Cryptocean - エコシステム、プロセス、暗号通貨取引所

私たちは、暗号通貨の購入、販売、交換、統合を普遍的に行うサービスを提供しています。 あなたの銀行カード/口座で暗号通貨を購入することができます。サービス内でお客様の金額を取得し、合法的にカードまたは銀行口座に振り込むことができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
CRON
開始日時
2018-05-15
終了日時
2018-06-15
最低目標
25,000,000 USD
最高目標
70,000,000 USD
初回価格
1 CRON = 0.01 USD
トークン供給数
8,500,000,000
公式サイトへ Owner of Cryptocean?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプUtility
参加可能通貨BTC, ETH, LTC, BCH, BTG, DASH, Fiat
供給率85%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    CRYPTOCEANは、暗号化通貨、デジタル金融資産、伝統的な金銭などの金融サービスと技術サービスを組み合わせたブロックチェーンベースのエコシステムです。生態系の中核は、CRYPTOCEANによって開発された処理プラットフォームです。

    合法性とKYC&AML手続きへの準拠 エコシステムのユーザーの個人口座に金額を入金 エコシステムのユーザーアカウントにリンクされたプラスチックカードの問題 法定通貨、暗号通貨またはスマートアカウントへのプラスチックカードのバインド エコシステムから銀行口座、または第三者プラスチックカードへの資金の引き出し 法定通貨、デジタル資産、暗号通貨を任意の組み合わせで即座に交換できる可能性 モバイルデバイスを使用した非接触支払い モバイル、デスクトップ、インターネットアプリを使用した支払いと転送 インスタントメッセンジャーによる支払いと転送:Whatsapp、Viber、電報、Wechat、カカオなど B2B、B2C、B2Gアプリケーションサービスの実装のために、暗号通貨をFiatに瞬時に変換する可能性 現金を現金口座に移転するオンラインショップ取引暗号通貨 世界中のレストラン、カフェ、ガソリンスタンド、貿易店での暗号通貨による支払いの可能性 州税、義務および手数料などの暗号通貨支払い。手形の定期的な自動支払いの可能性 ウォレット、アカウント、および鍵の管理は、クライアントの手元にあり、セキュリティが強化される

    これらのすべてが、統合された、十分に保護されたブロックチェーンベースの環境で処理されます。

    このエコシステムは、CRYPTOCEANチームによって開発されたサービスとパートナーのサービスを提供し、「win-winの原則」に従って協力します。

    チーム すべてを見る

    Yury Myshinsky
    Yury Myshinsky
    FOUNDER AND CEO
    Alexander Volkorezov
    Alexander Volkorezov
    OPERATIONS DIRECTOR (COO)
    Andrey Fedotov
    Andrey Fedotov
    TECHNOLOGY DIRECTOR (CTO)
    Ilya Sorokin
    Ilya Sorokin
    BUSINESS PARTNER RELATIONS DIRECTOR
    Igor Romanov
    Igor Romanov
    CORE BLOCKCHAIN DEVELOPER
    Roman Dagayev
    Roman Dagayev
    LEAD FRONTEND-DEVELOPER

    人気STO/ICO記事

    • バイナンス、Libraの類似プロジェクトVenusを発表

      世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが「Libra」に類似した独自の地域版仮想通貨「Venus」を19日発表した。バイナンスはVenusプロジェクトを始める背景として「金融市場は金融ヘゲモニー(覇権)が長い時間ほしいままにしてきた」と述べ、「市場を先取りした機関が独占的な利益を得てきた」と指摘した。そしてバイナンスは全世界の国々や地域で規制当局と積極的にコミュニケーションをとり、システムを構築して来たことや様々な国でブロックチェーンプラットフォームを運営し、プラットフォームの暗号資産BNBの経験などについても説明した。バイナンス側は「ステーブルコインを安全に発行・運営できるパブリックブロックチ
    • LTC、ダスティング攻撃・・被害を受けたウォレットは約30万個と推測

      暗号資産メディアCointelegraphはブロックチェーン・データ分析企業GlassnodeのTwitterを引用し、「先日(9日)、バイナンスが時価総額5位のライトコイン(LTC)、50個のウォレットを対象に『ダスティング攻撃』があった」と発表したが、実際に被害を受けたのは29万4582アドレスであると報道した。<blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ko"><p lang="en" dir="ltr">The recent  dusting attack on  affected 294,582 addresses. During o
    • MACD(マックディー)とその分析ツール「Proアラート」について

      投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。MACDはチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。MACDは「Moving Average Convergence & Divergence」の略1979年にGerald Appelによって開発された指標です。日本語で表現しますと「移動平均線の収束&拡散」でさらに分かりやすく説明しますと「」という意味です。複数の移動平均線は離れたら(Divergence)