MyCryptoBank - オンラインバンク

MyCryptoBankは、ブロックチェーン技術に基づく電子銀行システムに登録されているすべてのクライアントが、銀行業務全般、仮想通貨を伴う追加業務(支払い処理、デビットカード、クレジット、安価な投資商品、クレジットセキュリティなどの仮想資産の使用など)を可能にするオンライン銀行です。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
MCB
開始日時
2018-07-16
終了日時
2018-10-14
最低目標
3,000,000 USD
最高目標
100,000,000 USD
初回価格
1 MCB = 0.28 USD
トークン供給数
517,000,000
公式サイトへ Owner of MyCryptoBank?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEOS
タイプEOS
参加可能通貨ETH, BTC, EOS, LTC, USD, BCH
供給率65%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

地球のグローバル化は、人口全体の関係のグローバル化をもたらします。今日、デジタルマネーの需要は非常に高いです。インターネットデジタル通貨は、インターネット、アクセス可能な通貨、銀行口座を持たないすべての人々の資金へのアクセスを支援し、地理的な制限なしに資金を迅速かつ安価に移転することができます。先進国でのスマホの人気と発展途上国での拡大のスピードは、MyCryptoBankのような企業が銀行の完全なプラットフォームのサービスを提供することを可能にします。スマホとデビットカードだけで使用できます。

世界のデジタルバンキングの人気は減速しません。快適性、スピード、安全性は、ユーザーにとって付加的な利点であるだけでなく、近代的な関係「クライアント銀行」の標準要件です。

銀行事業の将来を決める方向の1つは、ブロックチェーン技術に基づく銀行業務です。この技術は、従来の自動クリアリングハウス(ACH)に比べて、はるかに高速で、効率的で、誤りの少ないものです。 ブロックチェーンは、銀行の時間とコストを節約し、ユーザーの支払いを実質的に瞬時に行うことができます。

スマートコントラクトは、ブロックチェーンバンキングの最も興味深い要素の1つです。スマートコントラクトは、安全で紛争のない方法で、お金、株などの資産を変更することができます。伝統的な契約と同様に、スマートコントラクトでは契約のルールとそのパフォーマンスに対する罰則が定められています。しかし、最も重要なことは、このスマートコントラクトが義務の遵守を自動的に満たすことです。

例えば、私たちはすでに以下の解決策があります:

  • 現金で仮想通貨を購入できる独自の暗号ターミナル(ATM暗号)を開発しました。
  • 仮想通貨取引所を作りました。
  • 為替取引のターミナルを持っており、流動性プロバイダーと契約しています。
  • 仮想通貨+ Leiで働くために2つのライセンスを取得ました。
  • フィリピンでは、経済特区の担当者と会い、仮想通貨の使用許諾を得ました。

チーム すべてを見る

Yuriy Bolshukhin
Yuriy Bolshukhin
Co-Founder Chief Operating Officer
Vladimir Bronnikov
Vladimir Bronnikov
Chief officer of the planning department
Mohanraj Tamilarasu
Mohanraj Tamilarasu
Director of cards and payments department
Nikolay Panchenko
Nikolay Panchenko
Co-Founder Chief Financial Officer
Kyle Headley
Kyle Headley
Customer Service Strategy Director
Anton Sivoded
Anton Sivoded
Co-Founder Chief Visionary Officer

人気ICO記事

  • Huobi(フォビ)の「成行注文」はココが違う!注文方法と手順を解説

    Huobi Japanは、世界で展開する大手仮想通貨企業Huobiが2019年1月にオープンした日本の取引所です。(フォビジャパン株式会社、 )Huobi Japanは金融庁に正式に登録されている仮想通貨交換業者で、2013年の本社(Huobi Global)設立以降培ってきた堅牢なセキュリティも特徴です。Huobi(フォビ)の取引プラットフォームには、売買したい価格を入力して注文する「指値(さしね)注文」と、希望価格を入力せずに注文する「成行(なりゆき)注文」の2つがあります。一長一短の注文方法ですが、次のような特徴があります。売買の成立を最優先したいときは成行注文、今より有利な価格で売買
  • 【ポレット(pollet)とは】貯めたポイントを店舗決済で使えるvisaプリペイドカード

    ポイントをチャージできるVisaのプリペイドカードポレット(pollet)をご存知でしょうか。ポレットとはポイントサイトなどで貯めたポイントをvisaプリペイドカードと連携して、ネットやリアル店舗のお買い物で決済利用できるサービスです。のを運営する、の鈴木社長の会社なんです。所在地もオズビジョンと同じですね。を知る人からすると、非常に信頼できる点じゃないでしょうか。事業的にも、からの送客効果、ハピタスポイントの利用用途の拡大など、相乗効果がありそうですね。があります。まとまった量のポイントであれば利用し易いですが、数円単位の細かいポイントだとお買い物には使いにくいですよね・・・そん
  • DeFiを理解する:ブロックチェーン注目トピックの良記事まとめvol.1

    2019年04月16日追記: おすすめ記事を1つ追加しました。直近の半年で話題になり、注目を集めているトピックの1つが #Defi 分散型金融だろう。何より、実際自身の手で動かしてみることが出来るプロジェクトが多いという意味で、誰にでもとっつきやすいテーマである。クリプトトレーダーやdAppsゲーマーの皆さんのように、基本的なブロックチェーンの理解がある方々だと理解はきっと難しくないはずだ。尚、Editors Choice by CoinViewは、注目トピックの概要を網羅的に理解出来る記事を紹介することで、全体像と概況をスムーズに掴む一助になればという試みだ。直接レポートを書くという事はせず