Viva Network - 家を買うより良い方法

Vivaは、世界に大規模な分散型モーゲージ・ファイナンスを導入する革新的な金融技術です。 Vivaのプラットフォームはスマートコントラクトを活用して住宅ローンを集め、分散型信頼の必要がないエコシステム内で借り手と投資家を直接つなぎます。 非常に安全なブロックチェーン取引を活用することにより、Vivaは中間者を削除し、すべての当事者にとってより収益性が高く効率的な貸出プロセスをもたらします。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
VIVA
開始日時
2018-04-01
終了日時
2018-08-14
最高目標
75,640 ETH
初回価格
1 ETH = 35,714 VIVA
トークン供給数
3,000,000,000
公式サイトへ Owner of Viva Network?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率75%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Early Contribution, Round 1 - 40%
  • Early Contribution, Round 2 - 35%
  • Early Contribution,Round 3 - 30%
  • Main Contribution, Round 1 - 25%
  • Main Contribution,  Round 2 - 15%
  • 9-1.9 ETH - 5%
  • 1.9-2.9 ETH - 10%
  • 2.9-7 ETH - 15%

概要

Vivaは、仲介者を排除し、プロセスを分散させることで、従来のモーゲージ貸付業界に革命を起こし、資金調達に根本的にアクセスしやすく透明なアプローチを適用することを目指しています。 Vivaの技術は、借り手の信用の利用可能性を高め、非機関投資家がモーゲージ投資に関連する一貫した資産担保リターンに参加することを初めて可能にすると考えています。

さらに、フリー・マーケットが、銀行とは対照的に、各モーゲージのリスクと関連価値を決定することにより、より公平な価格の住宅ローンを見込むことが期待されます。 Vivaプラットフォームは、先進国および発展途上国の人々に同様に活用されるため、世界は地理的富の平等に向けて大きなステップを踏み出すことができます。    Vivaの使命は住宅購入者と売り手が条件を設定できるようにすることで住宅ローン業界を混乱させることです。世界中のどの国のどの個人も、Vivaプラットフォーム上の分散型公開市場ネットワークを通じて、住宅ローンの信用融資にアクセスできます。    さらに、携帯電話だけでアクセス可能な投資と貯蓄のプラットフォームとしてのVivaの機能は、Vivaのすべてのユーザーが、信用金庫、貯蓄と投資口座、標準ブロックチェーンを使用した安全な取引サービスにアクセスできることを意味します。

チーム すべてを見る

Christian Fiddick
Christian Fiddick
Chief Architect
Nick Thomson
Nick Thomson
Chief Executive Officer
Benjamin Erichsen
Benjamin Erichsen
Chief Operating Officer
Paul Montero
Paul Montero
Chief Financial Officer
David Erichsen
David Erichsen
Chief Technical Officer
Tarek Waked
Tarek Waked
Chief Strategy Officer

人気STO/ICO記事

  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

    近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[