World Bit Bank - 世界で初めての法的暗号通貨銀行

「World Bit Bank」プロジェクトは、世界各国(米国、カナダ、ブラジル、ドイツ、英国、スイス、トルコ、インド、日本、オーストラリア)の営業中の銀行を買収し、顧客の暗号通貨を取り扱うサービスを提供するために、銀行のグループを創設する予定です。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
WBB
開始日時
2018-04-27
終了日時
2018-06-27
最低目標
250,000,000 EUR
最高目標
500,000,000 EUR
初回価格
1 WBB = 0.0037 ETH
トークン供給数
750,000,000
公式サイトへ Owner of World Bit Bank?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

2018年2月、同社は、エストニアのマネーロンダリングとテロ資金調達に関する法律に完全に準拠した暗号通貨、つまり仮想通貨交換、仮想通貨ウォレットサービスを使用する許可を受けました。

このプロジェクトには、技術の開発と、World Bit Bank(WBB)というブランドの下で国際暗号通貨銀行の創設が含まれています。その銀行の作業は、2つの重要な技術に基づいています。

第一目はモバイル技術で、リアルタイムで通貨取引を交換する手段、第2目はブロックチェーン技術でWorld Bit Bankのエコシステムにおけるす べての経済運営を計算する単位としての暗号通貨(Wibcoinトークン)の使用。 暗号通貨の歴史を通じて、暗号通貨を世界中で利用可能な従来の決済手段に変換するためのかなりの試みがなされてきたのです。しかし、この方向への成功はあまり大きくありません。

技術の開発と実装

「World Bit Bank」(WBB)プロジェクト䛿、ブロックチェーン技術から成長した、5Gファイナンスに関連する技術ソリューションの開発です。その特徴は以下の通りです。 絶対的なクロスボーダー性。 クロスプラットフォーム。 使いやすさ。 瞬時の操作。 お金䛿常にクライアントの管理下にあります。クライアントの知識なしにクライアント資金を管理すること䛿不可能です。 取引手数料が低いかゼロ。 暗号化による高度のセキュリティ。 オープンソースのAPI。 原点の完全な透明性と口座間の資金移動の透明性。 認証。

チーム すべてを見る

Igor Romanenko
Igor Romanenko
Founder, CEO
Vlad Romanenko
Vlad Romanenko
Co-founder "Vitsolutions", LLC
Vasily Solovyev
Vasily Solovyev
Banking Specialist
Tatyana Soldatova
Tatyana Soldatova
Project manager
Nikolai Miroshnik
Nikolai Miroshnik
Banking Specialist&VP
Maksim Boyko
Maksim Boyko
CEO "Vitsolutions", LLC

人気ICO記事

  • DeFiを理解する:ブロックチェーン注目トピックの良記事まとめvol.1

    2019年04月16日追記: おすすめ記事を1つ追加しました。直近の半年で話題になり、注目を集めているトピックの1つが #Defi 分散型金融だろう。何より、実際自身の手で動かしてみることが出来るプロジェクトが多いという意味で、誰にでもとっつきやすいテーマである。クリプトトレーダーやdAppsゲーマーの皆さんのように、基本的なブロックチェーンの理解がある方々だと理解はきっと難しくないはずだ。尚、Editors Choice by CoinViewは、注目トピックの概要を網羅的に理解出来る記事を紹介することで、全体像と概況をスムーズに掴む一助になればという試みだ。直接レポートを書くという事はせず
  • ポートフォリオの使い方- 仮想通貨アプリ コイン相場

    いま、どこに、どの通貨を、いくら持っているのか、リアルタイムで確認する事が出来ます。仮想通貨の資産管理は、取引所やウォレットなど、保管場所が複数ある場合、管理が非常に煩わしいです。その点、コイン相場のポートフォリオ機能は便利です。【】・【】あるいは【】しておくと価格変動に合わせた資産をリアルタイムで確認できます。日本円で表示されない海外取引所を利用するときや散らばっている資産の管理がとても簡単にできる機能です。 まずは、仮想通貨ポートフォリオ機能が使えるアプリ、利用している取引所とAPIを連携しておくと全ての取引履歴や資産残高がコイン相場アプリでも自動更新されます。連携方法については
  • 【ポレット(pollet)とは】貯めたポイントを店舗決済で使えるvisaプリペイドカード

    ポイントをチャージできるVisaのプリペイドカードポレット(pollet)をご存知でしょうか。ポレットとはポイントサイトなどで貯めたポイントをvisaプリペイドカードと連携して、ネットやリアル店舗のお買い物で決済利用できるサービスです。のを運営する、の鈴木社長の会社なんです。所在地もオズビジョンと同じですね。を知る人からすると、非常に信頼できる点じゃないでしょうか。事業的にも、からの送客効果、ハピタスポイントの利用用途の拡大など、相乗効果がありそうですね。があります。まとまった量のポイントであれば利用し易いですが、数円単位の細かいポイントだとお買い物には使いにくいですよね・・・そん