Sint - 世界最速の仮想通貨とフィアットの交換

Sintは即座の交換トランザクションを提供する最初のプラットフォームです:仮想通貨から法定通貨へと法定通貨から仮想通貨へ。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SIN
開始日時
2018-05-01
終了日時
2018-05-21
最低目標
1,000,000 USD
最高目標
12,000,000 USD
初回価格
1 SIN = 0.000004 ETH
トークン供給数
8,200,000,000
公式サイトへ Owner of Sint?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, Fiat
供給率82%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • May 1 – 7 - 30%
  • May 8 – 14 - 20%
  • May 15 – 21 - 10%

概要

Sintは、即座の交換トランザクションを提供する最初のプラットフォームです:仮想通貨から法定通貨へ、もしくは法定通貨から仮想通貨へ、完全にブロックチェーン技術に基づいています。    Sintは仮想通貨の交換ポイントとして機能します。    その主な目的は、十分に確立された市場ポジションを持つ投資家と既存の取引所との間の資産の流れへの入り口になることです。 一般的なオンライン支払い方法をすべてサポートしているため、投資家は非常に短時間で法定通貨から仮想通貨へ変換することができます、逆もまた同様。

チーム すべてを見る

Denis Farnosov
Denis Farnosov
Advisor
Shams Hassan
Shams Hassan
Advisor
Bogdan Fiedur
Bogdan Fiedur
Advisor
Bas Geelen
Bas Geelen
Advisor
Rafał Niewiadomski
Rafał Niewiadomski
CEO and Co-Founder
Paweł Augustyniak
Paweł Augustyniak
COO and Co-Founder

人気STO/ICO記事

  • 人民元、11年ぶりに1ドル=7元台へ・・ビットコイン急騰に関係か

    ビットコインの相場は8月4日の午後23時30分頃より上昇し始め、8月5日午後12時頃、3週間ぶりの高値を更新した。ビットコインの急騰の理由と考えられるのは中国の通貨である、人民元が5日、1ドル=7元台に下落したことが大きな理由として考えられる。人民元の急落により、資産の退避先としてビットコインや金を買う投資家が急増し、相場に影響を与えていると見られてる。人民元急落の背景としては、トランプ米大統領が中国に対し新たな追加関税を来月から発動する方針を示したことから、中国政府が元安誘導を容認していると予測される。※米輸入品ほぼ全てに制裁関税を広げる「第4弾」を9月に発動する方針を表明している。<ins
  • 【8/3】世界ニュースまとめ - ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか、マネーグラム、決済システムxRapidを使い利益アップを狙う、ステーブルコインの用途は取引から決済に拡大されていく

    2日のコインテレグラフの報道によると、ビットポイント・ジャパンの小田社長が口頭でハッキング被害を受けた台湾のユーザーに賠償すると約束したという報道に対し、ビットポイント・ジャパン側は「賠償の約束は事実ではなく、海外交換所の流出詳細についてはまだ、調査中である」と否定していることが分かった。先日、ビットポイント台湾の郭雅寧(グオ・ヤーニン)CEOは小田社長がジャパン側のハッキング被害で発生した台湾のユーザーの被害に対して賠償することを口頭で約束したと明らかにしていた。7月12日、ビットポイン・ジャパンは約30億円のハッキング被害を受け、同じシステムを台湾側も被害が発生したと思われる。台湾側は、
  • Aeron2周年記念: CryptoBonusMilesが一般に普及、Aeron Gamesおよびその他のハイライト

    2年以上に渡り、Aeronは一般航空の安全性と利便性向上のためのソフト開発を成功させてきました。昨年は重要な出来事が非常に多く、中でも一般航空の安全性を強化するAeron Pilotアプリケーションの新規リリースや、大半の国際的な航空会社によるロイヤルティプログラムを統合し、利用者がフライト1マイルごとに暗号通貨報酬を獲得できるCryptoBonusMilesのローンチなどは特に大きなものでした。また、Aeron(ARN)トークンの利用例の拡充にも大きな進展が見られ、ARNのBinance Chainへのマイグレーション、主要なEOS取引所への上場によるEOSエコシステムへの統合などを行いまし