TransCrypt - 分散型決済プラットフォーム

TransCryptは、仮想通貨トランザクション、トークンとアルトコインの購入、サービスの支払いなど、すべての金融取引のための単一の窓口です。お気に入りのインスタントメッセンジャーのインターフェースで一括して行われます。 支払い通貨について心配する必要はなくなりました。ビルトインコンバージョンは、要求された金額を指定された通貨に自動的に交換します。 独自のブロックチェーンとTizerの仮想通貨のおかげで、TransCryptトランザクションは即座かつ実質的に無料で実行されます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
TSR
開始日時
2018-03-05
終了日時
2018-04-02
初回価格
1 TSR = 0.002 ETH
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of TransCrypt ?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームERC20
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, Fiat
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

問題

今日利用可能な暗号化技術は、しばしば高価で煩雑です。各タスクを解決するには、別個の製品または仲介が必要です。これは高度なユーザーのプロセスを大幅に複雑にし、幅広いユーザーにアクセスできなくします。

ソリューション

TransCryptは独特の決済システムを開発しました。これは、仮想通貨の取り扱いが複雑であることを忘れることができます。通常の銀行インターフェースに精通している人なら誰でも仮想通貨と伝統通貨を簡単に送受信できます。メッセージ、直感的な操作と画面、インスタント転送と内蔵変換、Tizer内の任意の金額の無制限の循環 - TransCryptアプリのダウンロードで簡単にアクセスできます。

アプリケーションの機能

TransCryptは、お金の流通のすべての要素を結びつける単一のエコシステムです。

TransCryptは: マルチ通貨ウォレット、 マルチ通貨のTizerブロックチェーン、 チャットで直接仮想通貨と伝統通貨の高速取引、 一般的なインスタントメッセンジャーとの統合、 各ユーザの固有のIBANアカウント、 即時国境を越えた取引、 リンクされたプラスチックカードまたは仮想カードを使用して任意の時点で支払いを行う、 暗号通貨やデジタル資産への投資、 プロのトレーダーのための交換注文のプレースメント、 b2b支払いとPOSシステム。

仕組み

TransCryptエコシステムには、電子マネー財布(欧州EMIライセンス)の独自のプラットフォームである軽量のマルチ仮想通貨財布、およびTizerブロックチェーンプラットフォームが含まれます。 TransCryptプラットフォームは、オープンバンキングの原則で構築されており、取引所、銀行施設、ブロックチェーンネットワークなどの他の金融機関のサービスの統合が含まれます。 TransCryptオープンAPIは、誰もが独自のサービスやアプリケーションを作成するために使用できます。これにより、サービス品質を大幅に向上させ、トランザクションをより安価で迅速に行い、新しいサービスを受け取り、提供することができます。

ユニークなもの

われわれは伝統通貨と仮想通貨の世界を結びつけます。トークンやその他のデジタル資産への投資、伝統通貨や仮想通貨のトランザクションと関係なく、すべての金融取引のための普遍的なプラットフォームを作成します。当社は製品やサービスの販売および購入のためのプラットフォームを提供します。

主な利点

  • これまでに使ったことがない人でも、仮想通貨を使用して作業できる便利なアプリケーションです。
  • 選択されたインスタントメッセンジャーのチャットで直接通貨を送受信。
  • 任意の通貨でのすべての取引のための1つのアプリ、組み込みのインスタント通貨換算。
  • 小規模投資家のための低エントリ閾値、ネットワーク内の即座のトランザクション、ネットワーク内の自由なトランザクション。
  • 低い手数料。

現時点では、チャットで仮想通貨の送受信を行い、通貨を変換し、QRコードまたは他のウォレットからウォレットを補充する機能を持つBetaバージョンがあります。

チーム

Nick Machulis
Nick Machulis
CEO
Den Dubov
Den Dubov
CTO
Lena Deshpit
Lena Deshpit
PR & marketing
Alexander Volosovik
Alexander Volosovik
Director of DevOps

人気STO/ICO記事

  • プラストークン、BTCを大量売りか・・BTC低迷の1つの原因かもしれない

    暗号資産メディアCointelegraphによると、暗号資産投資会社プリミティブ·ベンチャーズの創業メンバーであるDovey Wan氏がポンジ詐欺プロジェクトのプラストークン集団が少なくとも20万BTC(約2120億円)を集めたとを通じて述べたことが分かった。また、同氏はセキュリティ監査会社Peckshieldの分析資料を引用し、約1,000BTC以上がBittrexとHuobiなどに流れ、7月の上旬から売りが始まっていたと主張している。<ins></ins>Wan氏によると、2ヶ月ほど前にプラストークン組織の一部は警察に捕まったが、騙し取った仮想通貨はウォレットのカギを持っているすべての人
  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7
  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他