Memority - ブロックチェーン上の超安全な暗号化データストレージ

Memorityは、ブロックチェーン上の貴重なデータを完全に分散された、非常に安全なストレージのためのプラットフォームであり、世界中の無関係の保存場所にデータの暗号化されたコピーをいくつか継続して提供します。Memorityはサードパーティ開発者向けのAPIを提供しています。 彼らは自分のアプリのためにその構造と分散されたストレージを使用することができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
EMT
開始日時
2018-05-16
終了日時
2018-10-01
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
85,500,000 USD
初回価格
1 EMT = 0.1 USD
トークン供給数
855,000,000
公式サイトへ Owner of Memority?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC, BCH, Fiat
供給率57%
KYC不明
参加不可地域No ICO
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Memorityの特徴

ファイルの暗号化

ファイルは所有者だけが持つ秘密鍵で暗号化されます。

分散ストレージ

このシステムは、独立したストレージに10個のファイルコピーの保存をサポートしています。

データ偽造からの保護

完全に分散された監視システムは、データの可用性と信頼性をチェックします。

すべての参加者の動機

ストレージの支払いは、ホスティング者、アプリ開発者の間で分散されます。

権限マイニングの証明

高価な設備を必要としないマイニング技術を使用します。

アプリケーション開発のためのAPI

サードパーティの開発者は、Memorityプラットフォームでデータストレージ用のアプリケーションを作成できます。

チーム すべてを見る

Ilya Ratovsky
Ilya Ratovsky
CEO
Stanislav Rubtsov
Stanislav Rubtsov
CTO
Alexander Pivtorak
Alexander Pivtorak
PR Manager
Vladimir Marchinskiy
Vladimir Marchinskiy
Head of Legal Department
Vitaliy Minyaylo
Vitaliy Minyaylo
Marketing Manager
Andrew Vityk
Andrew Vityk
Blockchain Developer

人気STO/ICO記事

  • 北朝鮮、仮想通貨取引所などを35回攻撃し、最大2,140億円を違法に得た疑い

    朝日新聞は、本日(5日)国連安全保障理事会の専門家パネルの報告書を引用し「北朝鮮が2015年12月から今年の5月まで少なくとも17か国の金融機関と仮想通貨取引所を対象に35回にわたり、サイバー攻撃で最大20億ドル(約2,140億円)を違法に得ていた疑いがある」と報道した。同メディアは「北朝鮮がサイバー攻撃をしたと推定される国家にはインド、チリ、ナイジェリアなど多くの地域が含まれている」と述べ、大量破壊兵器(WMD)の開発資金を調達するため攻撃した」と分析した。報告書によると2017年以降、北朝鮮の仕業だと思われる15件の仮想通貨取引所攻撃があり、この中で10件は韓国の取引所を狙っていたと把握さ
  • 【8/6】世界ニュースまとめ - ORBSの共同設立者、契約違反で訴えられる、メキシコがフィンテック事業の規制を開始・・201社のスタートアップが廃業危機に

    海外の暗号資産メディアCoindeskがイスラエルの現地メディアGLOBESの報道を引用し、イスラエルのブロックチェーンプラットフォームORBS(時価総額131位)の関係者らがジョイントベンチャーとして設立した「Cointree Capital」の持分問題で事業パートナーElad Aradから「詐欺」の疑いで起訴されたと報道した。Elad AradはORBSの共同設立者UrielとDanielそしてHexa Solutions、Cointree Management Microverseなどを対象に訴訟を起こし、彼らを「詐欺、契約違反」などで被害を受けたと主張した。一方でORBS側は報道に対し
  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他