Vivaは、世界に大規模な分散型モーゲージ・ファイナンスを導入する革新的な金融技術です。 Vivaのプラットフォームはスマートコントラクトを活用して住宅ローンを集め、分散型信頼の必要がないエコシステム内で借り手と投資家を直接つなぎます。 非常に安全なブロックチェーン取引を活用することにより、Vivaは中間者を削除し、すべての当事者にとってより収益性が高く効率的な貸出プロセスをもたらします。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
VIVA
開始日時
2018-04-01
終了日時
2018-08-14
最高目標
75,640 ETH
初回価格
1 ETH = 35,714 VIVA
トークン供給数
3,000,000,000
公式サイトへ Owner of Viva Network?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率75%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Early Contribution, Round 1 - 40%
  • Early Contribution, Round 2 - 35%
  • Early Contribution,Round 3 - 30%
  • Main Contribution, Round 1 - 25%
  • Main Contribution,  Round 2 - 15%
  • 9-1.9 ETH - 5%
  • 1.9-2.9 ETH - 10%
  • 2.9-7 ETH - 15%

概要

Vivaは、仲介者を排除し、プロセスを分散させることで、従来のモーゲージ貸付業界に革命を起こし、資金調達に根本的にアクセスしやすく透明なアプローチを適用することを目指しています。 Vivaの技術は、借り手の信用の利用可能性を高め、非機関投資家がモーゲージ投資に関連する一貫した資産担保リターンに参加することを初めて可能にすると考えています。

さらに、フリー・マーケットが、銀行とは対照的に、各モーゲージのリスクと関連価値を決定することにより、より公平な価格の住宅ローンを見込むことが期待されます。 Vivaプラットフォームは、先進国および発展途上国の人々に同様に活用されるため、世界は地理的富の平等に向けて大きなステップを踏み出すことができます。    Vivaの使命は住宅購入者と売り手が条件を設定できるようにすることで住宅ローン業界を混乱させることです。世界中のどの国のどの個人も、Vivaプラットフォーム上の分散型公開市場ネットワークを通じて、住宅ローンの信用融資にアクセスできます。    さらに、携帯電話だけでアクセス可能な投資と貯蓄のプラットフォームとしてのVivaの機能は、Vivaのすべてのユーザーが、信用金庫、貯蓄と投資口座、標準ブロックチェーンを使用した安全な取引サービスにアクセスできることを意味します。

チーム すべてを見る

Christian Fiddick
Christian Fiddick
Chief Architect
Nick Thomson
Nick Thomson
Chief Executive Officer
Benjamin Erichsen
Benjamin Erichsen
Chief Operating Officer
Paul Montero
Paul Montero
Chief Financial Officer
David Erichsen
David Erichsen
Chief Technical Officer
Tarek Waked
Tarek Waked
Chief Strategy Officer

人気STO/ICO記事

  • 【7/10】世界ニュースまとめ2 - 税務当局、納税者の仮想通貨関連モニタリングを強化する方針、イギリスの大手銀行がLibraのコンソーシアムに参加検討

    9日(現地時間)Cointelegraphの報道によると、米税務当局(IRS)はアップル、マイクロソフト、グーグルなどの大手IT企業を通じ、納税者の仮想通関連アプリのダウンロード履歴を把握するとともに脱税防止のためFacebook,TwitterなどのSNSプラットフォームの投稿に対する調査を強化する予定だ。公認会計士で「Crypto Tax Girl」として知られている暗号資産税金専門家Laura Walter氏はツイッターを通じ、米税務当局のプレゼンテーション資料を公開し、該当資料が米税務当局の犯罪調査局の職人たちを対象にした発表で使用されたと主張した。入手された資料によると、米税務当局は
  • 【7/10】世界ニュースまとめ - シンガポール、仮想通貨決済の消費税免除草案を公開、イランの中央銀行関係者、仮想通貨の売買は違法

    シンガポールの内国歳入庁(IRAS)は、7月5日仮想通貨の税金制度に関する新しい草案を公開した。この草案には決済手段としての暗号資産に対し、デジタルペイメントトークンと呼ばれる新しい分類に振り分け、消費税を免除するとされている。現在、シンガポールでは暗号資産を使い商品を購入した場合「所得税+消費税7%」の商品サービス税が課せられている。今回公開された草案にはビットコインなどを対象にし、ステーブルコインは該当しないことから仮想通貨だけを活性化させる狙いを持っているのではないかと分析されている。参照元:参照元:<ins></ins>イラン中央銀行の新技術担当副総裁が地元ニュース「タスニムニュー
  • Coincheck、7月16日よりお客様情報の追加登録を実施 - 仮想通貨交換業協会の自主規制規則に基く措置

    暗号資産取引所、Coincheck社は7/9日、午後13時頃公式ブログ及びツイッターを通じ、一般社団法人日本仮想通貨交換業協会の自主規制規則に基づき、2019年7月16日よりお客様情報の追加登録を実施することを公表した。<ins></ins>個人のお客様:2019年7月16日〜2019年8月29日 法人のお客様:2019年7月下旬以降1. 国籍や職業などの属性情報2. 資産に関する情報3. お取引に関する情報 など参照元:<ins></ins>・・・・・