cryptoworkplace - 暗号ストレージを内蔵したLinux搭載のマイクロPC

ハードウェア暗号ウォレットとは異なる機能性と保護レベルで異なる新しい市場製品を提供します。 これは、Linuxオペレーティングシステム、組み込みの暗号化ストレージ、およびスマートコントラクトを起動するためのロボットを搭載したマイクロコンピュータです。 システムは既存のセキュリティ問題をすべて防ぎます。 フィッシング - あらかじめ設定されたブラウザとアプリケーションを使用して、ユニークキーで署名されます。 手抜かり - 孤立した環境で働き、プログラムに署名することによって。 ハッカーの攻撃 - 組み込みの壊れない暗号ストレージを使用することによる。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
CWT-P
最低目標
2,400,000 USD
最高目標
47,400,000 USD
初回価格
0.2000 USD
トークン供給数
250,000,000
公式サイトへ Owner of cryptoworkplace?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, DASH, ETC, LTC, NEO, QTUM, STORJ, XMR, ZEC
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

CryptoWorkPlace - USBフラッシュドライブのサイズのパーソナルコンピュータをベースとした分散型システム。ハッカーの攻撃、悪意のあるプログラム、およびデータへの不正アクセスに対する前例のない保護を提供します。あなたのPCに接続する別のデバイスにキーを保管することで暗号通貨ウォレットを保護することを可能にする市場には現在いくつかの選択肢があります。そうは言っても、現在の技術開発の速度では、PCが最新のアンチウィルスを持っていても、それが侵入不可能であるということを完全に確信することは決してできません。ハッカーは、アンチウイルスが攻撃のための正しい「薬」を思いつくよりも速くシステムに侵入する新しい方法を思いつくことができます。やがて、暗号通貨ウォレットへのアクセスを失い、そしてお金を失う可能性があります。

CryptoWorkPlace(CWP)Micro-PCは安全なキーストレージではありません。オペレーティングシステムと自身のアプリケーションを持つ完全に独立したPCです。モニター、キーボード、そして外付けのコンピューターからのマウスだけが必要です。この外部コンピュータのセキュリティは、情報を視覚化するためにのみ使用されるため、無関係です。実際のプロセスはすべてCWP Micro-PCの安全な内部メモリで行われます。 CWPはPCであり、単なる暗号通貨のウォレットではないので、ユーザーに多くの便利な機能を提供します。多通貨のウォレット、一度にいくつかの異なる取引プラットフォームへのアクセス、チャットチャネル、そして生活をはるかに楽にすることができるその他のサービスなど、さまざまな便利なアプリを入手できます。これらの利用可能なサービスはすべて1つのホームページパネルで便利に組み合わせることができます。したがって、利用可能な豊富な機能の最前線に、すべての重要な情報を移動することができます。

チーム すべてを見る

Maxim Maslich
Maxim Maslich
CTO
Alexander Podelko
Alexander Podelko
Consulting Member of Technical Staff, Performance Engineering at Oracle, Ph.D., MBA
Sergey Sagalovitch
Sergey Sagalovitch
Principal Member of Technical Staff at AMD
Vasiliy Fedko
Vasiliy Fedko
Licensed auditor
Nikolay Fedorovskikh
Nikolay Fedorovskikh
Business Development Executive Tezzle Technology Transfer39 age
Yuriy Myshinsky
Yuriy Myshinsky
CEO CryptOcean37 age

人気STO/ICO記事

  • CoincheckがIEOを事業を検討・・決済型のICOのみが対象

    累積188万人のユーザーを保有している国内最大級の仮想通貨取引所CoincheckがIEO事業を検討することを22日、公式ホームページを通じ発表した。IEOの対象となるプロジェクトはこれまで資金調達を行っていなかったプロジェクトで資金決済に関する法律の適用対象となるユーティリティ・トークンを用いた資金調達ICOのみに制限される。金融商品取引法の適用対象となるセキュリティ・トークンを活用した資金調達(収益分配型ICO/STO)は対象にならない。IEOとはInitial Exchange Offeringの略で、暗号資産を取引所を通じ公開(Initial)、販売・提供(Offering)し、資金調
  • bitbank(ビットバンク)のおすすめ理由を解説!セキュリティーが堅牢で銘柄が豊富なbitbankで口座を開いてみよう

    ✅ 【お得】取引すればするほどおトク!メイカー取引はマイナス手数料新しい価格を指値で頻繁に取引を行うトレーダーには最適の取引所!なんと、メイカー取引の手数料が-0.02%で取引をすればするほどおトク!※メイカー(Maker)とは、板にない価格を作ることをいいます。✅ 【安心】セキュリティーが堅牢暗号資産取引所の分析企業CERによると、ビットバンクのセキュリティー体制は日本一、物理的な方法からの盗難や内部犯行の対策として秘密鍵が一つではなく、複数に分割された「マルチシグ」で管理✅ 【便利】アプリが使いやすく、UIが洗練されている24時間休まない仮想通貨市場では必ずスマホでの対応が必要な場合が多い
  • 韓国のIT業界4名、不特定の人事担当者のPCに侵入しMoneroをマイニング・・懲役が下される

    韓国の現地メディアKBSによると、IT業界で働いていた4名が2017年10月から12月までの2か月にわたり、韓国企業の人事担当者のPCに侵入し、時価総額10位のモネロをマイニングした疑いで逮捕された。フリーランスプログラマー、ショッピングモールを運営している4名は、2017年9月、注目を浴びていた仮想通貨を利用し、情報通信技術の盲点を狙い犯行を行った。仮想通貨で金銭的な利益を得るには、マイニングをするか、取引で利益を得る2つの方法がある。彼らはこの中で、マイニングを選んだ。通常マイニングを事業化するには、数百台のパソコンを用意する必要があるが、彼らはインターネットに接続された不特定多数のPCに