Coinxes - P2P仮想通貨取引所

Coinxesプラットフォームは、ユーザーが世界中のどこからでも暗号通貨を売買することを可能にするデジタル取引所です。普通の取引所とは異なり、他の取引所で登録されたユーザーが経験したギャップを埋めるより多くの機能を誇っています。 たとえば、Coinxesは完全に分散化されているため、ユーザーはより安全な環境で暗号通貨をピアツーピア(P2P)で売買することができます。 クライアントファンドはプラットフォームに保持されていないため、ハッキングや最終的なファンド損失の影響を受けません。

ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
CXG
開始日時
2019-04-01
終了日時
2019-08-31
最低目標
1,000,000 USD
最高目標
21,600,000 USD
初回価格
0.2000 USD
トークン供給数
117,000,000
公式サイトへ Owner of Coinxes?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC
供給率65%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

私たちのビジョンは、暗号トレーダーが、場所、言語、支払い方法に基づく制限なしに、そして入金、取引、引き出しのために何度も請求されることなく、暗号通貨を売買できるプラットフォームを作ることです。

ICO発行者がそこでトークン/コインを売ることができるようにするため、他の人が自分のハードキャップを達するため、そしてICO投資家を取得することを心配する必要がありません。

ICO投資家にとって、場所、支払い方法、言語の面で制限なく、希望するプロジェクトに投資できるようになります。

また、ブロックチェーンプロジェクトは、トークンまたはコインを取引所に上場し、直接他の暗号通貨や法定通貨に交換できます。

チーム すべてを見る

Olawale Adeleye
Olawale Adeleye
Co-Founder & COO
Paul Thomas
Paul Thomas
Co-founder
Nick Skull
Nick Skull
Rohit Kumar Sharma
Rohit Kumar Sharma
Anoop Kumar Yadav
Anoop Kumar Yadav
Arvind Tyagi
Arvind Tyagi
CTO

人気ICO記事

  • 新機能「みんなのエアドロ」リリース!「コイン相場」開発週報 Vol.26

    開発アップデート「コイン相場」開発週報 Vol.26今日は平成最後のクリスマスですね!皆さん、昨日は素敵なイブを過ごすことができましたか?今年も残すところあと7日・・・あっという間にお正月ですね!ってことでCOINJINJA社も平成最後のお正月を盛り上げるべく新機能をリリースします!誰でもAirdropができるdApp「みんなのエアドロ」が完成しました。次回アップデートからピックアップ内に新dAppが出現します。お正月企画でお年玉をばらまいてくれる粋な方をお待ちしています!dApp SDKにれ、dAppがアプリのテーマに基づいて昼モードまたは夜間モードのインターフェースを表示できるように改善し
  • 「コイン相場」開発週報 Vol.28

    2019年の1月も半分以上経っております。仮想通貨市場全体が下がっておりますが今年もコイン相場アプリはこれまで以上に進化していきますのご期待ください。今月は主に今までの機能を最適化する作業をおこないました。ニュースタブにTOPページが新設されます。今までユーザーは最新情報を得るために多数のページにアクセスする必要がありました。今回、アップデートされるTOPページではよりスピーディーな情報獲得ができます。また、速報スクリーンショットシェア機能が追加され、SNSで共有できるようになります。一般モードと夜間モード両方で目に負担がかからないような色を選別し、調整いたしました。待ち時間を減らすため、ポー
  • エンジニア勉強会を開催しました!「コイン相場」開発週報 Vol.25

    世の中はすっかり年末ムードですね!飲み会三昧で体調は崩していませんか??かくいうCOINJINJAはというと、今日はみんなで忘年会です!余談ですが中国語の「乾杯(カンペイ)」はグラスを空にするまで飲み干すという意味だそうです。(気をつけましょうw)説明会はホントに最初だけで、メインコンテンツは実際に動かしてみる所。弊社のCEO徐楽楽が、その場でコードを書いて、一応公開する所まで1時間弱でいきました。エンジニアの方からすると簡単に出来そうに見えたようですが、非エンジニアからすると簡単では。。最後には簡単なアイディアソンをやって締め括りとなりました。社内コミュニケーションへのトークン導入や飲み会で