Bitwala - 銀行業務、仮想通貨およびトークン化された資産の結合

これまでBitwalaは、暗号通貨を法定通貨に両替するサービスを提供しました。 2018年12月に、Bitwalaは完全にライセンスされた暗号優先バンキングソリューションを首尾よく開始しました。 Bitwalaは、法定と暗号の世界を融合させた、この種の銀行業界初の経験を提供しています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BWL
開始日時
2019-03-20
終了日時
2019-06-30
最低目標
15,000,000 EUR
最高目標
75,000,000 EUR
初回価格
1.1341 USD
トークン供給数
75,000,000
公式サイトへ Owner of Bitwala?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20/ERC-1400
参加可能通貨EUR, USD, BTC, ETH
供給率90
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    パートナー銀行と一緒に、Bitwalaは、簡単で安全な暗号通貨取引と信頼性の高い毎日の銀行取引を1つの口座にまとめた銀行口座を提供しています。

    現在のアカウントには、最大限のセキュリティと自由を実現するためのデビットカードとユーザー制御のビットコインウォレットが付いています。 アカウントはBaFin(ドイツの金融規制当局)によってドイツで規制されているので、最大10万ユーロまでのすべてのユーザー資金は、ドイツの銀行の保証制度によって保護されています。

    Bitwalaの投資家には、Maschmeyerグループの投資部門であるHigh TechGründerfonds、ALSTIN、ブロックチェーンのイノベーションに焦点を当てたNew York VC、Earlybird Venture Capitalとcoparionがあります。

    チーム

    Christoph Iwaniez
    Christoph Iwaniez
    CFO
    Benjamin Jones
    Benjamin Jones
    CTO
    Konstantin Werhahn
    Konstantin Werhahn
    CPO
    Jan Goslicki
    Jan Goslicki
    CCO
    Jörg von Minckwitz
    Jörg von Minckwitz
    Chief strategist

    人気STO/ICO記事

    • 【7/10】世界ニュースまとめ2 - 税務当局、納税者の仮想通貨関連モニタリングを強化する方針、イギリスの大手銀行がLibraのコンソーシアムに参加検討

      9日(現地時間)Cointelegraphの報道によると、米税務当局(IRS)はアップル、マイクロソフト、グーグルなどの大手IT企業を通じ、納税者の仮想通関連アプリのダウンロード履歴を把握するとともに脱税防止のためFacebook,TwitterなどのSNSプラットフォームの投稿に対する調査を強化する予定だ。公認会計士で「Crypto Tax Girl」として知られている暗号資産税金専門家Laura Walter氏はツイッターを通じ、米税務当局のプレゼンテーション資料を公開し、該当資料が米税務当局の犯罪調査局の職人たちを対象にした発表で使用されたと主張した。入手された資料によると、米税務当局は
    • 【7/11】世界ニュースまとめ - カナダ政府、仮想通貨取引所登録を義務化へ、プラストークン最上階級、中国公安に逮捕が公式確認

      10日、コインテレグラフによるとカナダ政府が来年の2020年6月1日までカナダ現地のすべての仮想通貨取引所を対象に「カナダ金融取引報告分析センター(FinTRAC)」への登録を義務化した。カナダ政府はマネーロンダリング、テロ資金支援などの犯罪収益に対する規制改正案を発表し、現地の仮想通貨取引所が当局の登録手続きを遵守しないといけないことを明らかにした。これに関して現地Oslerの法律事務所のLori Stein弁護士は今回の改正案発表で仮想通貨業界に対する現地銀行及び金融機関のサービス提供がより開放的で円滑になると展望した。一方で今回の改正案で仮想通貨取引所が現地市場で離脱する可能性もあると予
    • 仮想通貨取引所、DeCurretが34億円の資金調達

      仮想通貨取引所、DeCurret(ディーカレット)は11日34億円の資金調達を行ったと発表した。資金調達の背景は仮想通貨からデジタル通貨へサービスの範囲を拡大、デジタル通貨の世界を実現するにあたり、より多くの企業とのパートナーシップが必要と考え、実施したそうだ。Decuuret社は出資企業らと協業を通じ、デジタル通貨を活用した事業展開を加速するとともに、「取引と決済の融合」の実現を目的としていることを明らかにした。参照元:<ins></ins>1. KDDI株式会社2. コナミホールディングス株式会社3. 住友生命保険相互会社4. 大同生命保険株式会社5. 明治安田生命保険相互会社6. 中部