BetInReal - リアルギャンブル体験を感じる

BetinRealはブロックチェイン技術に基づいた世界初のAR / VRギャンブルソリューションです。 私たちは、賭博とソーシャルゲームを組み合わせて、プレイヤーに望むような卓越した経験を提供します。 いつでもどこでも。

ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
BetInReal
開始日時
2019-03-01
終了日時
2019-04-30
最低目標
2,000,000 USD
最高目標
9,600,000 USD
初回価格
0.2000 USD
トークン供給数
480,000,000
公式サイトへ Owner of BetInReal?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率53%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

BetInRealは画期的なプラットフォームであり、世界各地のプレーヤーに臨場感あふれるゲーム体験をもたらします。 我々はギャンブルとソーシャルゲームを独自の製品に結びつけ、プレイヤーがゲームやコレクティブアイテムの世界市場にアクセスできるようにしています。 マーケットプレイスは、ゲーム開発者、選手、および加盟店を、ソーシャルゲームによって賭博が行われる単一のエコシステムに結びつけます。 VR / AR技術は、意味のある相互作用や新しい社会体験を生み出す未開拓の機会であると考えています。

チーム すべてを見る

Andrius Ališauskas
Andrius Ališauskas
CEO
Peter Van Roosmalen
Peter Van Roosmalen
CHIEF PRODUCT DEVELOPER AND SOFTWARE ENGINEER
Monika Kriūnaitė
Monika Kriūnaitė
LEGAL COUNSEL
Alex Lambert
Alex Lambert
SENIOR CREATIVE
Algirdas Stonys
Algirdas Stonys
IT BUSINESS ADVISOR
Lukas Kairys
Lukas Kairys
BLOCKCHAIN ARCHITECT AND CRYPTOGRAPHIC ADVISOR

人気ICO記事

  • そうだ お年玉、配ろう。 「みんなのエアドロ」リリース!

    誰でも簡単にエアドロップできる「みんなのエアドロ」をリリースしました。コイン相場ウォレットが対応している通貨であれば簡単にエアドロップすることができます。なんてシーンで、使ってみてはいかがでしょうか。ピックアップ内の「Airdrop P」を選択(英語名はAirdrop Pなのでこんな表記になっています)配りたい通貨を選択し合計額、配布人数、メッセージを記入下さい。※配布人数の限度は1000人です。入力項目の確認をして下さい。エアドロップ用のウォレットにコインが送金されました。QRコードとリンクが自動生成されます。SNSやチャットでシェアしましょう!※24時間以内に受け取られなかった通貨は作成
  • 新機能「みんなのエアドロ」リリース!「コイン相場」開発週報 Vol.26

    開発アップデート「コイン相場」開発週報 Vol.26今日は平成最後のクリスマスですね!皆さん、昨日は素敵なイブを過ごすことができましたか?今年も残すところあと7日・・・あっという間にお正月ですね!ってことでCOINJINJA社も平成最後のお正月を盛り上げるべく新機能をリリースします!誰でもAirdropができるdApp「みんなのエアドロ」が完成しました。次回アップデートからピックアップ内に新dAppが出現します。お正月企画でお年玉をばらまいてくれる粋な方をお待ちしています!dApp SDKにれ、dAppがアプリのテーマに基づいて昼モードまたは夜間モードのインターフェースを表示できるように改善し
  • エンジニア勉強会を開催しました!「コイン相場」開発週報 Vol.25

    世の中はすっかり年末ムードですね!飲み会三昧で体調は崩していませんか??かくいうCOINJINJAはというと、今日はみんなで忘年会です!余談ですが中国語の「乾杯(カンペイ)」はグラスを空にするまで飲み干すという意味だそうです。(気をつけましょうw)説明会はホントに最初だけで、メインコンテンツは実際に動かしてみる所。弊社のCEO徐楽楽が、その場でコードを書いて、一応公開する所まで1時間弱でいきました。エンジニアの方からすると簡単に出来そうに見えたようですが、非エンジニアからすると簡単では。。最後には簡単なアイディアソンをやって締め括りとなりました。社内コミュニケーションへのトークン導入や飲み会で