LocalCoin - 分散銀行および取引プラットフォーム(DEX)

LocalCoinは真の民主主義の分散型エコシステムで、誰もが自由に自分の望むことをし、自分が望むことを言うことができます。 LocalCoinは会社でも人でもなく、同じ自由主義的価値観と自由を共有する人々の共同体です。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
LLC
開始日時
2019-04-01
終了日時
2019-10-01
初回価格
0.5000 USD
トークン供給数
80,000,000
公式サイトへ Owner of LocalCoin?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームSeparate blockchain
タイプour own
参加可能通貨Others
供給率80%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

LocalCoinは、高性能でユーザーフレンドリーな分散型ブロックチェーンテクノロジのネットワークです。過去1年間で暗号通貨がかなり成長してきたため、持続可能性と収益性が保証されていると推測するのが妥当です。 LOCALCOINは、ブロックチェーン技術を採用したシンプルで安全かつ確実な資金調達および取引プラットフォームです。

LOCALCOIN、分散型暗号通貨市場の将来を形成することを目的とした分散型エコシステム。資金調達サイクルを最適化し、組織化された分散プラットフォームへのオープンアクセスを実現するために、LocalCoinは、愛好家、投資家、および起業家の間で契約メカニズムを提示します。

LocalCoinは非常に重要な時期に市場に登場します。私たちのビジョンは、世界をリードするビットコインおよびブロックチェーンテクノロジプロバイダになることです。インターネットが情報のためにしたのと同じように、コンセンサス技術が経済学に力を持っていると私たちは信じています。LocalCoinは、ブロックチェーンの革新を、インターネットを利用してサービスを提供するすべての業界に拡大しようとしています。銀行取引、証券取引所、宝くじ、投票、音楽、オークション、その他多くのサービスが、従来の集中型のカウンターパートにかかるコストのほんの一部で行われます。

ブロックチェーンの分散型プラットフォーム(DAO)をベースに、数回クリックするだけで、独自の暗号通貨交換ウェブサイトを運営できる、分散型の自律型組織を構築するためにこの市場に飛び込みました。

分散型ブロックチェーン技術の持続可能な開発により、LocalCoinは、ブロックチェーン資産の管理と流通に対して、より多くの新しいプロジェクトに対する重要なサポートを提供し、暗号通貨市場の生態学的地位の向上と促進に努めます。

チーム すべてを見る

Dmitry Khorushko
Dmitry Khorushko
Dev Team Leader
Alexey Sinkevitch
Alexey Sinkevitch
Art Director, Graphic, Web, UI/UX Designerr
Pavel Kryakvin
Pavel Kryakvin
Frontend developer
Igor Biliba
Igor Biliba
Backend developer
Yura Iov
Yura Iov
QA
Pavel Bokach
Pavel Bokach
Customer relationship manager

人気STO/ICO記事

  • ふるさと納税でビットコインを無料でゲットしよう!

    ビットコインが欲しいけど、相場変動が激しく絶対に溶かしてしまう気がするから買うのはやめよう!という方に朗報です。Coinpoinを通じ、ふるさと納税を行うと商品を買うことでビットコインが無料で手に入ります!ふるさと納税とは、応援したい自治体に寄附(商品の購入)をすることで、所得税や住民税の還付・控除が受けられる制度のことです。多くの自治体では地域経済活性化のために、色々な商品を用意しています!ふるさと納税に関するより詳しい情報・寄附可能額を調べるには以下の順番でお進みください。「でビットコインを貯める」→「詳細内容確認」→「商品購入」この順番でアクセスし、商品を購入することで記録(ログ)が残
  • 取引所診断ツール11月版アップデートについて(Liquidの手数料変更対応)

    今年の8月30日にリリースしまし「ぴったり仮想通貨取引所診断」が11月を迎えて新しくアップデートされましたのでお知らせします。アップデートの理由はLiquidの取引手数料の政策の変更によるものです。以前、Liquidの取引手数料はすべて無料でしたが現在、0.05%(QASHでの支払い)、0.1%(QASH以外での支払い)などの条件で手数料が変更がありました。頻繁に取引するトレーダーの中でテイカーでの取引を好む方々にはテイカー取引手数料が無料だったLiquidをオススメしていましたが、今回の手数料変更によりテイカー取引の国内最低手数料はGMOコインになりましたので反映させていただきました。また、
  • 中国のニュースで「バイナンスの上海事務所閉鎖」について集中報道・・支社ではなく外注チーム

    上海の代表的な地域放送「东方卫视」が25日、ニュース番組を通じ、バイナンスの上海事務所閉鎖に関する特集を報道した。報道で、リポーターが直接バイナンスの上海事務所として知られている場所を訪問した結果、事務所は閉鎖され社員が既に撤収した状態であることが確認できた。事務所の閉鎖は最近、当局の仮想通貨企業を対象にした取り締まりが原因と考えられる。しかし、同メディアは閉鎖されたバイナンスの上海事務所は支社ではなく、「外注チーム」で顧客応対担当や少数の開発者で構成されていたと伝えた。また、この事務所の人力を採用するプロセスでブロックチェーンメディア「BABI财经」という法人名が使われていたことも分かった。