Viva Network - 家を買うより良い方法

Vivaは、世界に大規模な分散型モーゲージ・ファイナンスを導入する革新的な金融技術です。 Vivaのプラットフォームはスマートコントラクトを活用して住宅ローンを集め、分散型信頼の必要がないエコシステム内で借り手と投資家を直接つなぎます。 非常に安全なブロックチェーン取引を活用することにより、Vivaは中間者を削除し、すべての当事者にとってより収益性が高く効率的な貸出プロセスをもたらします。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
VIVA
開始日時
2018-04-01
終了日時
2018-08-14
最高目標
75,640 ETH
初回価格
1 ETH = 35,714 VIVA
トークン供給数
3,000,000,000
公式サイトへ Owner of Viva Network?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率75%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Early Contribution, Round 1 - 40%
  • Early Contribution, Round 2 - 35%
  • Early Contribution,Round 3 - 30%
  • Main Contribution, Round 1 - 25%
  • Main Contribution,  Round 2 - 15%
  • 9-1.9 ETH - 5%
  • 1.9-2.9 ETH - 10%
  • 2.9-7 ETH - 15%

概要

Vivaは、仲介者を排除し、プロセスを分散させることで、従来のモーゲージ貸付業界に革命を起こし、資金調達に根本的にアクセスしやすく透明なアプローチを適用することを目指しています。 Vivaの技術は、借り手の信用の利用可能性を高め、非機関投資家がモーゲージ投資に関連する一貫した資産担保リターンに参加することを初めて可能にすると考えています。

さらに、フリー・マーケットが、銀行とは対照的に、各モーゲージのリスクと関連価値を決定することにより、より公平な価格の住宅ローンを見込むことが期待されます。 Vivaプラットフォームは、先進国および発展途上国の人々に同様に活用されるため、世界は地理的富の平等に向けて大きなステップを踏み出すことができます。    Vivaの使命は住宅購入者と売り手が条件を設定できるようにすることで住宅ローン業界を混乱させることです。世界中のどの国のどの個人も、Vivaプラットフォーム上の分散型公開市場ネットワークを通じて、住宅ローンの信用融資にアクセスできます。    さらに、携帯電話だけでアクセス可能な投資と貯蓄のプラットフォームとしてのVivaの機能は、Vivaのすべてのユーザーが、信用金庫、貯蓄と投資口座、標準ブロックチェーンを使用した安全な取引サービスにアクセスできることを意味します。

チーム すべてを見る

Christian Fiddick
Christian Fiddick
Chief Architect
Nick Thomson
Nick Thomson
Chief Executive Officer
Benjamin Erichsen
Benjamin Erichsen
Chief Operating Officer
Paul Montero
Paul Montero
Chief Financial Officer
David Erichsen
David Erichsen
Chief Technical Officer
Tarek Waked
Tarek Waked
Chief Strategy Officer

人気STO/ICO記事

  • みずほ銀行のスマホ決済「Jコイン」、テスト用システムに不正アクセス発覚・・BTC要求か

    日本経済新聞の報道によると、みずほ銀行は9月4日、決済・送金サービス「J-Coin Pay」(Jコイン)の加盟店管理に関わるテスト用システムに不正アクセスがあったと発表した。27日に加盟店データが不正アクセスしたものにより、削除され代わりに仮想通貨のビットコイン(BTC)を要求する文言が残されていたとのこと。みずほ銀行は、加盟店の情報が流出した可能性があるが、ユーザー情報などに影響はないと説明した。<ins></ins> Jコインの加盟店である法人(7,930 件)、および法人代表者、窓口連絡担当者等の個人(10,539 件)の情報、ならびに J コインに参画いただいている一部金融機関名(32
  • Liquid取引所のメリットをすべて解説!銘柄、手数料などについて

    ✅ 【便利】流動性が高いため、注文が通りやすい!Liquidは世界中の注文を一つのオーダーブックに集約させて流動性が乏しい通貨ペアーも注文が通りやすいです。✅ 【信頼】運営資金が豊富で何かあっても安心2017年11月にICO(資金調達)を行い、112億円の調達に成功。その後にも莫大な資金調達に成功し、2019年4月3日には「ユニコーン企業」になったと公表されています。日本のスタートアップ企業では、"メリカリ"に次く2社目の「ユニコーン企業」で、とてもしっかりしている企業です。✅ 【安心】国内最高レベルのセキュリティー体制顧客資産をオンラインから切り離したコールドウォレットで100%管理しており
  • LINE、LINKの新しいホワイトペーパーを公開

    coindeskの報道によるとLINEは4日、ブロックチェーンプロジェクト「リンク(LINK)」の具体的なトークンエコノミーの方向を説明した新しいホワイトペーパーを公開した。ホワイトペーパーで注目すべきところはトークン発行に関する内容で、LINKトークンの発行数量は3年間最大1億枚に制限される。その後からは全体のネットワークの成長スピードに合わせてトークンが発行される予定だ。発行されたトークンはLINKチェーンネットワークに参加するdAppに配分されることになる。配分作業はLINKチェーンのトークン配分システムである「ルーカス(Lucas)」によって行われる。各dAppに配分されるトークンの数