BlocVehicle - 貴方の車の情報を保存

ブロックビークルは個人が個人と直接に中古車取引参加、又は個人の間でカーシェアリングが出来る経済公有サービスです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
VCL
開始日時
2018-08-15
終了日時
2018-10-31
最低目標
2,000 ETH
初回価格
Pre-ICO 1ETH = 8500VCL
トークン供給数
400,000,000
公式サイトへ Owner of BlocVehicle?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームETHEREUM
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率40%
KYCKYC
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-ICO - 70%
  • Step 1 - 50%
  • Step 2 - 25%

概要

ブロックビークルの問題解決方法

自動車記録データ

車を整備した後, ビークルのアプリにその写真を撮ってください。その報償でVCLトークンを貰い,あなたが残ったその増補は自動に保存されます。そして、その増補があなたの車の価値を証します。

オープンフラットフォーム

ブロックビークルのネットワークは既存の中古車引き取りやレンタカー業者達も利用する事が出来ます。業者はネットワークの使い中古車とレントゲンの情報を検索するようにします。既存の業者と競争ではなく、協力することでもっと豊かなネットワーク環境が作られると確信します。

P2P 中古車引き取りサービス

誰でも中古車ディーラーではない個人と個人として直接中古車引き取ります。これ以上,高い手数料を払う必要がありません。また、中古車詐欺取り引きへの心配要りません。

P2P カーシェアサービス

誰でも自分の車を他人に賃貸することで利益を創出するのが出来ます。賃借人はより安く簡単に綺麗で安全な自動車を利用することができます。

チーム すべてを見る

Changha Lee
Changha Lee
BlocVehicle CEO and Co-founder CEO at Banet Information Technology
KJ Choi
KJ Choi
BlocVehicle COO and Co-founder CEO at COMPASS System
Seongtae Kwak
Seongtae Kwak
BlocVehicle CTO and Co-founder CEO at SOFTBase
Sungki Lim
Sungki Lim
BlocVehicle CMO and Co-founder CEO at Adweb Communications
Byoungchang Han
Byoungchang Han
CIO
Youngkeun Moon
Youngkeun Moon
PMO

人気STO/ICO記事

  • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

    近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )