Bitwala - 銀行業務、仮想通貨およびトークン化された資産の結合

これまでBitwalaは、暗号通貨を法定通貨に両替するサービスを提供しました。 2018年12月に、Bitwalaは完全にライセンスされた暗号優先バンキングソリューションを首尾よく開始しました。 Bitwalaは、法定と暗号の世界を融合させた、この種の銀行業界初の経験を提供しています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BWL
開始日時
2019-03-20
終了日時
2019-06-30
最低目標
15,000,000 EUR
最高目標
75,000,000 EUR
初回価格
1.1341 USD
トークン供給数
75,000,000
公式サイトへ Owner of Bitwala?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20/ERC-1400
参加可能通貨EUR, USD, BTC, ETH
供給率90
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    パートナー銀行と一緒に、Bitwalaは、簡単で安全な暗号通貨取引と信頼性の高い毎日の銀行取引を1つの口座にまとめた銀行口座を提供しています。

    現在のアカウントには、最大限のセキュリティと自由を実現するためのデビットカードとユーザー制御のビットコインウォレットが付いています。 アカウントはBaFin(ドイツの金融規制当局)によってドイツで規制されているので、最大10万ユーロまでのすべてのユーザー資金は、ドイツの銀行の保証制度によって保護されています。

    Bitwalaの投資家には、Maschmeyerグループの投資部門であるHigh TechGründerfonds、ALSTIN、ブロックチェーンのイノベーションに焦点を当てたNew York VC、Earlybird Venture Capitalとcoparionがあります。

    チーム

    Christoph Iwaniez
    Christoph Iwaniez
    CFO
    Benjamin Jones
    Benjamin Jones
    CTO
    Konstantin Werhahn
    Konstantin Werhahn
    CPO
    Jan Goslicki
    Jan Goslicki
    CCO
    Jörg von Minckwitz
    Jörg von Minckwitz
    Chief strategist

    人気STO/ICO記事

    • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

      仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
    • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

      グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗
    • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

      トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ