SESSIA - 新世代ソーシャルネットワーク

SESSIAは、市場とソーシャルメディアを統合したモバイルアプリです。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
KICKS
開始日時
2018-05-16
終了日時
2019-07-30
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
50,000,000 USD
トークン供給数
94,684,513
公式サイトへ Owner of SESSIA?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率75%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

現在起こっている暗号革命は、小売業と顧客のコラボレーション方法を変え、想定されているのと同じくらい簡単で単純なものにします。分散化、暗号通貨、およびスマートコントラクトは、効果的な広告および宣伝のための新しいソリューションです。ブロックチェーン技術のすべての利点を利用して、Sessiaは企業と顧客の間の新しいコミュニケーション方法を提示します。それを「ソーシャルマーケットプレイス」と呼びます - ブランドが友人やフォロワーとクライアントの購入を共有することによって効果的なプロモーションツールを単に開発し、適用することができるエコシステム。    私たちの使命は、マーケティング機関や企業と顧客の間のソーシャルネットワークなど、所在地や起源に関係なく、仲介者を排除することです。 Sessiaでは、ブランドは顧客と直接コミュニケーションを取り、購入したり世界中の暗号化キャッシュバックを介して他の人に商品を宣伝したりすることで報酬を得ることができます。そのようなアプローチは、広告のために第三者に支払うことなしに、企業がマーケティングの予算を本当に新しい顧客をもたらした人々の間で分配することを可能にします。    真のグローバルサービスになるために、私たちは“ KICK”トークンを発行します。 Kicksは、各国の規制システムに限定されることなく、世界中で最速かつ最も安いキャッシュバックソリューションを提供するように設計されています。KICKは単なる別の暗号通貨ではなく、ソーシャルマーケットのすべての参加者間の相互作用の本当のツールです。その結果、実体経済における暗号通貨の使用を大幅に増やすことができます。

チーム すべてを見る

Narek Sirakanyan
Narek Sirakanyan
THE FOUNDER AND PRESIDENT OF SESSIA
Denis Kapralov
Denis Kapralov
Executive Director
Vlad Serdyuk
Vlad Serdyuk
Project manager
Dmitriy Lastov
Dmitriy Lastov
Senior programmer
Alexandra Komissarova
Alexandra Komissarova
Voice of Sessia
Alexandr Sotnikov
Alexandr Sotnikov
Lead programmer

人気STO/ICO記事

  • Coincheck、7月16日よりお客様情報の追加登録を実施 - 仮想通貨交換業協会の自主規制規則に基く措置

    暗号資産取引所、Coincheck社は7/9日、午後13時頃公式ブログ及びツイッターを通じ、一般社団法人日本仮想通貨交換業協会の自主規制規則に基づき、2019年7月16日よりお客様情報の追加登録を実施することを公表した。<ins></ins>個人のお客様:2019年7月16日〜2019年8月29日 法人のお客様:2019年7月下旬以降1. 国籍や職業などの属性情報2. 資産に関する情報3. お取引に関する情報 など参照元:<ins></ins>・・・・・
  • ステーキングサービス「Sanka Network」 by HashHub

     HashHubが運営するPoSの保有報酬を受け取る手続きをするためのプラットフォームです。Sanka Netowrkはユーザーの資産を預かることはせず、ユーザーは自身のウォレットで資産を管理しながら報酬を得られます。今後、コイン相場アプリ内にも各通貨のウォレットを実装、Sanka Networkへ簡単に使える、モバイルクライアントとなる予定です。cosmosvaloper1uyt0yuv7cz7ppwefl9ths336ln7ysvg2jlj76t tz1PYF2Fcqk7YjZGquNy8bFznhCLhyi9PpVzsanka
  • ビットポイント、ハッキングで資金流出

    日本経済新聞は本日(7月12日)の午後13時10分ごろ、仮想通貨取引所のビットポインがハッキングで資金が不正流出したと報道した。不正流出された金額は明らかにされていないが数十億円と推定されている。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止となっていた。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。<ins></ins>参照元:・・・・・・