INLOCK - 貸出プラットフォーム

INLOCKは保有している仮想通貨を担保としてローンを利用し、短期流動性の問題を管理することを可能にする貸付プラットフォームです。 信用取引は、両当事者間で直接確立されます。 INLOCKは、契約条件を記録するための仲介者としてのみ機能します。 これらの条件はスマートコントラクトで確立されており、当事者間のあらゆる信用契約は不変であり、操作が不可能である。 Inlock(ILK)は、融資契約を作成する際に使用されるイーサリアムベースのトークンです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ILK
開始日時
2018-09-15
終了日時
2018-10-12
最低目標
15,000,000 USD
最高目標
27,500,000 USD
初回価格
1 USD = 100 ILK
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of INLOCK?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, BCH, ETH, LTC
供給率75%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Sept 15 – Sept 21 - 17%
  • Sept 22 – Sept 28 - 12%
  • Sept 29 – Oct 5 - 9%
  • Oct 6 – Oct 12 - 2%

概要

私たちの目標は暗号市場の高いリスクを避けながら、仮想通貨の利益から恩恵を受けたい人に、仮想通貨を所有しているが有効に活用できなかった人々をつなぐことです。昨年、我々は両方のキャンプから数多くの要請を受けており、両者にお互いに有益な解決策を提供するプラットフォームを間もなくリリースすることを発表します。

INLOCKは、既存の暗号化通貨を担保として使用して、ローンを取り出すことにより、暗号所有者が短期流動性の問題を管理できる貸出プラットフォームです。担保を即座に法定通貨に交換することができるため、貸し手当事者に関わるリスクは、より高い金利を獲得しながら銀行預金とほぼ同じです。クレジット・トランザクションは両当事者間で直接的に確立され、仲介者としてのサービスは契約のパラメータが正式に記録されることを保証します。これらの条件は、当事者間のすべてのクレジット契約が反駁不可能であり、操作が不可能であることを保証するスマートコントラクトに含まれています。

借り手は、必要に応じて金額や期間について、当社のシステムで独自の条件を設定することができます。 さらに、為替変動のリスク・レベルはカスタマイズ可能です。 このプロセスは迅速かつシームレスであり、借り手は迅速かつ柔軟な転換性を提供する担保を提供するため、追加の信用評価は必要ありません。 私たちのプラットフォームは、機関が手の届かない新しい市場に参入することを可能にします。そうしなければ、追加のコストが貸し手として市場に参入することができませんでした。 融資プロセスには、従来の融資と同様のレベルのAML / KYC準拠が必要です。

チーム すべてを見る

Csaba Csabai
Csaba Csabai
Co-founder, CEO
Peter Gergő
Peter Gergő
Co-founder, CMO
Benedict Bánáthy
Benedict Bánáthy
CSO
György Cseh
György Cseh
COO
Peter Tamas Turcsan
Peter Tamas Turcsan
Strategist
Krisztian Dobo
Krisztian Dobo
UX & Frontend expert

人気STO/ICO記事

  • ふるさと納税でビットコインを無料でゲットしよう!

    ビットコインが欲しいけど、相場変動が激しく絶対に溶かしてしまう気がするから買うのはやめよう!という方に朗報です。Coinpoinを通じ、ふるさと納税を行うと商品を買うことでビットコインが無料で手に入ります!ふるさと納税とは、応援したい自治体に寄附(商品の購入)をすることで、所得税や住民税の還付・控除が受けられる制度のことです。多くの自治体では地域経済活性化のために、色々な商品を用意しています!ふるさと納税に関するより詳しい情報・寄附可能額を調べるには以下の順番でお進みください。「でビットコインを貯める」→「詳細内容確認」→「商品購入」この順番でアクセスし、商品を購入することで記録(ログ)が残
  • 中国のニュースで「バイナンスの上海事務所閉鎖」について集中報道・・支社ではなく外注チーム

    上海の代表的な地域放送「东方卫视」が25日、ニュース番組を通じ、バイナンスの上海事務所閉鎖に関する特集を報道した。報道で、リポーターが直接バイナンスの上海事務所として知られている場所を訪問した結果、事務所は閉鎖され社員が既に撤収した状態であることが確認できた。事務所の閉鎖は最近、当局の仮想通貨企業を対象にした取り締まりが原因と考えられる。しかし、同メディアは閉鎖されたバイナンスの上海事務所は支社ではなく、「外注チーム」で顧客応対担当や少数の開発者で構成されていたと伝えた。また、この事務所の人力を採用するプロセスでブロックチェーンメディア「BABI财经」という法人名が使われていたことも分かった。
  • 韓国大手取引所Upbitハッキング疑惑・・KISAが調査中

    韓国、最大級大手取引所Upbit(アップビット)で600億ウォン相当の大金が出金され、仮想通貨の入出金が一時中止された。Upbit(アップビット)は「サーバー点検による、仮想通貨入出金の一時中止」をアナウンスしている。27日、韓国の業界の情報筋よると午後2時16分Upbit(アップビット)のウォレットで約600億ウォンに達する仮想通貨が匿名の口座に出金され、仮想通貨の入出金が一時中止された。まず出金された仮想通貨はETH(イーサリアム)で560億ウォンが出金された後、1次点検がアナウンスされた。その後、ビットトレントトークン(BTT)40億ウォンが出金され2次点検がアナウンスされている。<in