Zeux - 世界初の暗号モバイル決済および投資アプリ

Zeuxはブロックチェーンを基盤とする金融エコシステム企業で、世界初の統合された仮想&法定通貨金融投資プラットフォームを使用した世界初の暗号モバイル決済アプリケーションを構築します。仮想と法定通貨の両方の多くの金融機関と提携することで、モバイル決済、銀行業務、投資サービスを組み合わせた異なる金融サービスを1つのアプリケーションに統合しています。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
ZUC
最低目標
10,000 ETH
最高目標
50,000 ETH
初回価格
0.0000 USD
トークン供給数
750,000,000
公式サイトへ Owner of Zeux?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    Zeuxの使命は、複雑で高価で面倒な財務管理プロセスをシンプル、便利、そして手頃な価格でお客様に提供することで、既存の金融サービスを変革し、最高のサービスを誰もが利用できるようにすることです。

    ZeuxはFCAの規制を受けている企業であり、2019年にその製品をソフトローンチし、正式にEUで事業を開始する予定です。2020年に世界の他の国々にサービスを提供するという野心があります。開発を加速し、最高の製品を世界中の何百万ものユーザーのためになります。

    ブロックチェーン技術、バイオメトリクス、人工知能を組み合わせて、そして法定と仮想通貨の世界を結びつけることによって、Zeuxは金融サービスのための複数の機能を提供する統合ソリューションを提供します。法定と仮想通貨の両方に対する安全なモバイル決済、分散型の送金、複数の銀行口座へのアクセス、複数の従来型および暗号投資商品へのアクセス、安全な個人データ保管庫、および手間のかからない口座開設のためのKYCコンシェルジュ。

    Zeuxプラットフォームでは、顧客はすべての金融ポートフォリオを簡単に管理できます。 Zeuxウォレットを使用するすべての取引は、最高水準を満たし、最も先進的なサイバーシステムセキュリティプロトコルを使用する、非常に安全な環境で実行されます。 Zeuxのサポートにより、数回クリックするだけですべてを実行できます。

    大事なことを言い忘れましたが、Zeuxはシングルエントリーの投資プラットフォームであり、伝統的な投資オプションの中で最も優れたものと、さまざまな暗号投資の機会を組み合わせたものです。それに加えて、Zeuxプラットフォームは、投資費用をディスカウントすることで、暗号通貨の世界にオプトインする人々に報酬を与えます。

    チーム すべてを見る

    Frank Zhou
    Frank Zhou
    CEO
    Tim Mak
    Tim Mak
    Head of Marketing
    Nathan Liu
    Nathan Liu
    CTO
    James Zhao
    James Zhao
    Senior Software Engineer
    James Bearsley
    James Bearsley
    Website Designer
    Fanny Da
    Fanny Da
    Project Manager

    人気STO/ICO記事

    • これをみればミニ株のすべてがわかります!

      株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
    • QtumがCoinCheckで取引可能に

      国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
    • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

      仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本