Homelend - モーゲージクラウドファンディングプラットフォーム

Homelendは次世代の住宅購入者が不動産金融を可能にする分散型プラットフォームです。 Homelendは借り手、貸し手、および住宅ローンバリューチェーンに関与する他の当事者間の直接の相互作用のためのインターフェースを作成します。 これにより、分散型元帳技術(DLT)とスマートコントラクトによって提供されるセキュリティ、透明性、および自動化を備えたピアツーピアモデルを使用したモーゲージクラウドファンディングが可能になります。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
HMD
開始日時
2018-03-15
終了日時
2018-07-30
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
30,000,000 USD
初回価格
1 ETH = 1,600 HMD
トークン供給数
160,000,000
公式サイトへ Owner of Homelend?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, Fiat
供給率64%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

マニュアル、長時間から効率的へ

Homelendは定義済みのビジネスロジックをスマートコントラクトに組み込み、ドキュメントを電子化し、不必要なプロセスを排除することで、エンドツーエンドのオリジネーションプロセスを自動的に実行し、50日から20日未満に短縮します。   

あいまいから透明&ユーザーフレンドリーへ

Homelendは、スマートだけでなく、シンプルで公正な融資プロセスを作り出すことを目指しています。借り手は簡単に融資を申請し、いつでもアプリケーションのステータスを追跡し、住宅ローン貸し手と直接対話できるようになります。   

高価な仲介から費用対効果の高い&仲介者なしへ

DLTによって提供される不変性、安全性、透明性により、仲介者として働く銀行のないローンなどの取引を記録することが可能になります。これにより、借り手と貸し手の間の距離を最小限に抑えながら、両方の借り手と貸し手のコストが削減されます。   

脆弱性と信頼性ないから信頼性と安全性へ

伝統的な住宅ローン業界の特徴である不安定さと脆弱性の背後にある主要な要因は、集中化と紙ベースのプロセスです。 DLTとスマートコントラクトの独自の特徴により、Homelendは、人々が大量のお金を信頼できる透明で安全な方法で取引するためのプラットフォームを提供することができます。

チーム すべてを見る

Raghuram Bala
Raghuram Bala
Analytical Technology Executive
Yoram Uzan
Yoram Uzan
Entrepreneur
Danny Coddy
Danny Coddy
Appraisal
Ido Samuelson
Ido Samuelson
Blockchain Expert Advisor
Marc Kenigsberg
Marc Kenigsberg
Tokenomics and Data Management Advisor
Adina Haham
Adina Haham
Business Growth Advisor

人気STO/ICO記事

  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常
  • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

    近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )