MyCryptoBank - オンラインバンク

MyCryptoBankは、ブロックチェーン技術に基づく電子銀行システムに登録されているすべてのクライアントが、銀行業務全般、仮想通貨を伴う追加業務(支払い処理、デビットカード、クレジット、安価な投資商品、クレジットセキュリティなどの仮想資産の使用など)を可能にするオンライン銀行です。

ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
MCB
開始日時
2018-07-16
終了日時
2018-10-14
最低目標
3,000,000 USD
最高目標
100,000,000 USD
初回価格
1 MCB = 0.28 USD
トークン供給数
517,000,000
公式サイトへ Owner of MyCryptoBank?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEOS
タイプEOS
参加可能通貨ETH, BTC, EOS, LTC, USD, BCH
供給率65%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

地球のグローバル化は、人口全体の関係のグローバル化をもたらします。今日、デジタルマネーの需要は非常に高いです。インターネットデジタル通貨は、インターネット、アクセス可能な通貨、銀行口座を持たないすべての人々の資金へのアクセスを支援し、地理的な制限なしに資金を迅速かつ安価に移転することができます。先進国でのスマホの人気と発展途上国での拡大のスピードは、MyCryptoBankのような企業が銀行の完全なプラットフォームのサービスを提供することを可能にします。スマホとデビットカードだけで使用できます。

世界のデジタルバンキングの人気は減速しません。快適性、スピード、安全性は、ユーザーにとって付加的な利点であるだけでなく、近代的な関係「クライアント銀行」の標準要件です。

銀行事業の将来を決める方向の1つは、ブロックチェーン技術に基づく銀行業務です。この技術は、従来の自動クリアリングハウス(ACH)に比べて、はるかに高速で、効率的で、誤りの少ないものです。 ブロックチェーンは、銀行の時間とコストを節約し、ユーザーの支払いを実質的に瞬時に行うことができます。

スマートコントラクトは、ブロックチェーンバンキングの最も興味深い要素の1つです。スマートコントラクトは、安全で紛争のない方法で、お金、株などの資産を変更することができます。伝統的な契約と同様に、スマートコントラクトでは契約のルールとそのパフォーマンスに対する罰則が定められています。しかし、最も重要なことは、このスマートコントラクトが義務の遵守を自動的に満たすことです。

例えば、私たちはすでに以下の解決策があります:

  • 現金で仮想通貨を購入できる独自の暗号ターミナル(ATM暗号)を開発しました。
  • 仮想通貨取引所を作りました。
  • 為替取引のターミナルを持っており、流動性プロバイダーと契約しています。
  • 仮想通貨+ Leiで働くために2つのライセンスを取得ました。
  • フィリピンでは、経済特区の担当者と会い、仮想通貨の使用許諾を得ました。

チーム すべてを見る

Yuriy Bolshukhin
Yuriy Bolshukhin
Co-Founder Chief Operating Officer
Vladimir Bronnikov
Vladimir Bronnikov
Chief officer of the planning department
Mohanraj Tamilarasu
Mohanraj Tamilarasu
Director of cards and payments department
Nikolay Panchenko
Nikolay Panchenko
Co-Founder Chief Financial Officer
Kyle Headley
Kyle Headley
Customer Service Strategy Director
Anton Sivoded
Anton Sivoded
Co-Founder Chief Visionary Officer

人気ICO記事

  • コインを自ら上場させ、無制限の取引手数料を手に入れる長期投資方法「NY発、新興取引所BitMart」

    現在、ビットコインを代表とした仮想通貨の価値が高騰している中、多くの投資家の方々は仮想通貨投資に大きな可能性を見出しています。最近では、Fcoinが開発した「トランスフィーマイニングモデル」が多くの投資家の注目を集めました。このモデルにより、投資家自身がプロジェクト掲載(上場)プロセスに参加し、取引手数料を得ることができるようになりました。BitMartは、そのようなマイニングモデルに投資家のニーズがあると確信しております。そこで、BitMartはミッションX (Community Listing Market)をスタートします!ユーザーは、好きなプロジェクトに対しBMXによるサポート(投資)
  • 【7月5週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報

    先週は順調に新機能の開発が進みました。今週から新しいUIになっております。AirDrop Qや自動売買は「ピックアップ」ページよりご利用になれます。ウォレット機能はテスト段階に入りました。もうしばらくお待ちください。相場データの整理と安定性と速度の強化も引き続き行っております。 ウォッチリストの表示を3段階に分けました。ご自身に合う表示方法を選択してください。 Vechain(ウォレット) CoinPark(ウォッチリスト)
  • なんで幻冬舎が仮想通貨メディアを?:次のメディアの形を模索する『あたらしい経済』の設楽編集長に聞いてみた

    「あたらしい経済」は出版社である幻冬舎が立ち上げた、仮想通貨・ブロックチェーンに関するWebメディアだ。幻冬舎については、今や、カリスマ編集者・箕輪厚介氏や社長である見城徹氏の名前の方が有名になってしまったかもしれない。仮想通貨という文脈では、佐藤航陽『お金2.0』・落合陽一『日本再興戦略』を NewsPicksと共に出版していると言った方が分かりやすいかもしれない。この文脈を辿れば、幻冬舎が仮想通貨・ブロックチェーンメディアを立ち上げるのは不自然では無いかもしれない。ただ、誤解を恐れずに言えば「仮想通貨に関連するメディア業」は、個人のブロガーが最も利益を上げやすいジャンルであり、法人メディア