Alive Casino - バーチャルリアリティ、ギャンブルの未来が始まる

AliveカジノはVR技術を統合する世界初の暗号カジノです。 従来のオンラインギャンブルの幅広いオプションに加えて、Aliveプレーヤーは、HDビデオとVRの両方でライブゲームを楽しむことができます。 まだVRヘッドセットを持っていないのですか? 心配しないでください!Aliveでゲットできるかも。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
AL
開始日時
2018-08-01
終了日時
2018-12-01
最低目標
10,000,000 USD
最高目標
30,000,000 USD
初回価格
1 AL = 0.09 USD
トークン供給数
250,000,000
公式サイトへ Owner of Alive Casino?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Alive Casinoの目標は、オンラインカジノの最高のものを物理的なものの魅力とインタラクティビティと統合した最先端のゲーム体験をプレイヤーに提供することです。 Aliveカジノにとって、ソーシャルエクスペリエンスは優先事項であり、ソーシャルネットワーキングの機能はすべてのレベルでカジノに組み込まれています。 ソーシャルインタラクション、新しい友達との出会い、ディーラー自身とのコミュニケーションの組み合わせは、ソーシャルエクスペリエンスを次のレベルに引き上げます。 実績のあるソーシャルメディア機能、実績のあるゲーム、最先端のVR技術の統合により、Aliveは優れたゲーム体験を提供します。

チーム すべてを見る

Pablo Gerboles
Pablo Gerboles
CEO & Founder
Remedios González
Remedios González
Co-Founder & Blockchain Programmer
José Hidalgo
José Hidalgo
CTO & Blockchain Programmer
Ignacio Bastos
Ignacio Bastos
CMO
Eric Dunn
Eric Dunn
COO & Social Media Influencer
Morgan Hill
Morgan Hill
CFO

人気STO/ICO記事

  • LTC、ダスティング攻撃・・被害を受けたウォレットは約30万個と推測

    暗号資産メディアCointelegraphはブロックチェーン・データ分析企業GlassnodeのTwitterを引用し、「先日(9日)、バイナンスが時価総額5位のライトコイン(LTC)、50個のウォレットを対象に『ダスティング攻撃』があった」と発表したが、実際に被害を受けたのは29万4582アドレスであると報道した。<blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ko"><p lang="en" dir="ltr">The recent  dusting attack on  affected 294,582 addresses. During o
  • 【DMM Bitcoinとは】キャンペーン中に口座開設して1000円GETしよう!

    「ビットコイン」を含め、7種類もの仮想通貨取引が可能!14通貨ペアのレバレッジ取引が可能です!取引に必要な機能が集約されているのは勿論、レイアウトもオリジナル仕様にカスタムすることができます。何より、チャート機能の充実がトレーダー上級者に選ばれる所以でしょう。仮想通貨取引所では珍しい両建てでの取引が可能。レバレッジ取引では取扱いアルトコインの空売りが可能なことに加え、8つの注文方式を提供しています。[[DMMビットコインはアルトコインのレバレッジ取引に対応しています。ビットコインを含めた7種類の通貨(ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、ETC)に対応していますのは大きな魅力と言える
  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他