がある」と発言した。<ins></ins>また、「FacebookのLibraという“デジタル通貨”についても信頼性は無い。Facebookやほかの企業が新しい銀行になりたいのであれば、他の銀行のように、国内外の既存の銀行規制に従わなければならない。」と加えた。<ins></ins>最後に、「アメリカは唯一無二の通貨を持っている。それは他より強力で信用があり頼る事が出来る
  • 【随時更新】ビットポイント・ハッキングまとめ (最終更新7/12 14:18)

    ※続報については、この記事に随時追記いたします。2019年7月12日 10:30ビットポイント・ジャパン、全サービスを停止。2019年7月12日 13:11日経新聞がハッキング被害を報道。2019年7月12日 13:30親会社であるリミックスポイント社が公式発表
  • 【7/10】世界ニュースまとめ - シンガポール、仮想通貨決済の消費税免除草案を公開、イランの中央銀行関係者、仮想通貨の売買は違法

    シンガポールの内国歳入庁(IRAS)は、7月5日仮想通貨の税金制度に関する新しい草案を公開した。この草案には決済手段としての暗号資産に対し、デジタルペイメントトークンと呼ばれる新しい分類に振り分け、消費税を免除するとされている。現在、シンガポールでは暗号資産を使い商品を購入した場合「所得税+消費税7%」の商品サービス税が課せられている。今回公開された草案にはビットコインなどを対象にし、ステーブルコインは該当しないことから仮想通貨だけを活性化させる狙いを持っているのではないかと分析されている。参照元:参照元:<ins></ins>イラン中央銀行の新技術担当副総裁が地元ニュース「タスニムニュー