Selfie GO - ARソーシャルネットワーク

Selfie GOは、ARテクノロジとそれ自身の暗号通貨を活用するブロックチェーン搭載のソーシャルネットワークです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SGO
開始日時
2018-08-10
終了日時
2018-11-08
最低目標
5,000,000 SGO
最高目標
50,000,000 SGO
初回価格
1 SGO = 1 USD
トークン供給数
100,000,000
公式サイトへ Owner of Selfie GO?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, USD
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Presale - 40%
  • Public sale 1 - 20%
  • Public sale 2 - 10%

概要

Selfieバトル

Selfieバトルは、今週のベストセルフィーのための楽しい競争です。 いいね」が多いほど、 Selfieタワーにあなたのポジションの方が高いです。タスクを受け入れ、お友達を集め、セルフィーを撮りながら、金を稼ぎましょう!

真の友達(ゲーミフィケーション機能)

拡張現実とジオロケーションを組み合わせ、全く新しいコミュニケーションの世界を生みだします。 誰でも簡単に新しい友達が見つかります。

暗号化環境

独自の内部広告ネットワーク、マーケットプレイス、トークン送信システムにより、中小企業も、簡単に製品を宣伝し売り上げアップ。

チーム すべてを見る

Andriy Semenyuk
Andriy Semenyuk
Founder
Bohdan Repekh
Bohdan Repekh
Executive Director
Stanislav Petrovskyi
Stanislav Petrovskyi
Chief Technical Officer
Dmytro Kustov
Dmytro Kustov
Chief Strategy Officer
Julia Morar
Julia Morar
Head of PR
Max Shash
Max Shash
Chief Marketing Officer

人気STO/ICO記事

  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[