Viva Network - 家を買うより良い方法

Vivaは、世界に大規模な分散型モーゲージ・ファイナンスを導入する革新的な金融技術です。 Vivaのプラットフォームはスマートコントラクトを活用して住宅ローンを集め、分散型信頼の必要がないエコシステム内で借り手と投資家を直接つなぎます。 非常に安全なブロックチェーン取引を活用することにより、Vivaは中間者を削除し、すべての当事者にとってより収益性が高く効率的な貸出プロセスをもたらします。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
VIVA
開始日時
2018-04-01
終了日時
2018-08-14
最高目標
75,640 ETH
初回価格
1 ETH = 35,714 VIVA
トークン供給数
3,000,000,000
公式サイトへ Owner of Viva Network?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率75%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Early Contribution, Round 1 - 40%
  • Early Contribution, Round 2 - 35%
  • Early Contribution,Round 3 - 30%
  • Main Contribution, Round 1 - 25%
  • Main Contribution,  Round 2 - 15%
  • 9-1.9 ETH - 5%
  • 1.9-2.9 ETH - 10%
  • 2.9-7 ETH - 15%

概要

Vivaは、仲介者を排除し、プロセスを分散させることで、従来のモーゲージ貸付業界に革命を起こし、資金調達に根本的にアクセスしやすく透明なアプローチを適用することを目指しています。 Vivaの技術は、借り手の信用の利用可能性を高め、非機関投資家がモーゲージ投資に関連する一貫した資産担保リターンに参加することを初めて可能にすると考えています。

さらに、フリー・マーケットが、銀行とは対照的に、各モーゲージのリスクと関連価値を決定することにより、より公平な価格の住宅ローンを見込むことが期待されます。 Vivaプラットフォームは、先進国および発展途上国の人々に同様に活用されるため、世界は地理的富の平等に向けて大きなステップを踏み出すことができます。    Vivaの使命は住宅購入者と売り手が条件を設定できるようにすることで住宅ローン業界を混乱させることです。世界中のどの国のどの個人も、Vivaプラットフォーム上の分散型公開市場ネットワークを通じて、住宅ローンの信用融資にアクセスできます。    さらに、携帯電話だけでアクセス可能な投資と貯蓄のプラットフォームとしてのVivaの機能は、Vivaのすべてのユーザーが、信用金庫、貯蓄と投資口座、標準ブロックチェーンを使用した安全な取引サービスにアクセスできることを意味します。

チーム すべてを見る

Christian Fiddick
Christian Fiddick
Chief Architect
Nick Thomson
Nick Thomson
Chief Executive Officer
Benjamin Erichsen
Benjamin Erichsen
Chief Operating Officer
Paul Montero
Paul Montero
Chief Financial Officer
David Erichsen
David Erichsen
Chief Technical Officer
Tarek Waked
Tarek Waked
Chief Strategy Officer

人気STO/ICO記事

  • bitbank(ビットバンク)のおすすめ理由を解説!セキュリティーが堅牢で銘柄が豊富なbitbankで口座を開いてみよう

    ✅ 【お得】取引すればするほどおトク!メイカー取引はマイナス手数料新しい価格を指値で頻繁に取引を行うトレーダーには最適の取引所!なんと、メイカー取引の手数料が-0.02%で取引をすればするほどおトク!※メイカー(Maker)とは、板にない価格を作ることをいいます。✅ 【安心】セキュリティーが堅牢暗号資産取引所の分析企業CERによると、ビットバンクのセキュリティー体制は日本一、物理的な方法からの盗難や内部犯行の対策として秘密鍵が一つではなく、複数に分割された「マルチシグ」で管理✅ 【便利】アプリが使いやすく、UIが洗練されている24時間休まない仮想通貨市場では必ずスマホでの対応が必要な場合が多い
  • CoincheckがIEOを事業を検討・・決済型のICOのみが対象

    累積188万人のユーザーを保有している国内最大級の仮想通貨取引所CoincheckがIEO事業を検討することを22日、公式ホームページを通じ発表した。IEOの対象となるプロジェクトはこれまで資金調達を行っていなかったプロジェクトで資金決済に関する法律の適用対象となるユーティリティ・トークンを用いた資金調達ICOのみに制限される。金融商品取引法の適用対象となるセキュリティ・トークンを活用した資金調達(収益分配型ICO/STO)は対象にならない。IEOとはInitial Exchange Offeringの略で、暗号資産を取引所を通じ公開(Initial)、販売・提供(Offering)し、資金調
  • 【簡単】あなたにぴったりの仮想通貨取引所を診断!取引所診断ツールをコイン相場がリリース

    早速試してみたい方はから仮想通貨取引所は、特にここ最近増えて来ました。どの取引所を使えばいいのか、手数料を比較するのも数が多すぎて大変ですよね。面倒だから、今使っている取引所ばっかり使っている人も多いと思いますが、条件等も変わっている中で、本当に自分の投資スタイルに合っているのか自信がありますか?Googleで検索して、色んな記事を読んで比較してもどこが自分にあっているのか、どこがいいのか、さっぱり分からない。。取引所関連の記事はいっぱいあるけれど、アフィリエイト報酬が高い順で並んでいるだけという事も多いですよね。判断に困る、比較するのが手間だという方々のために国内最大の仮想通貨アプリ、コイ