Alive Casino - バーチャルリアリティ、ギャンブルの未来が始まる

AliveカジノはVR技術を統合する世界初の暗号カジノです。 従来のオンラインギャンブルの幅広いオプションに加えて、Aliveプレーヤーは、HDビデオとVRの両方でライブゲームを楽しむことができます。 まだVRヘッドセットを持っていないのですか? 心配しないでください!Aliveでゲットできるかも。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
AL
開始日時
2018-08-01
終了日時
2018-12-01
最低目標
10,000,000 USD
最高目標
30,000,000 USD
初回価格
1 AL = 0.09 USD
トークン供給数
250,000,000
公式サイトへ Owner of Alive Casino?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Alive Casinoの目標は、オンラインカジノの最高のものを物理的なものの魅力とインタラクティビティと統合した最先端のゲーム体験をプレイヤーに提供することです。 Aliveカジノにとって、ソーシャルエクスペリエンスは優先事項であり、ソーシャルネットワーキングの機能はすべてのレベルでカジノに組み込まれています。 ソーシャルインタラクション、新しい友達との出会い、ディーラー自身とのコミュニケーションの組み合わせは、ソーシャルエクスペリエンスを次のレベルに引き上げます。 実績のあるソーシャルメディア機能、実績のあるゲーム、最先端のVR技術の統合により、Aliveは優れたゲーム体験を提供します。

チーム すべてを見る

Pablo Gerboles
Pablo Gerboles
CEO & Founder
Remedios González
Remedios González
Co-Founder & Blockchain Programmer
José Hidalgo
José Hidalgo
CTO & Blockchain Programmer
Ignacio Bastos
Ignacio Bastos
CMO
Eric Dunn
Eric Dunn
COO & Social Media Influencer
Morgan Hill
Morgan Hill
CFO

人気STO/ICO記事

  • 【8/6】世界ニュースまとめ - ORBSの共同設立者、契約違反で訴えられる、メキシコがフィンテック事業の規制を開始・・201社のスタートアップが廃業危機に

    海外の暗号資産メディアCoindeskがイスラエルの現地メディアGLOBESの報道を引用し、イスラエルのブロックチェーンプラットフォームORBS(時価総額131位)の関係者らがジョイントベンチャーとして設立した「Cointree Capital」の持分問題で事業パートナーElad Aradから「詐欺」の疑いで起訴されたと報道した。Elad AradはORBSの共同設立者UrielとDanielそしてHexa Solutions、Cointree Management Microverseなどを対象に訴訟を起こし、彼らを「詐欺、契約違反」などで被害を受けたと主張した。一方でORBS側は報道に対し
  • BinanceのKYCが流出されたという情報が韓国を中心に拡散・・フィッシングサイトから収集された可能性も

    韓国の暗号資産メディアcoincredibleは、BinanceのKYC情報が流出された可能性があると7日報道した。同メディアによるとテレグラムのチャットルームを通じ、バイナンス取引所のKYCが流出されており、大きな問題になっている。チャットルームを作成したユーザーは7日の午前から数十名に達するKYC認証写真とパスポート情報を共有しており現在も共有を続けているとのこと。今まで、共有された情報は2018年2月21から24日までの情報が含まれていると同メディアは説明した。被害者の中には韓国人の被害者も多数いることが把握されている。しかし、Binance取引所の韓国管理者は共有されているデータはBi
  • 【8/3】世界ニュースまとめ - ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか、マネーグラム、決済システムxRapidを使い利益アップを狙う、ステーブルコインの用途は取引から決済に拡大されていく

    2日のコインテレグラフの報道によると、ビットポイント・ジャパンの小田社長が口頭でハッキング被害を受けた台湾のユーザーに賠償すると約束したという報道に対し、ビットポイント・ジャパン側は「賠償の約束は事実ではなく、海外交換所の流出詳細についてはまだ、調査中である」と否定していることが分かった。先日、ビットポイント台湾の郭雅寧(グオ・ヤーニン)CEOは小田社長がジャパン側のハッキング被害で発生した台湾のユーザーの被害に対して賠償することを口頭で約束したと明らかにしていた。7月12日、ビットポイン・ジャパンは約30億円のハッキング被害を受け、同じシステムを台湾側も被害が発生したと思われる。台湾側は、