Bitwala - 銀行業務、仮想通貨およびトークン化された資産の結合

これまでBitwalaは、暗号通貨を法定通貨に両替するサービスを提供しました。 2018年12月に、Bitwalaは完全にライセンスされた暗号優先バンキングソリューションを首尾よく開始しました。 Bitwalaは、法定と暗号の世界を融合させた、この種の銀行業界初の経験を提供しています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BWL
開始日時
2019-03-20
終了日時
2019-06-30
最低目標
15,000,000 EUR
最高目標
75,000,000 EUR
初回価格
1.1341 USD
トークン供給数
75,000,000
公式サイトへ Owner of Bitwala?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20/ERC-1400
参加可能通貨EUR, USD, BTC, ETH
供給率90
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    パートナー銀行と一緒に、Bitwalaは、簡単で安全な暗号通貨取引と信頼性の高い毎日の銀行取引を1つの口座にまとめた銀行口座を提供しています。

    現在のアカウントには、最大限のセキュリティと自由を実現するためのデビットカードとユーザー制御のビットコインウォレットが付いています。 アカウントはBaFin(ドイツの金融規制当局)によってドイツで規制されているので、最大10万ユーロまでのすべてのユーザー資金は、ドイツの銀行の保証制度によって保護されています。

    Bitwalaの投資家には、Maschmeyerグループの投資部門であるHigh TechGründerfonds、ALSTIN、ブロックチェーンのイノベーションに焦点を当てたNew York VC、Earlybird Venture Capitalとcoparionがあります。

    チーム

    Christoph Iwaniez
    Christoph Iwaniez
    CFO
    Benjamin Jones
    Benjamin Jones
    CTO
    Konstantin Werhahn
    Konstantin Werhahn
    CPO
    Jan Goslicki
    Jan Goslicki
    CCO
    Jörg von Minckwitz
    Jörg von Minckwitz
    Chief strategist

    人気STO/ICO記事

    • MACD(マックディー)とその分析ツール「Proアラート」について

      投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。MACDはチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。MACDは「Moving Average Convergence & Divergence」の略1979年にGerald Appelによって開発された指標です。日本語で表現しますと「移動平均線の収束&拡散」でさらに分かりやすく説明しますと「」という意味です。複数の移動平均線は離れたら(Divergence)
    • 【簡単】あなたにぴったりの仮想通貨取引所を診断!取引所診断ツールをコイン相場がリリース

      早速試してみたい方はから仮想通貨取引所は、特にここ最近増えて来ました。どの取引所を使えばいいのか、手数料を比較するのも数が多すぎて大変ですよね。面倒だから、今使っている取引所ばっかり使っている人も多いと思いますが、条件等も変わっている中で、本当に自分の投資スタイルに合っているのか自信がありますか?Googleで検索して、色んな記事を読んで比較してもどこが自分にあっているのか、どこがいいのか、さっぱり分からない。。取引所関連の記事はいっぱいあるけれど、アフィリエイト報酬が高い順で並んでいるだけという事も多いですよね。判断に困る、比較するのが手間だという方々のために国内最大の仮想通貨アプリ、コイ
    • 【仮想通貨FXに最適】GMOコインのおすすめ理由を一挙解説!

       ビットレ君は、GMOコインが提供している仮想通貨レバレッジ取引のためのスマホアプリです。当アプリでは10種類のテクニカル指標を利用することができます。 リップルやイーサリアムなどのレバレッジを効かせた取引が可能。アルトコインを空売りすることができる数少ない取引所です。 親会社であるGMOインターネットワークから金融ビジネスノウハウや情報セキュリティ対策の施策をそのまま引き継いだGMOコイン。国際基準の情報セキュリティが適用されていると思われます。