Cryptocean - エコシステム、プロセス、暗号通貨取引所

私たちは、暗号通貨の購入、販売、交換、統合を普遍的に行うサービスを提供しています。 あなたの銀行カード/口座で暗号通貨を購入することができます。サービス内でお客様の金額を取得し、合法的にカードまたは銀行口座に振り込むことができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
CRON
開始日時
2018-05-15
終了日時
2018-06-15
最低目標
25,000,000 USD
最高目標
70,000,000 USD
初回価格
1 CRON = 0.01 USD
トークン供給数
8,500,000,000
公式サイトへ Owner of Cryptocean?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプUtility
参加可能通貨BTC, ETH, LTC, BCH, BTG, DASH, Fiat
供給率85%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    CRYPTOCEANは、暗号化通貨、デジタル金融資産、伝統的な金銭などの金融サービスと技術サービスを組み合わせたブロックチェーンベースのエコシステムです。生態系の中核は、CRYPTOCEANによって開発された処理プラットフォームです。

    合法性とKYC&AML手続きへの準拠 エコシステムのユーザーの個人口座に金額を入金 エコシステムのユーザーアカウントにリンクされたプラスチックカードの問題 法定通貨、暗号通貨またはスマートアカウントへのプラスチックカードのバインド エコシステムから銀行口座、または第三者プラスチックカードへの資金の引き出し 法定通貨、デジタル資産、暗号通貨を任意の組み合わせで即座に交換できる可能性 モバイルデバイスを使用した非接触支払い モバイル、デスクトップ、インターネットアプリを使用した支払いと転送 インスタントメッセンジャーによる支払いと転送:Whatsapp、Viber、電報、Wechat、カカオなど B2B、B2C、B2Gアプリケーションサービスの実装のために、暗号通貨をFiatに瞬時に変換する可能性 現金を現金口座に移転するオンラインショップ取引暗号通貨 世界中のレストラン、カフェ、ガソリンスタンド、貿易店での暗号通貨による支払いの可能性 州税、義務および手数料などの暗号通貨支払い。手形の定期的な自動支払いの可能性 ウォレット、アカウント、および鍵の管理は、クライアントの手元にあり、セキュリティが強化される

    これらのすべてが、統合された、十分に保護されたブロックチェーンベースの環境で処理されます。

    このエコシステムは、CRYPTOCEANチームによって開発されたサービスとパートナーのサービスを提供し、「win-winの原則」に従って協力します。

    チーム すべてを見る

    Yury Myshinsky
    Yury Myshinsky
    FOUNDER AND CEO
    Alexander Volkorezov
    Alexander Volkorezov
    OPERATIONS DIRECTOR (COO)
    Andrey Fedotov
    Andrey Fedotov
    TECHNOLOGY DIRECTOR (CTO)
    Ilya Sorokin
    Ilya Sorokin
    BUSINESS PARTNER RELATIONS DIRECTOR
    Igor Romanov
    Igor Romanov
    CORE BLOCKCHAIN DEVELOPER
    Roman Dagayev
    Roman Dagayev
    LEAD FRONTEND-DEVELOPER

    人気STO/ICO記事

    • 【8/3】世界ニュースまとめ - ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか、マネーグラム、決済システムxRapidを使い利益アップを狙う、ステーブルコインの用途は取引から決済に拡大されていく

      2日のコインテレグラフの報道によると、ビットポイント・ジャパンの小田社長が口頭でハッキング被害を受けた台湾のユーザーに賠償すると約束したという報道に対し、ビットポイント・ジャパン側は「賠償の約束は事実ではなく、海外交換所の流出詳細についてはまだ、調査中である」と否定していることが分かった。先日、ビットポイント台湾の郭雅寧(グオ・ヤーニン)CEOは小田社長がジャパン側のハッキング被害で発生した台湾のユーザーの被害に対して賠償することを口頭で約束したと明らかにしていた。7月12日、ビットポイン・ジャパンは約30億円のハッキング被害を受け、同じシステムを台湾側も被害が発生したと思われる。台湾側は、
    • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

      暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7
    • コイン相場アプリで仮想通貨をウォッチリストに追加する方法3つ

      コイン相場ユーザーの皆様、コイン相場のウォッチリストから仮想通貨を追加する方法が3つもあるということをご存知ですか?気になる仮想通貨をどういった方法で追加するかはユーザー様次第ですが、状況によって効率よく追加する方法を考え、追加を簡単にお試しください。コイン追加・削除(編集)の画面で編集していたけど、追加したい仮想通貨がある場合は以下のような手順で簡単に追加できます。<ins></ins>ウォッチリストを見ていた際に、追加したい仮想通貨がある場合は以下の手順が効率がいいですのでお試しください。<ins></ins>銘柄の名前を覚えていないが確かにあの取引所にあったな見たらすぐ思い出せると思った