SESSIA - 新世代ソーシャルネットワーク

SESSIAは、市場とソーシャルメディアを統合したモバイルアプリです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
KICKS
開始日時
2018-05-16
終了日時
2019-07-30
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
50,000,000 USD
トークン供給数
94,684,513
公式サイトへ Owner of SESSIA?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率75%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

現在起こっている暗号革命は、小売業と顧客のコラボレーション方法を変え、想定されているのと同じくらい簡単で単純なものにします。分散化、暗号通貨、およびスマートコントラクトは、効果的な広告および宣伝のための新しいソリューションです。ブロックチェーン技術のすべての利点を利用して、Sessiaは企業と顧客の間の新しいコミュニケーション方法を提示します。それを「ソーシャルマーケットプレイス」と呼びます - ブランドが友人やフォロワーとクライアントの購入を共有することによって効果的なプロモーションツールを単に開発し、適用することができるエコシステム。    私たちの使命は、マーケティング機関や企業と顧客の間のソーシャルネットワークなど、所在地や起源に関係なく、仲介者を排除することです。 Sessiaでは、ブランドは顧客と直接コミュニケーションを取り、購入したり世界中の暗号化キャッシュバックを介して他の人に商品を宣伝したりすることで報酬を得ることができます。そのようなアプローチは、広告のために第三者に支払うことなしに、企業がマーケティングの予算を本当に新しい顧客をもたらした人々の間で分配することを可能にします。    真のグローバルサービスになるために、私たちは“ KICK”トークンを発行します。 Kicksは、各国の規制システムに限定されることなく、世界中で最速かつ最も安いキャッシュバックソリューションを提供するように設計されています。KICKは単なる別の暗号通貨ではなく、ソーシャルマーケットのすべての参加者間の相互作用の本当のツールです。その結果、実体経済における暗号通貨の使用を大幅に増やすことができます。

チーム すべてを見る

Narek Sirakanyan
Narek Sirakanyan
THE FOUNDER AND PRESIDENT OF SESSIA
Denis Kapralov
Denis Kapralov
Executive Director
Vlad Serdyuk
Vlad Serdyuk
Project manager
Dmitriy Lastov
Dmitriy Lastov
Senior programmer
Alexandra Komissarova
Alexandra Komissarova
Voice of Sessia
Alexandr Sotnikov
Alexandr Sotnikov
Lead programmer

人気STO/ICO記事

  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

    近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常