MyCryptoBank - オンラインバンク

MyCryptoBankは、ブロックチェーン技術に基づく電子銀行システムに登録されているすべてのクライアントが、銀行業務全般、仮想通貨を伴う追加業務(支払い処理、デビットカード、クレジット、安価な投資商品、クレジットセキュリティなどの仮想資産の使用など)を可能にするオンライン銀行です。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
MCB
開始日時
2018-07-16
終了日時
2018-10-14
最低目標
3,000,000 USD
最高目標
100,000,000 USD
初回価格
1 MCB = 0.28 USD
トークン供給数
517,000,000
公式サイトへ Owner of MyCryptoBank?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEOS
タイプEOS
参加可能通貨ETH, BTC, EOS, LTC, USD, BCH
供給率65%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

地球のグローバル化は、人口全体の関係のグローバル化をもたらします。今日、デジタルマネーの需要は非常に高いです。インターネットデジタル通貨は、インターネット、アクセス可能な通貨、銀行口座を持たないすべての人々の資金へのアクセスを支援し、地理的な制限なしに資金を迅速かつ安価に移転することができます。先進国でのスマホの人気と発展途上国での拡大のスピードは、MyCryptoBankのような企業が銀行の完全なプラットフォームのサービスを提供することを可能にします。スマホとデビットカードだけで使用できます。

世界のデジタルバンキングの人気は減速しません。快適性、スピード、安全性は、ユーザーにとって付加的な利点であるだけでなく、近代的な関係「クライアント銀行」の標準要件です。

銀行事業の将来を決める方向の1つは、ブロックチェーン技術に基づく銀行業務です。この技術は、従来の自動クリアリングハウス(ACH)に比べて、はるかに高速で、効率的で、誤りの少ないものです。 ブロックチェーンは、銀行の時間とコストを節約し、ユーザーの支払いを実質的に瞬時に行うことができます。

スマートコントラクトは、ブロックチェーンバンキングの最も興味深い要素の1つです。スマートコントラクトは、安全で紛争のない方法で、お金、株などの資産を変更することができます。伝統的な契約と同様に、スマートコントラクトでは契約のルールとそのパフォーマンスに対する罰則が定められています。しかし、最も重要なことは、このスマートコントラクトが義務の遵守を自動的に満たすことです。

例えば、私たちはすでに以下の解決策があります:

  • 現金で仮想通貨を購入できる独自の暗号ターミナル(ATM暗号)を開発しました。
  • 仮想通貨取引所を作りました。
  • 為替取引のターミナルを持っており、流動性プロバイダーと契約しています。
  • 仮想通貨+ Leiで働くために2つのライセンスを取得ました。
  • フィリピンでは、経済特区の担当者と会い、仮想通貨の使用許諾を得ました。

チーム すべてを見る

Yuriy Bolshukhin
Yuriy Bolshukhin
Co-Founder Chief Operating Officer
Vladimir Bronnikov
Vladimir Bronnikov
Chief officer of the planning department
Mohanraj Tamilarasu
Mohanraj Tamilarasu
Director of cards and payments department
Nikolay Panchenko
Nikolay Panchenko
Co-Founder Chief Financial Officer
Kyle Headley
Kyle Headley
Customer Service Strategy Director
Anton Sivoded
Anton Sivoded
Co-Founder Chief Visionary Officer

人気STO/ICO記事

  • 【API連携】Liquid/リキッドのAPI連携方法 - 画像付きで分かりやすい!

    通常のAPIを使ったサービスではサーバーにAPIデータが残ってしまい、最悪の場合、第三者に勝手にトレードされ出金されるということも有り得ます。コイン相場ではを採用しており、APIキー情報はスマートフォン所有者の暗号化されたメモリ(Touch IDやFace IDでしか開けられない)に保存されるので、サービス運営側で悪用することはありません。スマホの盗難、第三者にTouch IDやFace IDが突破された場合のトラブルについては弊社では責任を負い兼ねますのでご了承ください。金融庁が認可した仮想通貨取引所「Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)」はQUOINE株式会社が運営する
  • 【API連携】bitbank/ビットバンクのAPI連携する方法 - 画像付きで分かりやすい!

    通常のAPIを使ったサービスではサーバーにAPIデータが残ってしまい、最悪の場合、第三者に勝手にトレードされ出金されるということも有り得ます。コイン相場ではを採用しており、APIキー情報はスマートフォン所有者の暗号化されたメモリ(Touch IDやFace IDでしか開けられない)に保存されるので、サービス運営側で悪用することはありません。スマホの盗難、第三者にTouch IDやFace IDが突破された場合のトラブルについては弊社では責任を負い兼ねますのでご了承ください。ビットバンクはした国内仮想通貨取引所です。され信頼性があり、セキュリティーが頑丈であると定評のある取引所なので仮想通
  • 【API連携】Binance/バイナンスとAPI連携する方法 - 画像付きで分かりやすい!

    忙しい投資家にとって仮想通貨投資における情報収集や取引を効率化したいという悩みはつきないでしょう。そんな時は取引所が公式に公開しているAPIを活用すると便利です。APIを使えば取引所にログインしなくても自身のポートフォリオ管理や取引、自動取引などを実行することが可能です。通常、APIの活用にはプログラミングスキルが必要ですが仮想通貨アプリののように簡単にAPI連携する方法もあります。ここでは仮想通貨引所最大手であるBinanceのAPI取得方法とのAPI連携方法をご紹介させていただきます。Binanceは2017年7月に中国で誕生した仮想通貨取引所です。仮想通貨取引所としては後発ですが、社