Alive Casino - バーチャルリアリティ、ギャンブルの未来が始まる

AliveカジノはVR技術を統合する世界初の暗号カジノです。 従来のオンラインギャンブルの幅広いオプションに加えて、Aliveプレーヤーは、HDビデオとVRの両方でライブゲームを楽しむことができます。 まだVRヘッドセットを持っていないのですか? 心配しないでください!Aliveでゲットできるかも。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
AL
開始日時
2018-08-01
終了日時
2018-12-01
最低目標
10,000,000 USD
最高目標
30,000,000 USD
初回価格
1 AL = 0.09 USD
トークン供給数
250,000,000
公式サイトへ Owner of Alive Casino?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Alive Casinoの目標は、オンラインカジノの最高のものを物理的なものの魅力とインタラクティビティと統合した最先端のゲーム体験をプレイヤーに提供することです。 Aliveカジノにとって、ソーシャルエクスペリエンスは優先事項であり、ソーシャルネットワーキングの機能はすべてのレベルでカジノに組み込まれています。 ソーシャルインタラクション、新しい友達との出会い、ディーラー自身とのコミュニケーションの組み合わせは、ソーシャルエクスペリエンスを次のレベルに引き上げます。 実績のあるソーシャルメディア機能、実績のあるゲーム、最先端のVR技術の統合により、Aliveは優れたゲーム体験を提供します。

チーム すべてを見る

Pablo Gerboles
Pablo Gerboles
CEO & Founder
Remedios González
Remedios González
Co-Founder & Blockchain Programmer
José Hidalgo
José Hidalgo
CTO & Blockchain Programmer
Ignacio Bastos
Ignacio Bastos
CMO
Eric Dunn
Eric Dunn
COO & Social Media Influencer
Morgan Hill
Morgan Hill
CFO

人気STO/ICO記事

  • Coincheck(コインチェック)レバレッジ取引サービス終了へ

    マネックスグループの子会社である仮想通貨取引所「コインチェック」が本日の13時に公式ホームページをを通じ、2020年3月13日(金)12:00を持って、レバレッジ取引のサービスを終了すると発表した。レバレッジ取引でポジションを持っているユーザーは期日までにレバレッジアカウントにおける日本円残高を取引アカウントへお振替えしておく必要がある。取引終了日:2020年3月13日(金)12:00取引アカウントへの残高振替期限:2020年3月末現在、レバレッジ取引の新規注文を停止しております。レバレッジ取引の取引履歴については、引き続き閲覧可能です。予定は予告なく変更となる場合がございます。取引終了日(予
  • ふるさと納税でビットコインを無料でゲットしよう!

    ビットコインが欲しいけど、相場変動が激しく絶対に溶かしてしまう気がするから買うのはやめよう!という方に朗報です。Coinpoinを通じ、ふるさと納税を行うと商品を買うことでビットコインが無料で手に入ります!ふるさと納税とは、応援したい自治体に寄附(商品の購入)をすることで、所得税や住民税の還付・控除が受けられる制度のことです。多くの自治体では地域経済活性化のために、色々な商品を用意しています!ふるさと納税に関するより詳しい情報・寄附可能額を調べるには以下の順番でお進みください。「でビットコインを貯める」→「詳細内容確認」→「商品購入」この順番でアクセスし、商品を購入することで記録(ログ)が残
  • 株式投資型クラウドファンディングとは?

    株式投資型クラウドファンディングは、金融商品取引法の改正に伴って2015年5月から始まった新しい株式投資の手段です。実際には、2016年10月に初めて専用ライセンスが金融庁が発行され、が成立しているので、3年弱の運用期間になる比較的新たらしい金融商品になります。※いわゆる有価証券の取扱になるので、第一種金融商品取引業のライセンスが必要になります。これまで、ベンチャーキャピタルや一部のエンジェル投資家しか購入出来なかった未公開株をインターネット上で広く購入出来るようになる仕組みです。購入金額も数十万円からとなり、個人でも購入しやすい仕組みとなっています。非上場企業の株式ですので、該当企業が上場