BlocVehicle - 貴方の車の情報を保存

ブロックビークルは個人が個人と直接に中古車取引参加、又は個人の間でカーシェアリングが出来る経済公有サービスです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
VCL
開始日時
2018-08-15
終了日時
2018-10-31
最低目標
2,000 ETH
初回価格
Pre-ICO 1ETH = 8500VCL
トークン供給数
400,000,000
公式サイトへ Owner of BlocVehicle?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームETHEREUM
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率40%
KYCKYC
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-ICO - 70%
  • Step 1 - 50%
  • Step 2 - 25%

概要

ブロックビークルの問題解決方法

自動車記録データ

車を整備した後, ビークルのアプリにその写真を撮ってください。その報償でVCLトークンを貰い,あなたが残ったその増補は自動に保存されます。そして、その増補があなたの車の価値を証します。

オープンフラットフォーム

ブロックビークルのネットワークは既存の中古車引き取りやレンタカー業者達も利用する事が出来ます。業者はネットワークの使い中古車とレントゲンの情報を検索するようにします。既存の業者と競争ではなく、協力することでもっと豊かなネットワーク環境が作られると確信します。

P2P 中古車引き取りサービス

誰でも中古車ディーラーではない個人と個人として直接中古車引き取ります。これ以上,高い手数料を払う必要がありません。また、中古車詐欺取り引きへの心配要りません。

P2P カーシェアサービス

誰でも自分の車を他人に賃貸することで利益を創出するのが出来ます。賃借人はより安く簡単に綺麗で安全な自動車を利用することができます。

チーム すべてを見る

Changha Lee
Changha Lee
BlocVehicle CEO and Co-founder CEO at Banet Information Technology
KJ Choi
KJ Choi
BlocVehicle COO and Co-founder CEO at COMPASS System
Seongtae Kwak
Seongtae Kwak
BlocVehicle CTO and Co-founder CEO at SOFTBase
Sungki Lim
Sungki Lim
BlocVehicle CMO and Co-founder CEO at Adweb Communications
Byoungchang Han
Byoungchang Han
CIO
Youngkeun Moon
Youngkeun Moon
PMO

人気STO/ICO記事

  • 【8/6】世界ニュースまとめ - ORBSの共同設立者、契約違反で訴えられる、メキシコがフィンテック事業の規制を開始・・201社のスタートアップが廃業危機に

    海外の暗号資産メディアCoindeskがイスラエルの現地メディアGLOBESの報道を引用し、イスラエルのブロックチェーンプラットフォームORBS(時価総額131位)の関係者らがジョイントベンチャーとして設立した「Cointree Capital」の持分問題で事業パートナーElad Aradから「詐欺」の疑いで起訴されたと報道した。Elad AradはORBSの共同設立者UrielとDanielそしてHexa Solutions、Cointree Management Microverseなどを対象に訴訟を起こし、彼らを「詐欺、契約違反」などで被害を受けたと主張した。一方でORBS側は報道に対し
  • 人民元、11年ぶりに1ドル=7元台へ・・ビットコイン急騰に関係か

    ビットコインの相場は8月4日の午後23時30分頃より上昇し始め、8月5日午後12時頃、3週間ぶりの高値を更新した。ビットコインの急騰の理由と考えられるのは中国の通貨である、人民元が5日、1ドル=7元台に下落したことが大きな理由として考えられる。人民元の急落により、資産の退避先としてビットコインや金を買う投資家が急増し、相場に影響を与えていると見られてる。人民元急落の背景としては、トランプ米大統領が中国に対し新たな追加関税を来月から発動する方針を示したことから、中国政府が元安誘導を容認していると予測される。※米輸入品ほぼ全てに制裁関税を広げる「第4弾」を9月に発動する方針を表明している。<ins
  • Aeron2周年記念: CryptoBonusMilesが一般に普及、Aeron Gamesおよびその他のハイライト

    2年以上に渡り、Aeronは一般航空の安全性と利便性向上のためのソフト開発を成功させてきました。昨年は重要な出来事が非常に多く、中でも一般航空の安全性を強化するAeron Pilotアプリケーションの新規リリースや、大半の国際的な航空会社によるロイヤルティプログラムを統合し、利用者がフライト1マイルごとに暗号通貨報酬を獲得できるCryptoBonusMilesのローンチなどは特に大きなものでした。また、Aeron(ARN)トークンの利用例の拡充にも大きな進展が見られ、ARNのBinance Chainへのマイグレーション、主要なEOS取引所への上場によるEOSエコシステムへの統合などを行いまし