Worldopoly - AR、AI、ブロックチェーンを結合する初のゲーム

Worldopolyは、魅力的な経済シミュレーションと戦略的なマルチプレイヤーゲームの中で、AR、地理、ブロックチェーン、人工知能を組み合わせた世界初のモバイルゲームです。 プレーヤーをブロックチェーンにしっかりと保存し、財産を作り、所有し、取引するプラットフォームを提供します。 革新的な新しいアプローチは、WPTを経済シミュレーションの基盤として使用することです。 これは、プレイするときにリアルマネーを得ることができるため、これまでに一度も見たことのないリアルなゲームとなっています。 ARによって、あなたの目の前で帝国が成長するのを実際に見ることができます。 つまりWorldopolyは、モバイルゲームの真の革命者であり、本当の人生のように簡単にアクセス可能です。 一番の強みは、すでにゲームエンジンと主要な機能の開発を完了していることです。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
WPT
開始日時
2018-04-24
終了日時
2018-07-09
最高目標
18,000,000 USD
初回価格
1WPT = $0,12
トークン供給数
150,000,000
公式サイトへ Owner of Worldopoly?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, Fiat
供給率75%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Private Presale: [26 February - 22 April] - 25%
  • Presale: [23 April - 6 May] - 20%
  • Presale: [7 May - 20 May] - 15%
  • Presale: [21 May - 4 June] - 10%
  • Main Sale: [06 June - 08 July] - 5%

概要

世界の都市をあなたの試合場にする

Worldopolyは、AR、AI、Geolocation、Blockchain-technologyを組み合わせた世界初のモバイルゲームです。プレイヤーは通りを購入したり、家を建てたり、物件をカスタマイズしたり、他のプレイヤーと交流することができます。さらに、強力な主流の魅力を持った魅力的なゲームプレイでBlockchainを実装することで、BlockchainとCryptocurrenciesについてリスクのない方法で学ぶ理想的な環境が提供されます。最善のこと:開発の4年後に、私たちは実用的なプロトタイプを持っているということです。

RTS + AR + AI +ジオロケーション=無限の可能性

プレイヤーは、最終的にはモバイルデバイスの画面の制限から解放されます。 Augmented Reality(AR)とGeolocationを使用することで、実際にゲーム内の進行状況を見て、他のプレイヤーと対話することが可能になります。専用AI(Artificial Intelligence)を導入することにより、大型オブジェクトの位置決めがこれまで以上に正確になります。

リアリズム

ゲームの世界の基盤としてGoogleマップを使用することで、プレーヤーは世界中の通りにアクセスできます。独自のcryptocurrency WPTと取引特性のプラットフォームの導入により、Worldopolyは複雑な経済シミュレーションにもなります。最後に、プレー中にリアルマネーを獲得することができます。

プレイヤーのインタラクション

プレイヤーは、一族を結成したり、ユニークなプロジェクトに資金を提供したり、他のプレイヤーを襲撃したり、物件を売買したり、ストリートや住宅、他のプレイヤーのアイテムを購入することができます。モバイルゲームでは、150以上の異なる機能がWorldopolyをユニークにしています。

追加メリット

ブロックチェーンのおかげで、ゲームの経済性は、あなたが実際のもののようなあなたの仮想成果を使用し、誰が何を所有しているかを透過的に監視しながら、セキュリティや透明性の問題に気を配らずに済みます。ゲームでWPTを取得することは、仮想実証の代替案として、現実世界のマイニングと比較することができます。

チーム すべてを見る

Jura Hölzel
Jura Hölzel
Chief Operating Director
Sergey Sergeenko
Sergey Sergeenko
Chief Technology Officer
Sebastian Schneider
Sebastian Schneider
Chief Executive Officer
Felix Weinstein
Felix Weinstein
Chief Operating Officer
Maria Chezganova
Maria Chezganova
Public Relations Officer
Charles Duyile
Charles Duyile
Partnership Director

人気ICO記事

  • 国産グルメSNS「シンクロライフ」(SynchroLife)がICO済のトークン報酬の導入を開始

    日々、「国産コイン」で動いているサービスって殆ど無いよね、というのが口癖になっているのは著者だけでは無いはずだ。動いているという意味では最も動いているサービスが、実はある。知らない方も多いと思うが、2017年9月に香港法人SynchroLife, LimitedでICOを行っていた、グルメSNS「シンクロライフ」(SynchroLife)に、本日からトークン報酬が導入された。導入されたシンクロコインは、レビューを書いた方に対して報酬として配布されていく予定だ。今後は、店舗決済自体に使え、ユーザーにも還元されるという仕組みになっている。昨年のICO以前からプロダクト自体は公開されており、ユーザー
  • アプリ大幅刷新!新ページ「ピックアップ」を解説

    こんにちは、編集部です。お気付きの方も多いと思いますが、アプリのデザインがめっちゃ変わりました。「ICO」タブを「ピックアップ」タブを変更しました。ICO情報や新機能リリースなどの情報もココでまとめてチェックできます。今まで「ポートフォリオ」タブにあった、、も「ピックアップ」タブに移しました。戸惑われた方多いと思われます。(ゴメンなさい)初心者向けの記事や動画を編集部チョイスで掲載します。AirDrop Qで獲得したトークンを送金する機能は現在全力で開発中です。もうしばらくお待ちくださいm(_ _)m
  • なんで幻冬舎が仮想通貨メディアを?:次のメディアの形を模索する『あたらしい経済』の設楽編集長に聞いてみた

    「あたらしい経済」は出版社である幻冬舎が立ち上げた、仮想通貨・ブロックチェーンに関するWebメディアだ。幻冬舎については、今や、カリスマ編集者・箕輪厚介氏や社長である見城徹氏の名前の方が有名になってしまったかもしれない。仮想通貨という文脈では、佐藤航陽『お金2.0』・落合陽一『日本再興戦略』を NewsPicksと共に出版していると言った方が分かりやすいかもしれない。この文脈を辿れば、幻冬舎が仮想通貨・ブロックチェーンメディアを立ち上げるのは不自然では無いかもしれない。ただ、誤解を恐れずに言えば「仮想通貨に関連するメディア業」は、個人のブロガーが最も利益を上げやすいジャンルであり、法人メディア