Memority - ブロックチェーン上の超安全な暗号化データストレージ

Memorityは、ブロックチェーン上の貴重なデータを完全に分散された、非常に安全なストレージのためのプラットフォームであり、世界中の無関係の保存場所にデータの暗号化されたコピーをいくつか継続して提供します。Memorityはサードパーティ開発者向けのAPIを提供しています。 彼らは自分のアプリのためにその構造と分散されたストレージを使用することができます。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
EMT
開始日時
2018-05-16
終了日時
2018-10-01
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
85,500,000 USD
初回価格
1 EMT = 0.1 USD
トークン供給数
855,000,000
公式サイトへ Owner of Memority?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC, BCH, Fiat
供給率57%
KYC不明
参加不可地域No ICO
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Memorityの特徴

ファイルの暗号化

ファイルは所有者だけが持つ秘密鍵で暗号化されます。

分散ストレージ

このシステムは、独立したストレージに10個のファイルコピーの保存をサポートしています。

データ偽造からの保護

完全に分散された監視システムは、データの可用性と信頼性をチェックします。

すべての参加者の動機

ストレージの支払いは、ホスティング者、アプリ開発者の間で分散されます。

権限マイニングの証明

高価な設備を必要としないマイニング技術を使用します。

アプリケーション開発のためのAPI

サードパーティの開発者は、Memorityプラットフォームでデータストレージ用のアプリケーションを作成できます。

チーム すべてを見る

Ilya Ratovsky
Ilya Ratovsky
CEO
Stanislav Rubtsov
Stanislav Rubtsov
CTO
Alexander Pivtorak
Alexander Pivtorak
PR Manager
Vladimir Marchinskiy
Vladimir Marchinskiy
Head of Legal Department
Vitaliy Minyaylo
Vitaliy Minyaylo
Marketing Manager
Andrew Vityk
Andrew Vityk
Blockchain Developer

人気ICO記事

  • CHAIN PLUS+が韓国でブロックチェーンサミットを開催

    ![](https://www.coinjinja.com//files/upload/blog/201811/chainus/3-min.jpg)人口5,000万人を抱える韓国は、ブロックチェーンと仮想通貨分野で世界で最も活発な市場の1つです。仮想通貨の全国的な盛り上がりから、さまざまな韓国のトップ企業はブロックチェーン市場を加速化させようとしています。韓国で最も人気のあるSNSを運営しているカカオトークグループがUpbitに投資し、カカオブロックチェーンラボを設立しました。日本でもよく知られているゲーム業界の大手Nexonは仮想通貨取引所をKorbitを買収しました。また、Samsungは
  • 韓国版でもAirDorpQが実現!「コイン相場」開発週報 Vol.23

    paypayの衝撃ヤバいっすね。私もビッグカメラ行きます!!さて先週はアプリの改良を続けました。ニュース機能はよりソート精度を上げているのでアップデートをお楽しみください。複数の詳細画面をウォッチリストに戻ることなく見れるようになります。操作が1つ減るだけですがこの小さな違いが大きな違いです!!仮想通貨の人気が日本より熱い韓国ユーザーからの要望に応えました。現在2週間ほどかけて韓国で複数のブロックチェーン企業を訪問しています。有意義な話がたくさんできました。詳細は乞うご期待!
  • BitcoinがもらえるポイントサイトであるTadacoin(タダコイン)が正式リリース

    OneBox株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:伊藤直樹)は、2018年12月13日に無料でBitcoinがもらえるポイントサイトであるTadacoin(タダコイン)を正式リリースしたことをお知らせします。()Tadacoin(タダコイン)は、2018年9月からBitcoinのFaucetサイト)としてβ版の提供をしておりました。 Faucetとは、「水道の蛇口」という意味から転じて、「蛇口をひねるように仮想通貨が出てくる」という意味で仮想通貨の世界では使われています。高水準の配布額で、ユーザー数は2ヶ月で2万人を超えました。2018年11月26日には、Tadacoin(タダコイン