Vivaは、世界に大規模な分散型モーゲージ・ファイナンスを導入する革新的な金融技術です。 Vivaのプラットフォームはスマートコントラクトを活用して住宅ローンを集め、分散型信頼の必要がないエコシステム内で借り手と投資家を直接つなぎます。 非常に安全なブロックチェーン取引を活用することにより、Vivaは中間者を削除し、すべての当事者にとってより収益性が高く効率的な貸出プロセスをもたらします。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
VIVA
開始日時
2018-04-01
終了日時
2018-08-14
最高目標
75,640 ETH
初回価格
1 ETH = 35,714 VIVA
トークン供給数
3,000,000,000
公式サイトへ Owner of Viva Network?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率75%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Early Contribution, Round 1 - 40%
  • Early Contribution, Round 2 - 35%
  • Early Contribution,Round 3 - 30%
  • Main Contribution, Round 1 - 25%
  • Main Contribution,  Round 2 - 15%
  • 9-1.9 ETH - 5%
  • 1.9-2.9 ETH - 10%
  • 2.9-7 ETH - 15%

概要

Vivaは、仲介者を排除し、プロセスを分散させることで、従来のモーゲージ貸付業界に革命を起こし、資金調達に根本的にアクセスしやすく透明なアプローチを適用することを目指しています。 Vivaの技術は、借り手の信用の利用可能性を高め、非機関投資家がモーゲージ投資に関連する一貫した資産担保リターンに参加することを初めて可能にすると考えています。

さらに、フリー・マーケットが、銀行とは対照的に、各モーゲージのリスクと関連価値を決定することにより、より公平な価格の住宅ローンを見込むことが期待されます。 Vivaプラットフォームは、先進国および発展途上国の人々に同様に活用されるため、世界は地理的富の平等に向けて大きなステップを踏み出すことができます。    Vivaの使命は住宅購入者と売り手が条件を設定できるようにすることで住宅ローン業界を混乱させることです。世界中のどの国のどの個人も、Vivaプラットフォーム上の分散型公開市場ネットワークを通じて、住宅ローンの信用融資にアクセスできます。    さらに、携帯電話だけでアクセス可能な投資と貯蓄のプラットフォームとしてのVivaの機能は、Vivaのすべてのユーザーが、信用金庫、貯蓄と投資口座、標準ブロックチェーンを使用した安全な取引サービスにアクセスできることを意味します。

チーム すべてを見る

Christian Fiddick
Christian Fiddick
Chief Architect
Nick Thomson
Nick Thomson
Chief Executive Officer
Benjamin Erichsen
Benjamin Erichsen
Chief Operating Officer
Paul Montero
Paul Montero
Chief Financial Officer
David Erichsen
David Erichsen
Chief Technical Officer
Tarek Waked
Tarek Waked
Chief Strategy Officer

人気ICO記事

  • アンケートのご案内【謝礼贈呈】先着100名限定

    ※満員御礼につき企画を締め切りました。某国内企業様よりアンケートモニターのご案内です。仮想通貨投資の経験がある方が対象になります。興味がある方は本メール末尾のリンクよりアンケートにご参加ください。40問程度の仮想通貨投資関連の質問となります。ご回答いただく所要時間は10分程度です。アンケートに全問回答いただいた先着100名様には謝礼として500円相当のETHを贈呈させていただきます。先着順ですので、お早目のご回答をお願いいたします。下記の画像のように、先にコピーしてからアンケートに参加しましょう。アンケートのご回答から10営業日以内に送金させていただきます。 () ※満員御礼につき企画を締
  • ウィジェットが更に進化!「コイン相場」開発週報 Vol.22

    先週は細かい修正に注力しました。是非ダウンロードしてください!それと同時に新しいUI設計も進めております。同期の進行状況が分かるグラフを表示しました。値上がり時は緑字、値下がり時は赤字で価格が表示されるようになりました。これで価格の上下が一瞬で分かるようになります。韓国でもAirDropQを開催すべく対応作業中です。デザインチームが先週の金曜、新しい案を発表しました。こちらもご期待ください。
  • チャート画面から残高がチェックできる!「コイン相場」開発週報 Vol.21

    こんにちは。2週間ほどアフリカ行ってました。wifi繋がればアフリカから週報書こうと思ったのですがwifi環境くそ脆弱だったので諦めて別の者にお願いしてました。日本ってめっちゃ平和で住みやすいって痛感しました。最新版のリリースもしてバグが所々発生していますが目下修復作業中ですのでバグが直るまでご不便お掛けいたしますが今しばらくお待ちください。機種本体の言語設定を変えずにアプリの言語設定変えるだけでアプリ全体がその設定言語になります。今までは機種の言語設定が日本語でアプリの言語設定が英語だとニュース機能だけで英語ニュースで他の機能が日本語表示でした。チャート画面に「残高」を設置しました。これによ