Tokpie - P2P仮想通貨-フィアットおよびスワップ取引

TOKPIEは、支払い方法を自由に使用して最高の価格を提供するリアルタイムのオークションを通じて、安全かつ効率的に金銭または暗号化のための暗号資産を誰でもどこでも購入し販売することができるユニークなピアツーピア取引です。 TOKPIEは、あらゆるスキルレベルのトレーダーに、さまざまなユースケースで無限のスケーラビリティを備えた洗練された機能を提供します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
TKP
開始日時
2018-05-01
終了日時
2018-07-05
最低目標
500 ETH
最高目標
25,000 ETH
初回価格
1 TKP = 0.0005208 ETH
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Tokpie?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率65%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • June 01, 2018 to June 7, 2018 - 15%
  • June 08, 2018 to June 14, 2018 - 10%
  • from June 15, 2018 to June 21, 2018 - 5%
  • June 22, 2018 to June 28, 2018 - 3%
  • June 29, 2018 to July 5, 2018 - 0%

概要

TOKPIEは、世界中の人々があらゆる地方の通貨やアルトコインに指定された透明な価格であらゆる暗号資産を売買するのを支援する独自のP2P 仮想通貨-法定通貨と取引です。

さまざまな場所、通貨ペア(仮想通貨/法定通貨と仮想通貨/仮想通貨)、支払い方法を独自の取引可能な商品にカプセル化することで、TOKPIEはピアツーピアのリアルタイムオークション、価格チャートギア、価格アラートなどの高度なツールをサポートします。 伝統的なタイプのP2P仮想通貨取引所によって提供することはできません。

上記のすべては、新しく経験豊富なトレーダーが、地方の通貨や他の暗号資産を使用して世界中どこでも仮想通貨を購入して販売する最も安く、安全で最も効率的な方法を得るのを助けます。

チーム すべてを見る

Vasilii Silin
Vasilii Silin
CEO/Co-founder
Oleg Kovalev
Oleg Kovalev
CTO/Co-founder
Andrey Pak
Andrey Pak
CTO/Co-founder
Ekaterina Diukareva
Ekaterina Diukareva
CSO/Co-founder
Firmansyah Dolot
Firmansyah Dolot
Branding and WEB animation
Vina Kharaz
Vina Kharaz
Social media and project management

人気STO/ICO記事

  • BinanceのKYCが流出されたという情報が韓国を中心に拡散・・フィッシングサイトから収集された可能性も

    韓国の暗号資産メディアcoincredibleは、BinanceのKYC情報が流出された可能性があると7日報道した。同メディアによるとテレグラムのチャットルームを通じ、バイナンス取引所のKYCが流出されており、大きな問題になっている。チャットルームを作成したユーザーは7日の午前から数十名に達するKYC認証写真とパスポート情報を共有しており現在も共有を続けているとのこと。今まで、共有された情報は2018年2月21から24日までの情報が含まれていると同メディアは説明した。被害者の中には韓国人の被害者も多数いることが把握されている。しかし、Binance取引所の韓国管理者は共有されているデータはBi
  • 【8/3】世界ニュースまとめ - ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか、マネーグラム、決済システムxRapidを使い利益アップを狙う、ステーブルコインの用途は取引から決済に拡大されていく

    2日のコインテレグラフの報道によると、ビットポイント・ジャパンの小田社長が口頭でハッキング被害を受けた台湾のユーザーに賠償すると約束したという報道に対し、ビットポイント・ジャパン側は「賠償の約束は事実ではなく、海外交換所の流出詳細についてはまだ、調査中である」と否定していることが分かった。先日、ビットポイント台湾の郭雅寧(グオ・ヤーニン)CEOは小田社長がジャパン側のハッキング被害で発生した台湾のユーザーの被害に対して賠償することを口頭で約束したと明らかにしていた。7月12日、ビットポイン・ジャパンは約30億円のハッキング被害を受け、同じシステムを台湾側も被害が発生したと思われる。台湾側は、
  • 北朝鮮、仮想通貨取引所などを35回攻撃し、最大2,140億円を違法に得た疑い

    朝日新聞は、本日(5日)国連安全保障理事会の専門家パネルの報告書を引用し「北朝鮮が2015年12月から今年の5月まで少なくとも17か国の金融機関と仮想通貨取引所を対象に35回にわたり、サイバー攻撃で最大20億ドル(約2,140億円)を違法に得ていた疑いがある」と報道した。同メディアは「北朝鮮がサイバー攻撃をしたと推定される国家にはインド、チリ、ナイジェリアなど多くの地域が含まれている」と述べ、大量破壊兵器(WMD)の開発資金を調達するため攻撃した」と分析した。報告書によると2017年以降、北朝鮮の仕業だと思われる15件の仮想通貨取引所攻撃があり、この中で10件は韓国の取引所を狙っていたと把握さ