LCX - 新しい金融世界へ向けたブロックチェーン銀行

LCX の目標は、従来の資産と暗号資産をシームレスに融合した、世界初の認可され監督下にあるブロックチェーン銀行の 1 つになることです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
LCX token
開始日時
2019-09-13
終了日時
2019-09-23
最低目標
1 USD
最高目標
6,000,000 USD
初回価格
0.0600 USD
トークン供給数
100,000,000
公式サイトへ Owner of LCX?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率不明
KYCKYC
参加不可地域China, North Korea, Japan
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Public Sale - 40% of Standard Value of Utility Token

概要

LCX は新たな銀行のカテゴリを生み出します:

  • 透明性と報告のための新しい基準を導入し安全
  • 顧客中心のクライアントエクスペリエンスを提供する技術主導型
  • 暗号資産に焦点を当てながらも従来の銀行サービスを完全に提供

LCX は 2019 年 6 月に LCX Terminal と呼ばれる暗号取引デスクを立ち上げました。 さらに LCX は LCX Banking と呼ばれるフィアットと暗号通貨のための取引銀行、暗号管理サービス LCX Vault、セキュリティトークンや他の暗号資産の交換所となる LCX Exchange、様々なトークン化証券である LCX Assets の立ち上げを予定しています。

LCX は、暗号市場と従来の金融市場の間で資産のシームレスな移動を可能にしたいと考えています。

技術主導型のブロックチェーン銀行となる LCX は、暗号通貨とトークン化資産の成長から生じる機会を最大限に活用するために、従来型市場と暗号市場の参加者双方を支援することに重点を置いています。

リヒテンシュタインのファドゥーツに本社を置く LCX は、2018 年 11 月に既にビジネス取引ライセンスを取得しています。現在リヒテンシュタイン金融市場局(FMA)にフルバンキングライセンスを申請しています。これにより、LCX は機関投資家および資格を持つプロの投資家に包括的な銀行サービスとライセンス付き暗号製品を提供できるようになります。

LCX ではグローバルな経済改革とファイナンシャル・インクルージョンを喚起するために、金融機関とプロの投資家に対しブロックチェーンが持つポテンシャルの理解を支援することにより、暗号商品の採用を促進します。

LCXは世界経済フォーラムの第4次産業革命センターの一員となり、中央銀行および金融業界やその他の既存企業のイニシアチブをサポートしています。さらに、LCX は BlockchainResearch Institute によってブロックチェーンパイオニアに指名されました。

チーム すべてを見る

Monty C. M. Metzger
Monty C. M. Metzger
FOUNDER & EXECUTIVE CHAIRMAN
Amanjot Malhotra
Amanjot Malhotra
DIRECTOR PRODUCT DEVELOPMENT
Anurag Verma
Anurag Verma
LEAD ENGINEER
Katarina Metzger
Katarina Metzger
MEMBER OF THE BOARD
Don Tapscott
Don Tapscott
ADVISOR AT LCX - THOUGHT LEADER
Jimmy Wales
Jimmy Wales
ADVISOR AT LCX - FOUNDER OF WIKIPEDIA

人気STO/ICO記事

  • ふるさと納税でビットコインを無料でゲットしよう!

    ビットコインが欲しいけど、相場変動が激しく絶対に溶かしてしまう気がするから買うのはやめよう!という方に朗報です。Coinpoinを通じ、ふるさと納税を行うと商品を買うことでビットコインが無料で手に入ります!ふるさと納税とは、応援したい自治体に寄附(商品の購入)をすることで、所得税や住民税の還付・控除が受けられる制度のことです。多くの自治体では地域経済活性化のために、色々な商品を用意しています!ふるさと納税に関するより詳しい情報・寄附可能額を調べるには以下の順番でお進みください。「でビットコインを貯める」→「詳細内容確認」→「商品購入」この順番でアクセスし、商品を購入することで記録(ログ)が残
  • 韓国UPbitハッキング被害発表・・被害額53億円相当(ETH342,000枚)

    韓国、最大級大手取引所UPbit(アップビット)は580億ウォン相当ののETH(イーサリアム)342,000枚の不正出金が発生したことを27日18時ごろ発表した。出金先のウォレットのアドレスは0xa09871AEadF4994Ca12f5c0b6056BBd1d343c029でUPbitが分からないウォレットであると説明している。仮想通貨の出金が一時停止されたのは27日の午後2時16分頃だった。<ins></ins>UPbitを運営しているDunamuの体表理事イ・ソクウです。まず、UPbitを利用しているユーザーの皆様にご心配をおかけし、大変申し訳ございません。2019年 11月 27日 午
  • 韓国大手取引所Upbitハッキング疑惑・・KISAが調査中

    韓国、最大級大手取引所Upbit(アップビット)で600億ウォン相当の大金が出金され、仮想通貨の入出金が一時中止された。Upbit(アップビット)は「サーバー点検による、仮想通貨入出金の一時中止」をアナウンスしている。27日、韓国の業界の情報筋よると午後2時16分Upbit(アップビット)のウォレットで約600億ウォンに達する仮想通貨が匿名の口座に出金され、仮想通貨の入出金が一時中止された。まず出金された仮想通貨はETH(イーサリアム)で560億ウォンが出金された後、1次点検がアナウンスされた。その後、ビットトレントトークン(BTT)40億ウォンが出金され2次点検がアナウンスされている。<in