MACH Project - ブロックチェーンベースのP2P資産取引プラットフォーム

MACHは、世界中の個人資産を取引するためにプラットフォームとその支払いコインを作成するプロジェクトです。 ブロックチェーンベースのエスクローシステムとMACHコインを使用すると、エスクロー料金が無料で安全な取引を提供します。取引プラットフォームMarketMACHの韓国語版はベータ版サービス中で、英語版は7月末にオープンする予定です。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
MACH
開始日時
2019-07-02
終了日時
2019-08-08
初回価格
0.8300 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of MACH Project?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率20%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

MACH取引プラットフォームは、MACHコインやその他の暗号通貨で取引できるP2P安全資産取引プラットフォームを指します。 取引プラットフォームは、モバイル版、PC版、ハイブリッド版、および必要に応じてアプリ版に適用されます。 MACHコインは、トレーダーがMACH取引プラットフォームのメンバーとして登録し、資産を取引するときに使用される暗号通貨です。 現在サービスオープンベータ版で今MACH取引プラットフォーム。

MACH取引プラットフォームの主な特徴

  • ブロックチェーンベースのエスクローシステムによる暗号通貨取引
  • 仮想トレーディングルームを介した安全なP2P取引
  • Alチャットボットベースの取引環境をサポート
  • 自動翻訳システム(ATS)、外国人トレーダーのための多言語翻訳取引
  • 各種暗号通貨交換サービス
  • ゲームサービスなど、多くの興味深い要素を提供します。

チーム すべてを見る

Solomon Choi
Solomon Choi
Founder / CEO
Seoktae Hwang
Seoktae Hwang
Advising Director
Steve Sung
Steve Sung
Co Founder
Dongyoung Seo
Dongyoung Seo
CFO
Donghoon Kim
Donghoon Kim
CTO
Chef Kim
Chef Kim
Chief Developer

人気STO/ICO記事

  • 仮想通貨取引所、DeCurretが34億円の資金調達

    仮想通貨取引所、DeCurret(ディーカレット)は11日34億円の資金調達を行ったと発表した。資金調達の背景は仮想通貨からデジタル通貨へサービスの範囲を拡大、デジタル通貨の世界を実現するにあたり、より多くの企業とのパートナーシップが必要と考え、実施したそうだ。Decuuret社は出資企業らと協業を通じ、デジタル通貨を活用した事業展開を加速するとともに、「取引と決済の融合」の実現を目的としていることを明らかにした。参照元:<ins></ins>1. KDDI株式会社2. コナミホールディングス株式会社3. 住友生命保険相互会社4. 大同生命保険株式会社5. 明治安田生命保険相互会社6. 中部
  • Coincheck、7月16日よりお客様情報の追加登録を実施 - 仮想通貨交換業協会の自主規制規則に基く措置

    暗号資産取引所、Coincheck社は7/9日、午後13時頃公式ブログ及びツイッターを通じ、一般社団法人日本仮想通貨交換業協会の自主規制規則に基づき、2019年7月16日よりお客様情報の追加登録を実施することを公表した。<ins></ins>個人のお客様:2019年7月16日〜2019年8月29日 法人のお客様:2019年7月下旬以降1. 国籍や職業などの属性情報2. 資産に関する情報3. お取引に関する情報 など参照元:<ins></ins>・・・・・
  • 【7/10】世界ニュースまとめ - シンガポール、仮想通貨決済の消費税免除草案を公開、イランの中央銀行関係者、仮想通貨の売買は違法

    シンガポールの内国歳入庁(IRAS)は、7月5日仮想通貨の税金制度に関する新しい草案を公開した。この草案には決済手段としての暗号資産に対し、デジタルペイメントトークンと呼ばれる新しい分類に振り分け、消費税を免除するとされている。現在、シンガポールでは暗号資産を使い商品を購入した場合「所得税+消費税7%」の商品サービス税が課せられている。今回公開された草案にはビットコインなどを対象にし、ステーブルコインは該当しないことから仮想通貨だけを活性化させる狙いを持っているのではないかと分析されている。参照元:参照元:<ins></ins>イラン中央銀行の新技術担当副総裁が地元ニュース「タスニムニュー