Zeux - 世界初の暗号モバイル決済および投資アプリ

Zeuxはブロックチェーンを基盤とする金融エコシステム企業で、世界初の統合された仮想&法定通貨金融投資プラットフォームを使用した世界初の暗号モバイル決済アプリケーションを構築します。仮想と法定通貨の両方の多くの金融機関と提携することで、モバイル決済、銀行業務、投資サービスを組み合わせた異なる金融サービスを1つのアプリケーションに統合しています。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
ZUC
最低目標
10,000 ETH
最高目標
50,000 ETH
初回価格
0.0000 USD
トークン供給数
750,000,000
公式サイトへ Owner of Zeux?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    Zeuxの使命は、複雑で高価で面倒な財務管理プロセスをシンプル、便利、そして手頃な価格でお客様に提供することで、既存の金融サービスを変革し、最高のサービスを誰もが利用できるようにすることです。

    ZeuxはFCAの規制を受けている企業であり、2019年にその製品をソフトローンチし、正式にEUで事業を開始する予定です。2020年に世界の他の国々にサービスを提供するという野心があります。開発を加速し、最高の製品を世界中の何百万ものユーザーのためになります。

    ブロックチェーン技術、バイオメトリクス、人工知能を組み合わせて、そして法定と仮想通貨の世界を結びつけることによって、Zeuxは金融サービスのための複数の機能を提供する統合ソリューションを提供します。法定と仮想通貨の両方に対する安全なモバイル決済、分散型の送金、複数の銀行口座へのアクセス、複数の従来型および暗号投資商品へのアクセス、安全な個人データ保管庫、および手間のかからない口座開設のためのKYCコンシェルジュ。

    Zeuxプラットフォームでは、顧客はすべての金融ポートフォリオを簡単に管理できます。 Zeuxウォレットを使用するすべての取引は、最高水準を満たし、最も先進的なサイバーシステムセキュリティプロトコルを使用する、非常に安全な環境で実行されます。 Zeuxのサポートにより、数回クリックするだけですべてを実行できます。

    大事なことを言い忘れましたが、Zeuxはシングルエントリーの投資プラットフォームであり、伝統的な投資オプションの中で最も優れたものと、さまざまな暗号投資の機会を組み合わせたものです。それに加えて、Zeuxプラットフォームは、投資費用をディスカウントすることで、暗号通貨の世界にオプトインする人々に報酬を与えます。

    チーム すべてを見る

    Frank Zhou
    Frank Zhou
    CEO
    Tim Mak
    Tim Mak
    Head of Marketing
    Nathan Liu
    Nathan Liu
    CTO
    James Zhao
    James Zhao
    Senior Software Engineer
    James Bearsley
    James Bearsley
    Website Designer
    Fanny Da
    Fanny Da
    Project Manager

    人気STO/ICO記事

    • 人民元、11年ぶりに1ドル=7元台へ・・ビットコイン急騰に関係か

      ビットコインの相場は8月4日の午後23時30分頃より上昇し始め、8月5日午後12時頃、3週間ぶりの高値を更新した。ビットコインの急騰の理由と考えられるのは中国の通貨である、人民元が5日、1ドル=7元台に下落したことが大きな理由として考えられる。人民元の急落により、資産の退避先としてビットコインや金を買う投資家が急増し、相場に影響を与えていると見られてる。人民元急落の背景としては、トランプ米大統領が中国に対し新たな追加関税を来月から発動する方針を示したことから、中国政府が元安誘導を容認していると予測される。※米輸入品ほぼ全てに制裁関税を広げる「第4弾」を9月に発動する方針を表明している。<ins
    • 【8/3】世界ニュースまとめ - ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか、マネーグラム、決済システムxRapidを使い利益アップを狙う、ステーブルコインの用途は取引から決済に拡大されていく

      2日のコインテレグラフの報道によると、ビットポイント・ジャパンの小田社長が口頭でハッキング被害を受けた台湾のユーザーに賠償すると約束したという報道に対し、ビットポイント・ジャパン側は「賠償の約束は事実ではなく、海外交換所の流出詳細についてはまだ、調査中である」と否定していることが分かった。先日、ビットポイント台湾の郭雅寧(グオ・ヤーニン)CEOは小田社長がジャパン側のハッキング被害で発生した台湾のユーザーの被害に対して賠償することを口頭で約束したと明らかにしていた。7月12日、ビットポイン・ジャパンは約30億円のハッキング被害を受け、同じシステムを台湾側も被害が発生したと思われる。台湾側は、
    • 【8/6】世界ニュースまとめ - ORBSの共同設立者、契約違反で訴えられる、メキシコがフィンテック事業の規制を開始・・201社のスタートアップが廃業危機に

      海外の暗号資産メディアCoindeskがイスラエルの現地メディアGLOBESの報道を引用し、イスラエルのブロックチェーンプラットフォームORBS(時価総額131位)の関係者らがジョイントベンチャーとして設立した「Cointree Capital」の持分問題で事業パートナーElad Aradから「詐欺」の疑いで起訴されたと報道した。Elad AradはORBSの共同設立者UrielとDanielそしてHexa Solutions、Cointree Management Microverseなどを対象に訴訟を起こし、彼らを「詐欺、契約違反」などで被害を受けたと主張した。一方でORBS側は報道に対し