EzyStayz - 仮想通貨を利用するグローバルホリデーレンタルプラットフォーム

Ezystayzは、既存のホテルおよび不動産レンタルプラットフォームであり、最高の消費者およびホストの価格と、市場で最も低い料金を提供します。 Ezystaysは、ブロックチェーンテクノロジーを活用して、21世紀に向けた予約とレンタルのプロセスに革命を起こし、仮想通貨支払いと法定通貨支払いのギャップを埋めることを目指しています。 Ezystayzプラットフォームは安全で、ホスピタリティおよびブロックチェーン業界向けのユーザーフレンドリーなP2Pプラットフォームです。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
EzyStayz Token
開始日時
2019-12-01
終了日時
2020-03-29
最低目標
2,500,000 USD
最高目標
8,100,000 USD
初回価格
0.0100 USD
トークン供給数
1,792,000,000
公式サイトへ Owner of EzyStayz?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨USD, ETH, BTC
供給率64%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

EzyStayzは、世界中のユニークな宿泊施設を一覧表示、発見、予約できる信頼できるコミュニティマーケットプレイスです。私たちの目的は、仮想通貨保有者が世界中の短期および長期のバケーションレンタルの機会に直接アクセスできるようにすることです。

当社は、規制の重荷なしに、世界中の34,000の都市と190か国でレンタル物件をレンタルまたはリストするためのシームレスで迅速かつ低コストの方法を提供する完全に機能するプラットフォームを運営しています。 EzyStayzに関連するネイティブ暗号通貨の開発と立ち上げにより、暗号セクターからの分散借入の層が導入され、エンドカスタマーと不動産所有者が手数料なしでプラットフォーム上で互いにやり取りできるようになります。

EzyStayzは、ExpediaやAirBnbなどの既存の集中型プラットフォーム、オンライン旅行代理店(OTA)、およびグローバルな暗号コミュニティの間のミーティングポイントとして想定されています。トークンの公開販売により、EzyStayz 2.0の開発をさらに進めることができます。プラットフォームを短期および長期のバケーションレンタル向けの次世代の透明的なシステムとして位置付けます。従来のホリデーレンタルプラットフォームを変革し、すべてのホテル、不動産所有者、およびその顧客に付加価値を提供することにより、当社のプラットフォーム上で消費者および企業に前例のない価値をもたらします。成熟、成長市場におけるホスピタリティ宿泊施設の既存および完全に開発された集中型モデルにそれらを適用しながら、ブロックチェーンの原則:公平性、アクセシビリティ、透明性、信頼を通じて達成します。

チーム すべてを見る

Sebastian Ashar
Sebastian Ashar
CTO
Sofia Sörberg
Sofia Sörberg
Marketing Communication Manager
Hristo Piyankov
Hristo Piyankov
Tokenomics Expert
Manish Saini
Manish Saini
Simplifying The Unthinkable With State Of Art Tech
Rahul Sharma
Rahul Sharma
Designer
Business Development Manager

人気STO/ICO記事

  • 仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴まとめ!メリット・口コミ

    [✅【最短】クイック本人確認で最短で即日取引が可能仮想通貨取引をする為には、KYC(本人確認)が必ず必要です。多くの他取引所では「はがき受取で本人確認」を行うため、取引までは約1週間ほどの時間がかかります。しかし、bitFlyerではスマホで本人確認手続きが完結するので最短で、即日取引が可能です。(はがき受取も可)✅【便利】初心者でも使いやすいシンプルな画面で、初心者でも簡単に操作できる販売所形式を採用しており、銘柄を選択し数量を入れるだけで売買が成立します。販売所の手数料は無料となっているが、スプレッドで見えない手数料がとられるため、頻繁に取引をする投資家は注意が必要!✅【信頼】信頼性の高い
  • 韓国UPbitハッキング被害発表・・被害額53億円相当(ETH342,000枚)

    韓国、最大級大手取引所UPbit(アップビット)は580億ウォン相当ののETH(イーサリアム)342,000枚の不正出金が発生したことを27日18時ごろ発表した。出金先のウォレットのアドレスは0xa09871AEadF4994Ca12f5c0b6056BBd1d343c029でUPbitが分からないウォレットであると説明している。仮想通貨の出金が一時停止されたのは27日の午後2時16分頃だった。<ins></ins>UPbitを運営しているDunamuの体表理事イ・ソクウです。まず、UPbitを利用しているユーザーの皆様にご心配をおかけし、大変申し訳ございません。2019年 11月 27日 午
  • 名古屋グランパス×スタートアップピッチでシンクロライフが優勝

    暗号通貨を使ったレストランレビューSNS・シンクロライフが、2019年12月に開催された中部ニュービジネス協議会と名古屋商工会議所が主催する「2019 名古屋グランパス×スタートアップピッチ」にて優勝した。コンテストでは、全国から9社が参加した中で、GINKANは自社が持つ「食べて暗号通貨が貯まるグルメSNSシンクロライフ」を活用したアイディアを発表。内容は、チームを応援するグランパスサポーター飲食加盟店を愛知県のスタジアム中心で形成し、シンクロライフの通常の暗号通貨還元に加え、勝利や優勝と連動して還元率や特典が大きくなる仕組み作るというもの。さらに、貯まった暗号通貨(シンクロコイン)でグ