Lendo - 皆のための即時現金ローン

Lendoはブロックチェーンベースのプラットフォームであり、規制された貸し手は、Lendoの高セキュリティCrypto Vaultに格納されているため、担保としての暗号資産でローンを提供することができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ELT
開始日時
2018-03-28
終了日時
2018-11-28
調達金額
150,000,000 ELT
初回価格
1 Lendo = 2 EUR
トークン供給数
1,200,000,000
公式サイトへ Owner of Lendo?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC223
参加可能通貨ETH, BTC, Fiat, EUR, DASH, LTC
供給率不明
KYCKYC & Whitelist
参加不可地域USA
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • PRE ICO: 30 MILLION TOKEN - €0.20
  • PHASE 2: 170 MILLION TOKEN - €0.40
  • PHASE 3: 150 MILLION TOKEN - €0.80
  • PHASE 4: 20 MILLION TOKEN - €1.00
  • FINAL PHASE : 10 MILLION TOKEN - €2.00

概要

最初のムーバーの優位性

市場の規模にもかかわらず、英国の貸出業界はブロックチェーン技術を採用するのが遅く、暗号通貨をローン担保として使用できる資産として認識していません。

迅速な融資プロセス

Lendoは、ローン申請時点からローンブックを終了するまで、または借り手による債務不履行の場合には回収救済を実行するまで、任意の「エンドツーエンド」スマート契約を使用して従来の貸出プロセスをスピードアップします。

FCA規制された貸し手

借り手と貸し手の両方が、この新しい形態の融資が安全で透明性があり信用できることを認識することが重要です。そのため、LendoネットワークはFCA承認貸出企業のみで構成されます。

Lendoがあなたをサポートします

Lendoはローンを作るためのブロックチェーン技術ソフトウェアのトレーニングを提供し、私たちの専門知識はあなたのビジネスに複数の価値をもたらします。

ローンの決定は簡単です

従来のクレジットスコアリングではなく、迅速に実現可能な資産価値に基づいているため、ローン決定をより迅速に行うことができます。

貸し手は追加利益を生む

貸し手は、担保として保有されている暗号資産がローン期間中に価値を高めたときに、利益を上げることになります。

貸し手はデフォルトから保護されています

従来の貸出では、債務不履行が生じた場合の資産の回収は、時間がかかりかつ費用のかかる法的手続きとなり得る。担保としての暗号資産を使用することで、貸し手は、自動化されたスマート契約システムによって支払われた資金をすばやく回収することができます。それ以上の法的手続きはありません!

市場シェアを拡大

Lendoは安全なLendo Vaultに保管されているため、借り手の居住国は重要ではありません。どの国にも自信を持って貸し出して、あなたが完全に支配していることを知ることができます。

チーム すべてを見る

David Honeyman
David Honeyman
CEO of LENDO
Mikael Olofsson
Mikael Olofsson
Board Director
Guido Granello
Guido Granello
COO
George McIntyre
George McIntyre
Chief Technical Officer
Mark Snowdon
Mark Snowdon
Director of Marketing
Paul Lowin
Paul Lowin
Business Development Director

人気STO/ICO記事

  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。