Memority - ブロックチェーン上の超安全な暗号化データストレージ

Memorityは、ブロックチェーン上の貴重なデータを完全に分散された、非常に安全なストレージのためのプラットフォームであり、世界中の無関係の保存場所にデータの暗号化されたコピーをいくつか継続して提供します。Memorityはサードパーティ開発者向けのAPIを提供しています。 彼らは自分のアプリのためにその構造と分散されたストレージを使用することができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
EMT
開始日時
2018-05-16
終了日時
2018-10-01
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
85,500,000 USD
初回価格
1 EMT = 0.1 USD
トークン供給数
855,000,000
公式サイトへ Owner of Memority?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC, BCH, Fiat
供給率57%
KYC不明
参加不可地域No ICO
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Memorityの特徴

ファイルの暗号化

ファイルは所有者だけが持つ秘密鍵で暗号化されます。

分散ストレージ

このシステムは、独立したストレージに10個のファイルコピーの保存をサポートしています。

データ偽造からの保護

完全に分散された監視システムは、データの可用性と信頼性をチェックします。

すべての参加者の動機

ストレージの支払いは、ホスティング者、アプリ開発者の間で分散されます。

権限マイニングの証明

高価な設備を必要としないマイニング技術を使用します。

アプリケーション開発のためのAPI

サードパーティの開発者は、Memorityプラットフォームでデータストレージ用のアプリケーションを作成できます。

チーム すべてを見る

Ilya Ratovsky
Ilya Ratovsky
CEO
Stanislav Rubtsov
Stanislav Rubtsov
CTO
Alexander Pivtorak
Alexander Pivtorak
PR Manager
Vladimir Marchinskiy
Vladimir Marchinskiy
Head of Legal Department
Vitaliy Minyaylo
Vitaliy Minyaylo
Marketing Manager
Andrew Vityk
Andrew Vityk
Blockchain Developer

人気STO/ICO記事

  • CoincheckがIEOを事業を検討・・決済型のICOのみが対象

    累積188万人のユーザーを保有している国内最大級の仮想通貨取引所CoincheckがIEO事業を検討することを22日、公式ホームページを通じ発表した。IEOの対象となるプロジェクトはこれまで資金調達を行っていなかったプロジェクトで資金決済に関する法律の適用対象となるユーティリティ・トークンを用いた資金調達ICOのみに制限される。金融商品取引法の適用対象となるセキュリティ・トークンを活用した資金調達(収益分配型ICO/STO)は対象にならない。IEOとはInitial Exchange Offeringの略で、暗号資産を取引所を通じ公開(Initial)、販売・提供(Offering)し、資金調
  • 韓国のIT業界4名、不特定の人事担当者のPCに侵入しMoneroをマイニング・・懲役が下される

    韓国の現地メディアKBSによると、IT業界で働いていた4名が2017年10月から12月までの2か月にわたり、韓国企業の人事担当者のPCに侵入し、時価総額10位のモネロをマイニングした疑いで逮捕された。フリーランスプログラマー、ショッピングモールを運営している4名は、2017年9月、注目を浴びていた仮想通貨を利用し、情報通信技術の盲点を狙い犯行を行った。仮想通貨で金銭的な利益を得るには、マイニングをするか、取引で利益を得る2つの方法がある。彼らはこの中で、マイニングを選んだ。通常マイニングを事業化するには、数百台のパソコンを用意する必要があるが、彼らはインターネットに接続された不特定多数のPCに
  • Liquid取引所のメリットをすべて解説!銘柄、手数料などについて

    ✅ 【便利】流動性が高いため、注文が通りやすい!Liquidは世界中の注文を一つのオーダーブックに集約させて流動性が乏しい通貨ペアーも注文が通りやすいです。✅ 【信頼】運営資金が豊富で何かあっても安心2017年11月にICO(資金調達)を行い、112億円の調達に成功。その後にも莫大な資金調達に成功し、2019年4月3日には「ユニコーン企業」になったと公表されています。日本のスタートアップ企業では、"メリカリ"に次く2社目の「ユニコーン企業」で、とてもしっかりしている企業です。✅ 【安心】国内最高レベルのセキュリティー体制顧客資産をオンラインから切り離したコールドウォレットで100%管理しており