LocalCoin - 分散銀行および取引プラットフォーム(DEX)

LocalCoinは真の民主主義の分散型エコシステムで、誰もが自由に自分の望むことをし、自分が望むことを言うことができます。 LocalCoinは会社でも人でもなく、同じ自由主義的価値観と自由を共有する人々の共同体です。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
LLC
開始日時
2019-04-01
終了日時
2019-10-01
初回価格
0.5000 USD
トークン供給数
80,000,000
公式サイトへ Owner of LocalCoin?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームSeparate blockchain
タイプour own
参加可能通貨Others
供給率80%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

LocalCoinは、高性能でユーザーフレンドリーな分散型ブロックチェーンテクノロジのネットワークです。過去1年間で暗号通貨がかなり成長してきたため、持続可能性と収益性が保証されていると推測するのが妥当です。 LOCALCOINは、ブロックチェーン技術を採用したシンプルで安全かつ確実な資金調達および取引プラットフォームです。

LOCALCOIN、分散型暗号通貨市場の将来を形成することを目的とした分散型エコシステム。資金調達サイクルを最適化し、組織化された分散プラットフォームへのオープンアクセスを実現するために、LocalCoinは、愛好家、投資家、および起業家の間で契約メカニズムを提示します。

LocalCoinは非常に重要な時期に市場に登場します。私たちのビジョンは、世界をリードするビットコインおよびブロックチェーンテクノロジプロバイダになることです。インターネットが情報のためにしたのと同じように、コンセンサス技術が経済学に力を持っていると私たちは信じています。LocalCoinは、ブロックチェーンの革新を、インターネットを利用してサービスを提供するすべての業界に拡大しようとしています。銀行取引、証券取引所、宝くじ、投票、音楽、オークション、その他多くのサービスが、従来の集中型のカウンターパートにかかるコストのほんの一部で行われます。

ブロックチェーンの分散型プラットフォーム(DAO)をベースに、数回クリックするだけで、独自の暗号通貨交換ウェブサイトを運営できる、分散型の自律型組織を構築するためにこの市場に飛び込みました。

分散型ブロックチェーン技術の持続可能な開発により、LocalCoinは、ブロックチェーン資産の管理と流通に対して、より多くの新しいプロジェクトに対する重要なサポートを提供し、暗号通貨市場の生態学的地位の向上と促進に努めます。

チーム すべてを見る

Dmitry Khorushko
Dmitry Khorushko
Dev Team Leader
Alexey Sinkevitch
Alexey Sinkevitch
Art Director, Graphic, Web, UI/UX Designerr
Pavel Kryakvin
Pavel Kryakvin
Frontend developer
Igor Biliba
Igor Biliba
Backend developer
Yura Iov
Yura Iov
QA
Pavel Bokach
Pavel Bokach
Customer relationship manager

人気STO/ICO記事

  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ