LCX - 新しい金融世界へ向けたブロックチェーン銀行

LCX の目標は、従来の資産と暗号資産をシームレスに融合した、世界初の認可され監督下にあるブロックチェーン銀行の 1 つになることです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
LCX token
開始日時
2019-09-13
終了日時
2019-09-23
最低目標
1 USD
最高目標
6,000,000 USD
初回価格
0.0600 USD
トークン供給数
100,000,000
公式サイトへ Owner of LCX?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率不明
KYCKYC
参加不可地域China, North Korea, Japan
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Public Sale - 40% of Standard Value of Utility Token

概要

LCX は新たな銀行のカテゴリを生み出します:

  • 透明性と報告のための新しい基準を導入し安全
  • 顧客中心のクライアントエクスペリエンスを提供する技術主導型
  • 暗号資産に焦点を当てながらも従来の銀行サービスを完全に提供

LCX は 2019 年 6 月に LCX Terminal と呼ばれる暗号取引デスクを立ち上げました。 さらに LCX は LCX Banking と呼ばれるフィアットと暗号通貨のための取引銀行、暗号管理サービス LCX Vault、セキュリティトークンや他の暗号資産の交換所となる LCX Exchange、様々なトークン化証券である LCX Assets の立ち上げを予定しています。

LCX は、暗号市場と従来の金融市場の間で資産のシームレスな移動を可能にしたいと考えています。

技術主導型のブロックチェーン銀行となる LCX は、暗号通貨とトークン化資産の成長から生じる機会を最大限に活用するために、従来型市場と暗号市場の参加者双方を支援することに重点を置いています。

リヒテンシュタインのファドゥーツに本社を置く LCX は、2018 年 11 月に既にビジネス取引ライセンスを取得しています。現在リヒテンシュタイン金融市場局(FMA)にフルバンキングライセンスを申請しています。これにより、LCX は機関投資家および資格を持つプロの投資家に包括的な銀行サービスとライセンス付き暗号製品を提供できるようになります。

LCX ではグローバルな経済改革とファイナンシャル・インクルージョンを喚起するために、金融機関とプロの投資家に対しブロックチェーンが持つポテンシャルの理解を支援することにより、暗号商品の採用を促進します。

LCXは世界経済フォーラムの第4次産業革命センターの一員となり、中央銀行および金融業界やその他の既存企業のイニシアチブをサポートしています。さらに、LCX は BlockchainResearch Institute によってブロックチェーンパイオニアに指名されました。

チーム すべてを見る

Monty C. M. Metzger
Monty C. M. Metzger
FOUNDER & EXECUTIVE CHAIRMAN
Amanjot Malhotra
Amanjot Malhotra
DIRECTOR PRODUCT DEVELOPMENT
Anurag Verma
Anurag Verma
LEAD ENGINEER
Katarina Metzger
Katarina Metzger
MEMBER OF THE BOARD
Don Tapscott
Don Tapscott
ADVISOR AT LCX - THOUGHT LEADER
Jimmy Wales
Jimmy Wales
ADVISOR AT LCX - FOUNDER OF WIKIPEDIA

人気STO/ICO記事

  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常
  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である